人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

この数理SFがすごい!!inはてな


その作品の魅力と入手方法なんかも書いてもらえればありがたいです。同意見があれば、はてなスターを使ってもらってもかまいません。とりあえず僕としては、イーガン「ルミナス」と円城塔「Boy's Surface」に一票入れときます。

●質問者: rarara6
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:s Surface SF はてな はてなスター イーガン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
●16ポイント

数理SFという分野は一般には認識されていないようです。検索してもサイトが無い。

敢えてその手の作品を挙げるとすれば

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%...

が私の知っている最初の作品です。

http://www.stellvia.com/

rakuten:book:11345962:detailrakuten:book:11573640:detail

なんかもそうかもしれない。

ハードSFならホーガンとかプリンなどいますが、ストーリー優先なので「数理」とするには厳しいなあ。

rakuten:book:11212865:detail

などはそうかもしれません。

いずれも脳内の数字的なあるいは定量的な、または定質的な謎解きの部分を読者と一緒になって推理する部分が作品のキモになっています。

プラスアルファの魅力と言ったところでしょうか。

そういった意味では

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%...

も、そうかもしれません。

◎質問者からの返答

いやまあ、数理SFとは?って疑問には個人の嗜好も絡んでくるので答えがないと思うのですが、質問者の僕の狭い狭いSF読書経験から言えば、一応、「数理的な何かがメインのガジェットや主題になっていてその上でなんだか数理的なSF小説」みたいなのでどうでしょう?

ところで「ファイブスター物語」って数理なんですか!?


2 ● kanan5100
●16ポイント

有名どころは、このあたりでしょうねえ。

石原藤夫『宇宙船オロモルフ号の冒険』

http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%88%B9%E3%82%AA%E3%...

ルーディ・ラッカー『時空ドーナツ』

http://www.amazon.co.jp/%E6%99%82%E7%A9%BA%E3%83%89%E3%83%BC%E3%...

ルーディ・ラッカー『ホワイト・ライト』

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%...

あと古典的なところではこのへん。

『第四次元の小説』

http://www.amazon.co.jp/%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E6%AC%A1%E5%85%83%E3%...

エドウィン・アボット『多次元・平面国』

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%9A%E6%AC%A1%E5%85%83%E3%83%BB%E5%...

ただし、全部入手困難です。

◎質問者からの返答

なるほどなるほど。やはりラッカーは一度読んでおくべきみたいですね。


3 ● ita
●16ポイント

数理ネタを小道具に使った作品は多いけど(最近だと ISBN:415208880X 、魔術でP=NPにする話)

数理メインというとイーガンと円城塔くらいですかね。あとはテッド・チャンとか。

チャンは一冊しか出てませんが、SFM2008年1月号に短篇が2つ載ってて、ひとつはタイムマシンもの、ひとつはNature に載った小説です。

イーガンはディアスポラとか、未訳のSchild's Ladderとか、5月に出る予定の長編とか、3月に出たルミナスの続編なんかがかなり数理SFですね。

リスト:http://d.hatena.ne.jp/ita/20080311/p1

ここに数学フィクションのリストがありますが http://www.cofc.edu/~kasmana/MATHFICT/default.html

玉石混交です。Search で数学度4以上に限定して検索するといいかもしれません。

あとはルミナス関連で、ノンフィクションですけどチャイティンって人が面白いらしいです。ISBN:4826901380

◎質問者からの返答

イーガン、チャン、円城は定番になりつつありますね。

ルミナスの続編!!そいつは実に読みたいですね。とは言え長編の未訳作品も溜まってるみたいだし、日本語で読むには数年待ちになりそうですね。

このサイト凄いですけど、英語読めません><。

ノンフィクションも良いですよね。「ライフゲイムの宇宙」も前から狙ってるんですけど、やっぱり文庫の方が安いんでそっちを買っちゃうんですよねえ。


4 ● zm_nouveau
●16ポイント

グレッグ=ベアの「タンジェント」はいかがでしょうか。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%...

数理というよりも詩的な印象が残りますが。

◎質問者からの返答

ベアはイーガンの親戚だと思っていた時期が僕にもありました。ごめんなさいベア。今度読んでみます。


5 ● terau
●16ポイント

数理SFは計算がキーワードになっているSF小説である。とした場合「冷たい方程式」は如何でしょうか。

http://www.amazon.co.jp/%E5%86%B7%E3%81%9F%E3%81%84%E6%96%B9%E7%...

ただ、一発ネタのお話ですのでまだ読まれたことが無く今後読むつもりがあるなら一切の書評などを読まないほうがいいかもしれません。

◎質問者からの返答

耳にしたことがあるタイトルですけど、読んだ事は無いですねえ。書評サイトを巡るうちにネタが割れちゃいそうで怖いです。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ