人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オーナーとして会社を設立し、その会社が破産した場合、そのオーナーの以後の経済活動は相当制限される(銀行口座が作れない等)と聞きますが、具体的な制限内容をご教示下さい。または、この事について説明しているサイトをご紹介下さい。

●質問者: crashtruck
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:オーナー サイト 会社 破産 経済
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● rie777
●35ポイント

http://www.jikohasann.com/

http://search.chiebukuro.yahoo.co.jp/search/search.php?p=%E8%87%...

自己破産で銀行口座が作れなくなるということはありません。

ただし、ローン、借入はできません。

クレジットカードも作れません。

生命保険(事業主保険)も差し押さえられはずです。

代表取締役等が倒産する会社の保証人になっていれば

個人の家などの不動産、生命保険等は差し押さえられます。

個人の資産は90万円の預金残高を残し、差し押さえらると思います。


2 ● yazuya
●35ポイント

普通の銀行口座はつくれます。

ただし、信用の問題から、会社を破産させた経歴があると当座預金の口座はまず作ってもらえないでしょう。

(そもそも、破産していなくても個人で審査に通るのは難しいと思います)


銀行が認めるか認めないかの話なので、絶対に作れなくなるということはありません。

基本的に、会社と個人は別なので、事実上の信用が低下してクレジット・ローンの審査に通りにくくなる可能性は否めませんが、必ず制限されるというわけでもありません。

また、会社の規模とか破産のさせ方にもよっても違うでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E7%94%A3

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ