人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

図の状態で受信した場合、
直接波rとr'の経路差r-r'≒2h1・h2/d=l
自由空間電界強度 Eo=7√(GP)/d
位相定数β=2π/λ
とすると、
電界強度 E=2Eo・sin(β・l/2)[V/m]
となるそうです。
http://www8.plala.or.jp/ap2/mark/1rikugi.html#2117
http://www.circuitdesign.jp/jp/technical/siryo7.asp

しかし、l=λ/2のとき位相差がπとなり弱めあうと思うのですが、
これを代入するとE=2Eoとなり、強め合う結果になってしまいます。
本当にこの式は正しいのでしょうか?
それともl=λ/2で弱めあうと考えるのがおかしいのでしょうか?

http://q.hatena.ne.jp/1207646927
も参考にしてください。

1208221470
●拡大する

●質問者: izumi-0620
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:eo GP H2 sin π/
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● ita
●60ポイント ベストアンサー

振幅がともにE0, 位相がθだけずれた2つの波を重ねたものの振幅は、長さがE0で角度がθずれた二つの線分をつなげたものの始点と終点の距離になります。

これは2E0 cos(θ/2)となります。たぶんもとのHPの人は間違えてます。位相差0の時あきらかに強めあうはずなのに逆に0になるんで。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!cosならまだわかるのですが

一陸技の問題集や他のwebページを見てもsinなので

引っかかっています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ