人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私のカリフォルニア州(サンフランシスコ)在住の知人の話での相談です。妻が日本人、夫がアメリカ人、子供(幼児)がいて、カリフォルニアにて離婚裁判をしています。夫のトラブルから離婚することとなり離婚調停を続けていましたが不調となり、裁判をすることとなりました。裁判で夫は、妻と子供のアメリカ出国を禁止することを要求しています。妻の両親も日本に住んでいるため、子供を連れての里帰りを希望しています。
裁判で出国禁止の判決が出ないようにする対策はありますか?また、もし出国禁止の判決が出た場合には、上告などその決定を無効にする対応ができるのでしょうか?

深刻な状況であり、識者からの頼りになる回答をお待ちしています。

●質問者: Sakonkatsu
●カテゴリ:旅行・地域情報 生活
✍キーワード:アメリカ アメリカ人 カリフォルニア カリフォルニア州 サンフランシスコ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/4件

▽最新の回答へ

1 ● yazuya
●27ポイント

汚いといえば汚いですが、裁判などまともに相手にせずにさっさと子供をつれて日本に帰ってしまえば、アメリカの司法権は簡単に及びません。

子供を外国でアメリカに戻せという判決が出ていたとしても、日本で執行することはまずできません。

スキをみて子度を連れて出国してしまうべきです。

◎質問者からの返答

ハーグ条約に日本が批准していないことを盾にとる方法ですね。確かに一つの案だと思いますが、もし今後日本がハーグ条約に批准したらどうなりますか?FBIとインターポールの指名手配誘拐犯となり、アメリカに引き渡されると10年以下の実刑判決になるのではないでしょうか。また、日本からはほとんど出国できなくなってしまいますよね。

子供が大きくなって海外にいくようなことがあれば夫の元に連れ戻されるため、母親と暮らしていくためには国外には実質出られなくなります。

なるべくならこの方法は取りたくありません。

裁判で決着をつけるはありませんか?


2 ● Dursan
●26ポイント

ポイントは要りません。

アメリカ出国が出来なくなる正当な論拠がないと

専門家でも答えにくいかと思います。

文章上の条件だけ見ると、普通に基本的人権の尊重に抵触していますのでそのような判決を受ける可能性がほとんど無いように見えるのですが。

このようなポイントにならない指摘のためにも、コメント欄を開放しておくことをお勧めします。


3 ● yazuya
●27ポイント

もし今後日本がハーグ条約に批准したらどうなりますか?

日本が批准して、引き渡す羽目になる可能性はゼロではありませんが、アメリカで裁判に負ける可能性より遥かに低いです。

また、批准したとしてもこのような場合の連れ去りが日本で犯罪とされることはまずないと思います。



また、日本からはほとんど出国できなくなってしまいますよね。

アメリカに入国することはやや危険になると思いますが、それ以外の国では条約批准国も含めてまず心配ありません。

そもそもアメリカだって、当局がわざわざ待ち構えて捕まえるまでするか疑問です。

第三国なら、そこまでするとはなおさら思えません。



子供が大きくなって海外にいくようなことがあれば夫の元に連れ戻されるため、母親と暮らしていくためには国外には実質出られなくなります。

ハーグ条約は15歳くらいまでしか対象じゃなかったはずなので、それほど心配しなくていいと思います。

そのくらいの年まで海外に行ったことない子供なんていくらでもいますから。


条約が批准されたとしても、その頃には子供も成長していまさら海外に戻されたら子の福祉にとってマイナスになる、という状態になるはずです。

日本政府がそんな引渡しに手を貸すとは思えません。

条約によっても、新しい環境に子供がなじんでしまえば返還は認められません。

アメリカで判決が出る前にさっさと連れ帰ってしまうのが一番強力で確実な方法だと思います。


なお、アメリカの裁判に関することをここで聞いても良い回答が得られる可能性は低い。

アメリカの裁判で正攻法で決着をつけたいのであれば、アメリカの弁護士に一刻も早く相談すべきでしょう。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ