人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アメリカで住宅ローンを組むときには信用度というものが重視されるそうですが、そうした信用度をはかる表に以下の記述がありました。この"30s allowed""non-rolling""rolling"とは何でしょうか?

12 months Housing History・・・30s allowed→credit grade B
12 months Housing History・・・1×30 non-rolling→credit grade A
12 months Housing History・・・2×30 rolling→credit grade A-

●質問者: ohmi0728
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:アメリカ 住宅ローン 記述
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hornistyf
●60ポイント

わかりやすい解説が以下のサイトにあります。英語です。

http://209.85.175.104/search?q=cache:MlRDI4XRd1sJ:www.improvedcl...


rollingというのがどうも特殊なようで、30日遅れでの支払いを複数回行っても、遅れた月が連続している限り、1回の遅れとしてカウントするそうです。

例えば、1月分が30日遅れてしまい、次の2月も、3月も、4月もそれぞれ30日遅れてしまった、という場合、普通の感覚では4回遅れてると考えますが、これを1回の"rolling late"と数えるのがサブプライム式のようです。


だから、

1x30 non-rolling:30日遅れの月が1つだけ

2x30 rolling:30日遅れが2回、ただし月が連続してるものは1回と換算

30s allowed:30日遅れを複数回した("allowed"は許される、つまり「クレジット会社が支払い遅れを許してくれる」といったニュアンスでしょう)

ということになるかと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ