人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

30歳、3流私大卒の男性です。
今まで個人向け営業の経験しかないのですが、これからマーケティング、コンサルの分野にキャリアチェンジできないかと考えています。
これは現実的に可能でしょうか?
可能だとしたらどのような方法があるでしょうか?

分析力、論理能力には日常レベルでは非常に自信があります。
一方OAスキルは乏しく、現時点ではプレゼン資料もまともに作れないと思います。
他に回答に必要な情報があれば、コメント欄に書いてくださればできる限りお答えします。
宜しくお願いします。

●質問者: istanbuling
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:OA キャリア コメント欄 コンサル スキル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● adlib
●16ポイント

パートナーを探せ! ? 苦手なことは任せればよい ?

>可能だとしたら<

マネージャーのような役割をしてくれる相方にめぐりあうことです。

爆笑問題の田中裕二や、小泉首相の飯島秘書官のような相方です。

ビート・たけしが偉そうにできたのは、東国原英夫のような弟子が、

いたからです。そのまんま子分をつづけていても、親分の葬儀委員長を

つとめるのが関の山だったでしょう。

石原慎太郎が偉そうにできたのは、弟の人気に便乗していたからです。

もし彼が、裕次郎の兄でなく弟だったら、陣笠議員が精一杯です。

いまごろ猪瀬直樹を副知事にしても、そのうち仲たがいするでしょう。

もちろん、プレスリーに対するパーカー大佐のように、ギャラの50%

を折半するケースもあります。

http://electronic-journal.seesaa.net/article/64808184.html

つぎに、注意すべきことは「3流私大卒」という自己紹介です。

卑下したつもりで誰彼なしにいっていると、大切な得意先の縁戚に

先輩同輩後輩がいるかもしれないので、二度と口にしないように。

>スキルは乏しく、現時点ではプレゼン資料もまともに作れない<

橋下 徹 大阪府知事の“朝礼騒動”から、お手本にしたい例↓です。

史上最年少(39)郵政大臣に就任した田中角栄の、初登庁あいさつ。

── 「諸君たちはみな優秀だ。やりたいようにやればいい。大臣室の

ドアーは常にオープンだ。万一の場合は私が全責任をとる」(Feature)

http://www.lares.dti.ne.jp/~ymksan/feature_17.html

パートナーに敬意をもって、病めるときも富めるときも、運命を共有

できるようなキャラクターこそ、いかなるスキルにもまさるのです。

(PS)わたしは上記誰かの信奉者や、アンチ・ファンでもありません。

◎質問者からの返答

仕事の分担という観点からはまったく正しいと思いますが、

この質問はどうやってその職業につくか、という事ですので・・・。

人事もできない人間は雇わないと思います。


2 ● mnby
●16ポイント

一つはMBAを取得して学歴にはくをつけて、転職活動することです。

コンサル業界はある程度学歴がモノをいう世界です。

そこまでの余裕がないのであれば、小さいコンサル会社に入って少しずつキャリアアップしていく方法もあるでしょう。

◎質問者からの返答

小さいコンサル会社なら入れますか?


3 ● renear
●16ポイント

私も個人営業(新聞)からコンサルにキャリア

チェンジしました。

分析能力と論理能力が何について得意かを

今されている仕事をしながら磨いて、

「自分ブランド」を作る方法があります。

分析能力と論理能力に自信があるだけでは

ただの評論家と間違われる可能性があるので

〇〇についての分析については誰にも負けない

という資料やアピール方法を持った方がよいでしょう。

自分が勝負する分野ですので、OAが苦手でも

おのずと「作り上げたい」「伝えたい」という

気持ちが出てくるため、克服できます。


そして、本題ですが、

その自分で作り上げたブランドやアピール方法を

自分のため、そう、『独立』するために使うという

方法が一番目のキャリアチェンジです。

二番目は今のお仕事を続けながら自分ブランドを

副業していくという方法。

そして、最後に

他の会社に自分で作り上げたブランドを企画書

や趣意書としてまとめ、遣ってもらうという方法

があるかと思われます。


尚、繰り返しになりますが、分析や論理能力が

あるからという理由だけでは転職は難しいです。

「自分の分析や論理能力を使うと御社においては

〇〇な実績(もしくは売上)が見込めます。」

とアピールできてようやく転職の道が開けて

くるのかもしれませんね。

◎質問者からの返答

>自分が勝負する分野ですので、OAが苦手でもおのずと「作り上げたい」「伝えたい」という気持ちが出てくるため、克服できる

>「自分の分析や論理能力を使うと御社においては

〇〇な実績(もしくは売上)が見込めます。」

とアピールできてようやく転職の道が開けてくる

参考になりました。

ありがとうございます。

しかし実績がないのにどうやってリアリティを持ってアピールするのか、という疑問が残りました。


4 ● ken33jp
●16ポイント

英語がある程度できれば、外資系のコンサルにもぐりこめます。

◎質問者からの返答

easy life


5 ● tera-p
●16ポイント

何の分野のコンサルをやりたい,もしくはやれるようになりたいのでしょうか.

大前提として,コンサルタントには,専門家としての知見が求められます.専門家としての知見を活かして顧客が抱える課題を抽出・分析し,顧客に理解しやすいように解決方法を提示する,というのが仕事の内容になりますので,まずは専門家としての信頼が得られないとコンサルティングは受注できません(まあ,そんなことはお構いなしに占い師か何かと勘違いしてコンサルにすがる人もいたりしますし,社内で課題抽出も分析も解決策の立案もできているけど幹部が内部の意見はまともに聞き入れてくれないからコンサルという外圧を利用して業務改革を図る,といった捩れたことになっている場合もあったりしますが).

ですので,雇う側(コンサル会社)も専門家としての知見を期待します.新卒なら,潜在能力だけで採用して社内教育で専門家に仕立て上げるという目論見で採用したりしますが,中途の場合は「分析力を買ってください」と言っても厳しいと思います.何か専門性をアピールする資格や学歴を取得して書類審査を通過し,さらに採用面接で「専門性」「分析力」を「わかりやすく」プレゼンする,ということができるようにならないと,まともなコンサルティング会社には採用してもらえないと思います(実務経験をアピールできないのはかなりのビハインドだと思います).

mnby さんがおっしゃるように MBA でもとって箔がつけられれば良いのでしょうが,(能力は十分にあったとして)金銭的負担はかなりのものですし,MBA にも以前のような神通力はないので費用対効果が必ずしも高くないかもしれません.

たとえば,経営コンサルを目指すなら,まずは中小企業診断士試験(まずは一次だけでも)の合格を目指してみるのが王道かな,と思います.

◎質問者からの返答

>中小企業診断士試験

これもMBAと同じく、(笑)つきで語られるご時世のような。

あえていえばまともなコンサル会社でなくともいいのです。

それこそ外圧として利用されるようなコンサルでも。

抱えているビハインドが大きい分、ステップを踏みたいと思います。

問題はどこに1段目の階段があるのか、皆目分からないという事なんです。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ