人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

就職活動についての質問です。2つあります。
○採用実績校とは、内定を出したことのある学校という意味でしょうか。
それとも、入社した社員の実績でしょうか。
○内定を出しても蹴られる場合もあるので、採用予定数より多めに内定を出すかと思いますが、採用予定数の何倍くらい内定を出すのでしょうか。

●質問者: Gakuen
●カテゴリ:就職・転職
✍キーワード:内定 学校 就職活動 採用 社員
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●27ポイント ベストアンサー

「採用」と「内定」という用語は、ほとんど同じ意味で使われています。採用された時点では卒業していない場合も多く、内定と状況は変わらないからです。このため、「採用内定書」という通知書を出す企業もありますね。

新人は、「雇用契約書」の締結をもって、初めて新入社員となります。

したがって、「採用実績校」が内定の実績なのか雇用の実績なのか、企業によって定義が分かれています。


また、「採用予定数の何倍くらい内定を出すのでしょうか」という質問も、厳密には「雇用計画対比でどのくらいの内定者を出すのか」という意味になると思うのですが、これは業界・企業によってまったく違います。どの企業も、

いままでの内定・雇用比率を見ながら、雇用計画に沿った内定者を出しているはずですが、これは企業経営の中で機密性の高い情報ですので、まず知ることはできないと考えてください。(もしそのような情報が入手できたとしても、それは誘導情報か、まったくのガセネタでしょう)

◎質問者からの返答

やっぱり企業によって違うのですね。

詳しくありがとうございます。


2 ● ken33jp
●27ポイント

>○採用実績校とは、内定を出したことのある学校という意味でしょうか。

>それとも、入社した社員の実績でしょうか。

まともな会社の場合は、実際に入社した社員の実績です。

>○内定を出しても蹴られる場合もあるので、採用予定数より多めに内定を出すかと思いますが、

>採用予定数の何倍くらい内定を出すのでしょうか。

同時期に一度に内定を出す必要はないので、徐々に内定をだして、調整します。

内定時に、承諾書のようなものを書かされると思うのですが、

これを書いてもらった学生は、会社に来るものだとして判断します。

最終的には、定員の1.2倍とかだと思います。

実際問題としては、内定の承諾書にサインしても、法的には絶対にその会社に

行かないと駄目だというほどの拘束力は持ちません。

◎質問者からの返答

ほぉほぉ、1.2倍ですか。けっこう少ないんですね。でも、これは内定承諾書を出した人の数が1.2倍ってことですかね。

ありがとうございます。


3 ● felix33jp
●26ポイント

入社した社員の数です。

内定についてはかなり業界によって違うようです。比較的早くぽんぽこだして囲い込みにかかる場合と、競争が激しく、採用人数がすくないところは10月ころになってやっと出します。内定というのは相手との間合い、関係の熟し方から出てくるので、同時にたくさん集めるとか、入試とは違うと思います。重なるとしてせいぜい2、3個でしょう。

◎質問者からの返答

10月ですか!

それは就職活動する身としてはキツいですね。

いろんな企業があるのですね。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ