人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

表現に不都合がありましたら、どうぞお許し下さい。

チベットにおける中国軍の武装鎮圧が問題になっていますが、
日本国内の寺院は何か態度を表明しているでしょうか?

同じ仏教徒が迫害され
その文化を消そうとやっきな中国政府の行動と報道に対して
あまりにも何も表明しなさすぎに思います。
日本仏教は
死後どころか生きている間でさえ手助けしてくれない、
せいぜい墓守と日本情緒を楽しむだけの心もとない宗教に映っています。
(もっとも信仰する内容は個人の自由ですが...)

日本の仏教界の人々は
チベット仏教の人たちを仲間となど思っておらず、
面倒なことも避けたくて無視を決め込んでいるのでしょうか?
それとも、何か仏教的な考え方や事情、もしかしたら政治的圧力などがあって、
無視しているような態度をとらざるを得ないのでしょうか?

ダライ・ラマさんを定期的に招待したりしている割には
何なのだろうと思います。
日本のお坊さん連中がダライ・ラマさんを呼んだりしているのは
本当はお話などどうでも良くて
お客(=檀家)にパフォーマンスをしたいだけなのが本音なのでしょうか...

忌憚のないご意見をぜひ御願いします。

●質問者: pkb_wn
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:お話 ダライ・ラマ チベット チベット仏教 パフォーマンス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● toukadatteba
●120ポイント

ようつべさんで見つけたのですが。

関西テレビ「ぶったま」にて、日本の仏教界から、はじめてチベット問題に対する公式なアピールがあったようです。

http://www.youtube.com/watch?v=6o5AaZM0Kx8


朗読文を書き出しておきますね。


?今私達日本の仏教者の真価が問われています。

チベットでの中国の武力行動によって、宗教の自由が失われることに心から悲しみと、やむにやまれぬ抗議を表明せずにはいられません。

私たちは、あくまでも宗教者、仏教者として、僧侶を始めとするチベット人の苦しみをもはや、黙って見過ごす事が出来ません。

チベット仏教の宗教的伝統を、チベット人の自由な意思で護ると言うことが、大切な基本です。

皆さんは、日本の全国のお坊さんどうしているのかとお思いでしょう。

日本の各宗派、教団は日中国交回復のあと、中国各地でご縁のある寺院の復興に力を注いで来ました。

私も中国の寺院の復興に携わりました。

しかし、中国の寺院との交流は、全て北京を通さないと出来ません。

殆ど自由は無かった。

これからもそうだと、全国の殆どの僧侶は知っています。

そして、日本の仏教教団が、ダライラマ法王と交流することを、北京は不快に思うこともよく知られています。

あくまでも宗教の自由の問題こそ重大であると、私は考えています。

しかし、チベットの事件以来、3週間以上が過ぎて尚、日本の仏教界に目立った行動は見られません。

中国仏教界が大切な友人であるなら、どうして何も言わない、しないで良いのでしょうか。

ダライラマ法王中心に仏教国の歴史を重ねてきたチベットが、今無くなろうとしています。

私たちは宗教者、仏教者として草の根から声を挙げていかなければなりません。

しかし、私の所属する宗派が、中国の仏教界関係者から抗議を受けて、私はお叱りを受ける可能性が高いでしょう。

このように申し上げるのは、私達と行動を共にしましょうということではないのです。

それぞれの御住職、檀信徒の皆さんが、これをきっかけに自ら考えて戴きたいのです。

オリンピックにあわせて、中国の交流のある寺院に参拝予定の僧侶もいらっしゃるでしょう。

この情勢の中、中国でどんなお話をされるのでしょう。

もしも、宗教者として毅然とした態度で臨めないならば、

私たちは、これから、信者さん、檀家さんに、どのようなことを、説いていけるのでしょうか。

私たちにとって、これが宗教者、仏教者であるための最後の機会かもしれません。

書寫山 圓教寺 執事長 大樹 玄承 4月5日 ?

◎質問者からの返答

どうも有難う御座います。(a2giさんよりコメントのほうでもいただきました)

天台宗のサイトを拝見したところ

ミャンマーの情勢についても声明文を発表していますね。

宗派によって経典や戒律も異なっているゆえに、考え方や行動が違うのでしょうか。

ただ、どのような姿勢であれ

主義主張を表明をされることで、私のような宗教に疎い人間にとって

宗教や宗派のことを知るありがたい機会になります。

余談ですが

関西のテレビ局は、東京のキー局と違って魂を感じます。実に素晴らしいと思います。

(関東の人気番組は関西の準キー局制作のものが多いんですよね。)


2 ● ayuoffice
●120ポイント

宗教というものは、やはりお分かりになっていないんですね。

同じ宗教でも、宗派や部派によって、友達どころか、敵のような存在ですよ。

チベット仏教と日本の仏教は全然別なものですよ。

日本の仏教は一切衆生への慈悲などを強調されていますが、

チベット仏教は死の過程を悟りに至るチャンスと捉えた修行法も特徴的です。

ですから、チベット仏教は政治統治の道具になってから、

いろんな現代の刑罰のようなものも設け、違反がある人に対して、

目採り、手足の切断、極刑までもあります。

ですから、日本の仏教と根本から違って、全然別物!

◎質問者からの返答

有難う御座います。

私は宗教に疎いのですが、

コメントに出していただいた動画(2番目の米国人のほう)の主張、何となくわかります。

(1番目のOneChina動画は、偏った誘導がありますね)

そもそもあれだけのお坊さんを食べさせるのに

どれだけの階層(それと保つための秩序)が必要か・・・


日本は、日本仏教を含めて温和な国で、実に有難い国に思えました。

日本に生まれて(かつ、差別や戦乱の比較的少ない今の時代に生まれて)

本当によかったなと思います。

(別の国に生まれ育てば、あるいは日本であっても別の境遇で生まれ育てば、

また別の考え方になったのでしょうが...)


あの事件以来、チベット側に一方的に肩入れしていましたが

動画を見せていただいたことで、少し冷静になることが出来ました。感謝致します。


1つ思うことは、

かつてのチベット宗教が行ってきた階層的民衆統治と同じことを

中国政府が繰り返して欲しくないな、といったことです。


3 ● Kakeru
●120ポイント

日本のマスコミはほぼチャイナロビーですから、こういったアピールをスルーしている節があると思います。

--

浄土真宗本願寺派(3/18)

http://www.hongwanji.or.jp/info/kogi_seimei/2008/080318_info.htm...

書写山 圓教寺 執事長 大樹 玄承(4/5)

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid467.html

◎質問者からの返答

有難う御座います。

浄土真宗のHPを拝見したところ

ミャンマーの事件や久間氏の原爆容認発言問題をはじめとして、

声明を表明されているようですね。

このようなことを

日本のマスメディアはほとんど報じませんね。

宗教に偏らない報道をすることと

ある宗派などの発表を純粋に報じることとは別ものだと思うのですが、

線引きが難しいんでしょうね。。

あと、軒並みマスメディアの報道内容の傾き加減は

マスメディアにとってのお得意様である(視聴者はお客ではないですから)

五輪に関連するスポンサー(旅行、スポーツ、AV製品関連)との絡みも大きいのでしょうね。


4 ● motsura
●120ポイント

いまさらですが、善光寺さんが長野市リレー委員会に境内でのスタートを辞退するようにお願いしたそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/t10014058991000.html

まだ日本も捨てたもんじゃないな、と思いました。

◎質問者からの返答

どうも有難う御座います。

そんな事実があったのですね。

日本の仏教界もさすがに無視を決め込んでいないようで

安心しました。


今までよく知りませんでしたが

理念をもって行動されている寺院や宗派は結構あるのですね。


両サイドの報道それぞれ偏向があると思いますし

本当のところの事情がよく知りえないので

中国政府側とチベット側のどちらがどうといったことは抜きにしても、

現状を無視すること、考えようともしないことがもっとも冷たい対応なのだと思います。

(達観していて、

彼らのためにもあえて無視を決め込んだりやり過ごそうとしているのならともかく。)


IOCにとっては

競技場のまわりで圧制や殺戮があっても自分たちが競技できれば「平和」なのでしょうか。

(スポーツに国家は関係ないとか言っておいて

国家別に競わせている時点で、五輪なんておかしなものだと思いますし...

航空機で移動するときは

今でも競技をする選手がエコノミーでお付きの役員がファーストクラスなのでしょうか。

サーカスみたいですね、まるで選手を見世物にして儲けているような、、、

まで書いてしまうと、質問内容とは別の批判になってしまいますね。。)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ