人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

風営法・風適法についてお尋ねします。

客に対して、電話・WEB・対面にて女性を紹介する無店舗型サービスを以下の三つに分類します。

1.客が会社に対価を支払う。(結婚相談所)
2.客が会社及び女性に対価を支払う。(デートクラブ)
3.客が会社に対価を支払い、会社は女性に対価を支払う。

この2については、都条例において規制があります。
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/index9files/teleclub.pdf

しかし3については風営法の範囲だということを警察署にて説明を受けました。
そこでこの3の営業体系が風営法上、あるいは他の法律、条例上どのような定義をされ、どのような規制を受けるのかについてご教授願えればと思います。

●質問者: hoge3333
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:クラブ サービス デート 会社 女性
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●60ポイント ベストアンサー

単純に金を払うかどうかではなく、女性が何をするのかが重要な要素です。

結婚相談所なら風営法は関係ないです。

でも、結婚を前提に女性を紹介する訳じゃないんでしょ?w

http://www.houko.com/00/01/S23/122.HTM

で、2条で定義されてますが、9と10あたりが該当するんですよね?

料金をどのような形で支払うかは問題にされていません。

許可基準、規制などはその後の条文が基本です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ