人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

銀行の処理方法について。

今日、銀行に行って ぼけっと順番を待っていて気づいたのですが

窓口のお姉さんAが、お客さんから受け付けた依頼を
1つ後ろの列のお姉さんBに渡しています。
後ろのお姉さんBは、処理が終わると、窓口のお姉さんAに返しています。

よく見ると、さらに後ろの列もあり、合計3列になっているように見えます。
もしかして、後ろのお姉さんBは、さらに最後列のお姉さんCに渡す状況があるという事でしょうか?

このような銀行の窓口から向こうのエリアの布陣について、
一般的にわかる範囲で教えて下さい。


●質問者: suzume_oyado
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:にわか エリア 銀行
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sinb
●60ポイント

http://www.fin-bt.co.jp/comment73.htm

窓口を1線、その後ろを2線と言います。


第三次オンラインの時代に入った時、多くの銀行店舗の体制は一線完結となりました。窓口テラーが取引伝票を受付、確認、入力、処理し、役席の検認(オンライン操作)の後に現金出納を行なうのです。それ以前は、テラー、後方、役席が分業して行なっていました。その理由は作業を分散することでチェックアンドバランスを図ることと、端末機が単機能型であったことです。


今は一線完結になりつつあるようです。

テラー(窓口)は現金の受け渡し。

後ろは端末操作で口座からの入出金をする、その後ろの役席がチェックしてOKを出す。ような感じでしょうか。

ちなみにATMはオート、テラー、マシンの略です。

◎質問者からの返答

おおぉ。なるほど…。ありがとうございました!!

ATMの語源も、おもしろかったです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ