人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

どのような学問にも「その学問の(日本での)教科書」のような扱いをされている書籍というのはあるように思います。「1年生にはコレ読ませておけば間違いなし!」というような、解りやすく・偏りがなく・体系的であるとみなされている本です。しかるに、「経営学」の領域において、それはズバリどの本になるか教えて下さい。(そのような本は、多くは著者が日本人であるように思います。)


●質問者: crashtruck
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:ズバリ 学問 教科書 日本人 書籍
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● nreise
●19ポイント

経営は、やってみてナンボの世界の気がします。

わからないところが出てきたときに、それを調べるといいと思います。


学問として勉強したい、ということなのであれば、手始めには

榊原清則『経営学入門 上・下』はいかがでしょうか。

http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%8C%E5%96%B6%E5%AD%A6%E5%85%A5%E9%...


2 ● sinzaku
●19ポイント

コトラーのマーケティング・コンセプト

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%...


3 ● ken33jp
●18ポイント

LAUNCH


4 ● Dursan
●18ポイント

コトラーならこっちです。

コトラーのマーケティング・マネジメント 基本編

経営学の各分野の概説ならこの辺から

amazon検索「経営学概論」


5 ● yamaco_co
●18ポイント

どてらい男

花登筐

どてらい男 第1巻 立志篇 (角川文庫 緑 522-1)

どてらい男 第1巻 立志篇 (角川文庫 緑 522-1)

  • 作者: 花登 筐
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ