人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

先日、AUで機種変更の際に料金プランの変更も提案されたのですが、
その提案は、過去2ヶ月の通話時間から考えて明らかに支払い金額が増える提案でした

その時、わたしは自分の過去の通話時間を正確に把握していなかったため、
提案されるがままに料金プランを変更したのですが、結果、月々の支払いは全く安くなりませんでした

AUカスタマーセンターに問い合わせたところ

AU側の言い分は、
・販売店としてはお客様の申告した通話時間を信じるしかない
・もしくは、客の状況に限らず一般論を提案するしかない
・最終的に判断したのは、お客様だからしょうがない

私の反論は、
・通話時間のデータはカスターマーセンターに問い合わせれば確認が出来る
・それにもかかわらず、正確なデータを使わないで提案するのは無責任
・客が正確な通話時間を記憶していると言う前提で、料金プランを提案するのは無責任

私の提案は、
・プランSのままならば、支払う必要が無かった機種代と通話料の差額の返金
を求めましたが、まともに取り合ってくれませんでした

私の提案は、無理があるでしょうか?
どのように進めればよいかアドバイスいただけますと助かります

●質問者: manmosu034
●カテゴリ:ビジネス・経営 家電・AV機器
✍キーワード:お客様 アドバイス カス カスタマー センター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● bakuto
●27ポイント

残念ながら無理があるとしか言えないですね。

文面からするとmanmosu034さんの申告した時間を元に店員がプランを算出した様ですので、店員のミスでは無いですね。

manmosu034が過去の記録からプランを見積もってくれと言った場合や、明らかに店員に落度が有った場合(計算ミス等)以外では話し合いにもならないと思います。(それでも返金は無理でしょけど。)


現在は店員がプランを勝手に変更するわけではなく、店頭で内容を説明し客の同意(サイン)があって初めて変更出来るシステムなので、manmosu034さんもプラン内容にサインしているはずです。

たかが携帯の契約変更でも御自分が最後に確認のサインをしているのであれば、たとえ店員に騙されようが法律上文句は言えません。

今回の事がどうしても納得行かない場合は次回からは携帯から御自分でプラン変更をする事をお勧めします。


2 ● yazuya
●27ポイント

経済的な利益を考えるのであれば、泣き寝入りするのが一番安上がりだと思います。


それでも、どうしても納得できないのでコストをかけてでもauに返金させたいというのであれば、

くらいをやればさすがに折れて差額分返金くらいの提案は呑んでくれるんじゃないかと思いますよ。

まあ、何度も粘り強く電話してみるくらいまではやってみてはどうでしょうか。


3 ● haruyo_koi
●26ポイント

たぶん、ムリだと思います。

そもそも、個人の通話時間を調べる義務はないですから

自己申告で、これくらい通話しますとだけ言っているなら、相手もそれを信じますよね。

これから何時間通話しますと申告があったため、ですから。

ですが、そのときに、たとえば、自分の通話時間がわからないので

そちらで調べてほしいとか、自分から時間を申告していなければ、それでとおりますが、

相手の言っているように、客から通話時間これくらいといわれれば、

過去の平均なのか、これからの予想なのか把握も出来ませんし

当然その数字を元に計算をすると思います。

最終的な判断は自分なので、そこにたどり着いて終わりだと思います。

ただ、弁護士に頼むとかいったところで、相手はどうぞというだけですよ。

返金に応じていたら、同様のケースの事例全てに返金をしなければなりませんから・・・。

こういうものは錯誤にもなりませんし、法的によほど難癖をつけないかぎり

適応はできません。

そのときの会話で、自分はわからないから、決められないとはっきりいっているならまだしも

曖昧でも数字をいっているわけですから・・・。

あと、確か通話時間は調べることが出来ないと思いますよ。

だから、プラン変更の際には過去の通話明細書などをもってきてくださいといわれるのです。

私もかなり難癖をつけてごねるのが得意ですが

これはちょっと難しいです^^;

時間を把握していないのに、時間を伝えた。このときの詳細な会話がわかればまだアドバイスできるかも・・・。

あと、機種代返金というのはどうしてでしょう?その理由は??

冒頭で機種変更の際に、プラン変更をしたとあったので、目的は機種変更ですよね?

なのに、それも払う必要がなかったというのはどうしてでしょう?


4 ● ken33jp
●10ポイント

無理があるけど、毎日、クレームを入れ続ければどうでしょうか?

・販売店としてはお客様の申告した通話時間を信じるしかない
・もしくは、客の状況に限らず一般論を提案するしかない
・最終的に判断したのは、お客様だからしょうがない

私の反論は、
・通話時間のデータはカスターマーセンターに問い合わせれば確認が出来る
・それにもかかわらず、正確なデータを使わないで提案するのは無責任
・客が正確な通話時間を記憶していると言う前提で、料金プランを提案するのは無責任

料金プランの変更を持ち出したのはどちらでしょうか?

販売店なら、もう少しがんばってクレーム入れてみればどうでしょう?

料金プランの変更を持ち出したのがあなただったら、あきらめましょう。

反論には無理がありますけど、販売店が料金プランの変更を勧めたんだったら

客の申告どおり信じて案内したでは済まされないかもしれません。

突破口は、このあたりにあると思いますよ。


5 ● ryoco_antenna
●10ポイント

こんにちは。客側の視点からであると言い分はもっともだと思うのですが、

私も返金というのは無理だと思います。


・通話時間のデータはカスタマーセンターに問い合わせれば確認が出来る

・それにもかかわらず、正確なデータを使わないで提案するのは無責任


まずこちらですが、店舗にお客様の詳細なデータを確認するツールがないと思われます。

そして、店員がお客様センターに問い合わせをしても

第三者扱いになってしまうため、すぐにデータを取得することはできないです。

(店舗から電話してmanmosu034が問い合わせるというなら出来ましたね・・・)


・客が正確な通話時間を記憶していると言う前提で、料金プランを提案するのは無責任


これも恐らく店員は純粋な気持ちで、manmosu034さんの

料金プランの提案をしてくれたと思います。

というのも、基本的にmanmosu034さんの料金の高低が

auショップの売上には関係ないからです。

また、auとしては最終的に決断をして書類にサインをしたのが、

manmosu034さんとなるため、どのような話のやりとりがあったかは関係なく、

manmosu034さんの任意で決定したことであり、返金義務がないと考えると思います。


上記のような場合、どのようにしても返金は行われないケースがほとんどです。

電話でクレームを言ったとしても、今後の店員の教育を強化します。

と意見要望として処理されると思います。


また今後のために・・・(おせっかいかもです(汗))

機種変更時などは料金プランなどは引継ぎにしておくほうがいいです。

(機種変更時は誰でも電話やメールが多くなるので料金ちょっと高くなることが多いです)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ