人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

イーモバイルでネットをしてる時のセキュリティに関しての質問です。技術的に誰かに見られる可能性はありますか?具体的にどうやって見るのでしょうか?それを防ぐにはどうすればいいでしょうか?わかりやすく説明できる方はいらっしゃいますか?よろしくお願いします。

●質問者: comoberu
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:イーモバイル セキュリティ ネット 技術
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●60ポイント

「イーモバイルでネット」というと、モバイル通信とADSLの2種類があるのですが、前者についてお問い合わせという前提で話を進めます。


イー・モバイルのモバイル通信方式であるHSDPAは、W-CDMAの拡張方式です。W-CDMAは、通信路のセキュリティを保つため、三菱電機独自の暗号化方式「MISTY」をカスタマイズした「KASUMI」が使われています。

少なくとも現時点で明らかになっている暗号解読手法では、KASUMIを解読することはできないとされています。

したがって、基地局とモバイル端末間でデータが盗まれることは無さそうです。


次に問題になるのは基地局です。

基地局より先のネットワーク構成は非公開ですので、どのくらいのセキュリティ強度があるのか、まったく分かりません。

最近の行政の不祥事を見ていると、当局が事件捜査のために正規の手順を踏んで通信を傍受したものの、その通信ログを流出してしまうということはあり得ます。


一方、モバイル端末側にも不安要素はあります。それはクローン携帯です。

イー・モバイル端末は、暗号化に必要なICカードを挿入しないと使えないようになっています。このICカードのクローンが存在する可能性が示唆されています。

携帯キャリアはクローンの存在を否定していますが、万が一にもクローンが存在しているとすれば、いくらKASUMIが最強の暗号化方式といえども、正規の方式で解読、データを盗聴されてしまいます。


いずれにしても、「基地局から先」と「クローン携帯」の問題は、個人レベルで対策をとることができる性質のものではありません。

常識的に考えたらHSDPAは安全な通信方式だと思います。それでも気になるようでしたら、リスク・ヘッジとして、イー・モバイルとまったく関係のない暗号化手順を使って多重暗号化通信するのがいいでしょう。たとえば、

などです。


なお、モバイルPC側の無線LAN,赤外線通信,BluetoothがONになっており、適切なセキュリティ対策が施されていないとすると、そこからデータが漏れる可能性があります。

何らかの手段でモバイルPCにプロキシサーバを埋め込まれると、イー・モバイルで通信しているつもりでも、実はプロキシを介して別の通信経路で悪意のある第三者のネットに接続させられているということが起こります。


参考サイト

◎質問者からの返答

詳細ありがとうございます。無線ランよりは安全そうですね。とても参考になります

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ