人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ビルの地下一室が余っています。
ライブハウスに活用したいのですが、ビル全体を改築するまでの金銭的余裕はありません。
既存の空間をライブハウス仕様に、防音や音振動を防ぐための専門的な手法を教えてください。

●質問者: かおるこ
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:ビル ライブハウス 仕様 既存 空間
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● tkyktkyk
●50ポイント ベストアンサー

まず、手法、というか流れを追いましょう。

防音工事の流れ | 防音工事・騒音対策のすべて

その上で、下記サイトでも説明があるように

ライブハウスに求められる音響条件

1.外へ漏れる音、振動が問題にならないこと

2.外部からの騒音や設備騒音が少なく静かであること

3.室内が響きすぎたり音質を悪くする反射音が無いこと

4.音響システムの性能が良いこと

が必須条件であることを踏まえてください。

環境スペース - 音響・防音工事 for your Business


費用が嵩むから、金銭的余裕がないから、と個別に好い加減な工事を

やってしまうと、大変なことになります。

ライブハウスを作る場合に最も重要なことは外部施設に迷惑をかけず良い音楽を良い音で楽しむ、ということです。これは簡単なように感じますが、多くの観客が音楽に合わせてジャンプする振動が何百mも離れた場所に伝わり、社会問題になったというケースもあります。


これはすべて、防音の専門家に相談せずに設計・建築された結果なのです。苦情による開業後の改修では、コストがかかるだけではなく十分な対策ができない場合もあります。 また、工事期間中は営業もできなくなり大損害となります。

ライブハウス | 防音工事・騒音対策のすべて


こちらのサイトに一番適した概算見積もりがありました。

参考にしてみてください。

防音工事・スタジオ・ライブハウス設計|リンキィディンクテック

●ライヴハウス お見積り(約30坪・ステージ+客席+ドリンクバー+PAブースの場合)

http://www.rinky.info/pc/live.html]


兎にも角にも、一度、近隣の音響工事を専門にやっているところ複数社に

サーベイ&見積を取られることが大事と思われます。

何も超一流・有名店に頼むことはありませんが、アイミツを取って比較するのは重要なことです。

例えば、三流会社では気付くことのなかったポイントを指摘したり、

一流会社では100万かかるところがそうでないところでは50万でできるかもしれません。


私はアマ以下の趣味レベルで弾く側ですが、余りに酷い設備のところだと

入ってから非常にげんなりすることがあります。

音に厳しいプロやセミプロにしてみれば余計に感じるでしょう。

そうすると、必然的にイベント数があがらず、客足も遠のきますので、収入も見込めません。

結果、ライヴハウスを閉じることになってしまいます。


厳しい口調になったかもしれませんが、ライヴハウスが増えることは大賛成です。

ただただ、熟慮の上で行っていただくようお願いいたします。


■その他参考:

ライブハウス|日東紡音響エンジニアリング株式会社

これからライブハウスを造ろうという人は「イニシャルコストを抑えたい ⇔ 防音工事にお金がかかる」という高いハードルを乗り越えなければなりません。しかし、中途半端な防音・防振工事を行ったために出来上がったライブハウスの遮音性能が足りず、回りからクレームが来て営業できなくなったという話もよく聞きます。初期の設計段階(配置計画、導線計画など)から、運用方法までをイメージしながら計画を進めていくことが、結果的には経済設計につながります。

防音工事のヤスダコーポレーション


2 ● felix33jp
●20ポイント

防音

http://www2u.biglobe.ne.jp/~chicyu/enter/p14.html

http://www.vankraft.co.jp/basement/020-09_basement.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ