人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

恋愛映画でよくある(と言われる)「同じ本(商品)に伸ばした手が触れ合う」というベタな出会いシチュエーションが実際に観れる作品を探しています。現在のところ自力で判明しているのは『セレンディピティ』のみです。これ以外でご存知の方、いらっしゃいましたら教えてください。ただし、洋画のみとさせていただきます。

●質問者: yamada100
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:いただきます シチュエーション セレンディピティ ベタ 恋愛
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● felix33jp
●35ポイント

トーゴ-マン 恋愛ではないけど

◎質問者からの返答

すみません。ご指摘の映画が見つかりません。


2 ● BAZZ
●35ポイント

キリングミーソフトリー : 信号機のボタンを押す手が触れたシーンだったような気がします。ここに答えはありませんでしたが、一応関連リンクです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012694...

運命の女 : 本と言う意味では近いのだが、手が触れ合うのではなくぶつかってしまいます。ちょっと雰囲気がちがいますが、その後も本は印象的なアイテムになる映画です。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=239304

本屋ということで、メグライアン の ユーガッタメールも関連がありそうかと思ったが、これは、ちょっと違うかも。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。「キリングミー?」「運命の女」ともに未見です。

ぶつかるのもアリです!ただ、こちらはあまりに有名な「ノッティングヒル」が既にあるのものでそれ以外ならば。

「ユー・ガット・メール」はトム・ハンクスがメグ・ライアンの勤める店に行く、というものだったと記憶してます。のでやや違うかもという印象です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ