人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

図のような平面大地上の電波の伝搬において、
電界強度 E=2Eo・sin(2πh1・h2/(λd)) [V/m]
自由空間電界強度 Eo=7√(GP)/d
となるそうです。
直接波rとr'の経路差r-r'≒2h1・h2/d
になるそうです。
これらの証明をお願いします。

1207646927
●拡大する

●質問者: izumi-0620
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:eo GP h1 H2 sin
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● ita
●60ポイント ベストアンサー

ビリヤードの「イメージボール」を考えてもらうとわかりやすいですが、地面に反射してh2に行く最短経路は、h2を地面に対して鏡に写した地下深さh2の点にh1から一直線にいく経路を考え、地下の部分を地上に折り返すと実際の経路になります。

となります。

ここでとても小さいδについて \sqrt{1+\delta}\simeq 1+\delta/2が成り立つので、

したがって r'-r \simeq d((h_1+h_2)^2-(h_1-h_2)^2)/d^2 = 2 h_1 h_2/d

となります

◎質問者からの返答

なるほど?!ありがとうございます!

E=2Eo・sin(2πh1・h2/(λd))

についても閃きました!

2h1h2/d=λ/2の時が弱めあう条件なので

これをE=2Eo・sin(2πh1・h2/(λd))

に代入すると、E=0となり正しいことがわかりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ