人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【エジプトピラミッド】
wikipedhiaの「ピラミッドパワー」という項目の下の方に、『学者の見解』という欄があり、
吉村作治教授の見解が書かれていますが、これのソース(出典)を教えて下さい。

wikipedhiaでも「要出典」となっているので難しいのかもしれませんが、誰かが勝手に書いただけでない限り、どこかでこういう発言をされているのでしょう。

これはURL必須にはしていません。ご自身がご存知の情報などでもいいので教えて下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC
(wikipedhia「ピラミッドパワー」)

●質問者: ryota11
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:URL エジプト ソース ピラミッド 勝手
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● chinjuh
●100ポイント

http://www.ntv.co.jp/FERC/research/19991121/f1516.html

たぶんウィキペディアに書いてる人のソースはこれです。

200Xで見たのでしょう。

その番組が何をソースにしているかは、ちょっとわかりませんが、

まったくのデタラメというわけではないと思います。

◎質問者からの返答

おぉ、ホントだ。

ありがとうございます!


2 ● chinjuh
●100ポイント

連投でごめんなさい。

それっぽい本をみつけました。

http://www.intweb.co.jp/egypt/egypt01.htm

だがこれらは、感覚的なものばかりで科学的にはまったく根拠をもっていないそうだ。

ただ、大ピラミッドを造っている石灰岩という石材は、遠赤外線を出すことがしられており、また、王の間と呼ばれる部屋の石材は花崗岩で磁力を持つ物質がふくまれている。また、大槻義彦教授は、推定600万トンという重量のものが5000年近くも同じところに建っていればその接触面には電気エネルギーが発生しそれが中心軸に沿って上昇しながらピラミッド全体に滞留することが考えられ、それがピラミッドパワーの元ではないかといっている。(「1超古代ピラミッドとスフィンクス」平凡社より)

超古代 ピラミッドとスフィンクス (吉村作治の文明探検)

超古代 ピラミッドとスフィンクス (吉村作治の文明探検)

  • 作者: 吉村 作治
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • メディア: 単行本

◎質問者からの返答

いくらでも連投してください。


なるほどなるほど、大槻教授まで出てきましたな。

この本は読んでみようと思います。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ