人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

政治家の涙 ? 公人が人前で哭くとき ?

ヒトが笑うのは、矛盾を発見したとき、と考えられます。
すると、政治家が泣くのは、どんな理由によるのでしょうか?
過去の実例を(ヒントだけでも)思いだしてください。

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20080107
鬼女の目にも涙 ? 女が階段を降りるとき ?

●質問者: adlib
●カテゴリ:政治・社会 ネタ・ジョーク
✍キーワード:政治家 発見 過去 階段 鬼女
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● w83
●20ポイント

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070720-OHT1T00080.htm

このように逆風のときに泣くケースがあります。正直言って苦しいから、泣いた

、というのも正しいと思います。ただ政治家というのは、自分を実体よりはるか

に良くみせることを必要とされる仕事だと思います。そのために感情をオーバー

に表現できるよう、こころがけている可能性は否めません。だからこれを同情票

を狙った「うそ泣き」という見方も正しいと思います。

◎質問者からの返答

彼女は、政治家となって(当確後)はじめて泣いたかもしれませんね。


2 ● YUUH32
●25ポイント

この6つのおかげでヒトは進化した―つま先、親指、のど、笑い、涙、キス

この6つのおかげでヒトは進化した―つま先、親指、のど、笑い、涙、キス

  • 作者: チップ・ウォルター
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 単行本

この本によると、ヒトが涙を出すのは「わたしは嘘を言っていません」という表現であるそうです。

嘘泣きというのは、この表現を逆手に取った技術なのです(「わたしは嘘を言っていません」という嘘を付く)。

学歴詐称の古賀潤一郎は涙の釈明までして、結局嘘でした。

鈴木宗男は本当に無実だと信じているのかもしれません。本人は。

辻元清美はなんで私だけが・・・という気持ちなんでしょう。ある意味正直な、嘘を付けない人なんでしょう。

加藤紘一は無念の涙ですね。これは「わたしは嘘を言っていません」なのだと思います。

田中真紀子は・・・どうでもいいや。(すみません)

◎質問者からの返答

すると「ぐっと涙をこらえる」のは、嘘と真実との葛藤でしょうか。


3 ● jane
●20ポイント

同情を引くため、というのが一番多いのではないでしょうか。

ほとんどが「女性」のように記憶しています。女性のほうが、

感情の高まりをおさえられなくなるのでしょうか。

涙は女の武器、と言った人がいましたが・・・政治家が公の場で

涙を流すのは、かえって逆効果(稚拙だな、と思ってしまう)だと

思います。と、言っても、ヒラリーのように、完全に「演技」の

人もいますが。。。(呆) 前置きが長くなってしまいましたが、

私は、男女を問わず、総じて“ウソ泣き”だと思っています!

ちなみに、私は女性(社会人)です。

◎質問者からの返答

わたじは男性ですが、社会人として“ウソ泣き”の経験はありません。


4 ● ken33jp
●20ポイント

泣けば、悪人(政治家)でも急に民衆の代表者の正義の味方のように変身出来ます。

国民(府民)の皆さんの悔しさを、涙で演出してるのです。

本当は、政治家が個人的な恨みで悔しいのです。

涙自体は、そういう理由で流れるので、役者で無い素人でも涙を流すことは可能です。

◎質問者からの返答

できれば、過去の実例にもとづいて、もういちど回答してください。


5 ● newpeace
●20ポイント

政治家でもそれ以外の人でも、人間が涙を流すのは、

喜怒哀楽を始めとする何かの感情が限界点を超えたからだと思います。

また純粋に人のためにその限界点が超え、涙する人(政治家)もいれば、

人のために(市町村、国、世界のために)ではなく、人のために頑張っている自分のためにその限界点が超え、涙する人(政治家)もいると思います。

昨日、大阪の橋本知事が涙していましたが、その両方に見えました。

ナルシストであればあるほど結果的に自分を思って泣き笑いするのでしょうが、

政治家はある程度、その要素がなければ自分を貫き通せないような気がします。

「平時の羽田、乱世の小沢、大乱世の梶山」と言われた頃がありましたが、

その大乱世の梶山静六、最後の総裁選での演説で、

自身の政治理念や国に対する思いを語っていたとき、

締めの言葉のあたりでうっすら涙ぐんでいたようにも見えました。

この涙は人生最後のチャンスに挑む自分に対して少しだけ感極まったのだと思いますが、このときは自分に対する涙も悪くないなと思った記憶があります。

◎質問者からの返答

田中真紀子の“凡人と変人”が首相に“軍人”は敗将になりましたね。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ