人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

本好きな方にお聞きします。何をもって本・雑誌を「読み終わった」とみなしますか?

一番単純な答えは「読み終わったら終わり」というものでしょうが (たとえば勝間さんは、「スピード最重視で、線を引いたり内容をまとめたりしない」ことを勧めています)、僕は本をただ読むだけではなく
「読んだ本を記録し、後からデータベースとして使える仕組み」
を作りたいと思っています。今まで

-要点をテキストファイルに箇条書きにしてプリント+ファイリング
-小さめのマインドマップ(文庫本1ページ程度)にまとめる
-情報カードに読了記録と簡単なメモを残す
-ブログに要点や心に残った部分をアップする

などを試してきましたが、いずれも手間がかかる割には再利用率が悪い気がします。
そこで、書籍・雑誌を皆さんがどのように扱っているか(とくに読み終わった後)を知りたいです。
よろしくお願いします。

●質問者: はっしゅ
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
✍キーワード:いるか スピード テキスト データベース ファイリング
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● hogelog
●23ポイント

「本」っていうと範囲広いなあと思うけど、基本的には「ただ読むだけ」で「読み終わった」と判断しています。

私の場合読む頻度からすると漫画、小説、技術書、その他という感じになります。

まず漫画と小説のようなものの場合、正真正銘読むだけです。読み方としても、「スピード最重視」で。読んだものがすばらしかったら余韻冷めないうちは反芻したり、語ったりすることもありますけど。そしてそのうちほとんど忘れます。質問者さんと違い、本を読むことはただ読みたいから読んでるだけのようです。再利用しようとか記憶しておこうとか、考えてみたこともありませんでした。むしろ忘れたら再読するときの楽しみが増えていいなあなどと思うことすらあります。

技術書のようなものは少し違います。読んで理解して、できればオンラインの外から見えるところにそれの記録などを残すべきだと考えています。(他人の記録になりますけど、id:higeponさんのhttp://d.hatena.ne.jp/higepon/20080320/1206022231 とか、すごくちゃんと「読み終えてる」なあと思いました)

こうすべきだと思ってるのは、どうせ忘れるんだから後から思いだすためですね。他人の文章の流れをトレースするより、過去の自分の考えをトレースする方が楽だと感じるからです。

質問者さんが欲している答えにはなっていないかもしれませんね。質問者さんの言う「本」に漫画とか小説とかって入ってるのか逆に聞きたいですね。

◎質問者からの返答

読み流し派ですね。

結局は自分がどのレベルで満足するかなので、割り切りは大切かもしれません。

技術書の扱いは参考になります。


2 ● samasuya
●16ポイント

わたしの場合は、「読み返しそうな物は、本棚に入れる」です。


そうでない物は、何もせずに廃棄です。

また、年に2回ほど、大掃除してもう興味のない分野の本・雑誌は、

捨てます。

基本的に、読後、半年たってまた読むだろうなと思わないものは、

全て捨てる方針です。


本の背表紙を見てどんな内容か思い出せないような本も

自分にはすでに必要とない本としています。


ネットである程度検索したりできるので、特に不自由は感じてません。


あまり参考にならないかもしれませんが・・・。

◎質問者からの返答

なるほど、ネットにあるので手元に置かなくて良い、という考えは良いですね。

Amazonマーケットプレイスや古本屋に売る場合は書き込みできませんが、

廃棄ならいくら汚しても大丈夫ですね。勿体ない気がしますが。


3 ● mnby
●15ポイント

小説などを除いて、勉強や情報収集のために読んだ本は、おもしろいと思った箇所と、全体の概要をメモしてきました。ブログにメモして、あとで検索可能にしておきます。メモが終われば本は売るか捨てるかします。そうしないと本は増え続けますので。

全体の概要を書くのは、どういうことが書いてあるか知っておいて、必要なときにまた買うためです。ただ、最近はいろんな本の解説や要約がウェブ上で見られるので、全体のサマリーは不要で、むしろ自分が興味を持った箇所だけ細かく書くようになりました。

◎質問者からの返答

> 必要なときにまた買う

本屋を図書館か書庫にするわけですか。学生なので経済的にちょっとキツイですね…

メジャーな本はフロー情報と見なしても良さそうですね。

僕は始めたばかりなので、ブログメモは役に立つのかまだ未知数です。もう少し続けてみます。


4 ● smilydogs
●15ポイント

本の種類によって違いますが、啓蒙書や技術書などで私がよくやるのは

1.読んでいる最中に参考になる,重要だと思った部分に付箋をつける。

2.また読み返して、同じところが重要だと思えば今度は更に付箋に内容を要約して書いて、しおりのように本からはみ出すようにそのページに貼っておく。


こうすると、読みたい詳しい内容の部分のページがすぐに読み返せます。^^

◎質問者からの返答

基本的に本は手元に残すということでしょうか?


付箋は僕も小さめのを使っていますが、要約を書くとなるとそこそこ幅が要りそうですね。

1冊20付箋くらいまでなら使えそうです。


5 ● natumi0128
●15ポイント

私も上の方が言われているように、どちらかというと「本を読むために読む」タイプなので、あまり後に何かを残そうと考えていません。

むしろメモをしなければ残らないものは、自分には必要がなかったのだ、という考え方です。

興味のある分野に関しては、興味があるからいくつも同じジャンルの本を読みますし、そうすればメモをしたりしなくてもある程度の知識は身につきますから。

ただ、最近はそれでは少しもったいないかなとも思うようになり、学術形の本などは気になった部分をメモするようにはなりました。

本ごとにまとめるかたちではなく、一冊のノートに適当に書いていくので、何冊か同時進行している時などは、複数の本の引用が入り混じったりしますが、趣味で読んでいるだけなので、あとから簡単に探せる、という必要はないので、これで別に困っていません。

それでも、手で書くと案外覚えていますし、そういう意識で読んでいると、メモをしていない箇所でもけっこう覚えていたりします。

うーん、あんまり質問者さんの意図に沿った答えにならなかったかもしれませんね…。

そうそう、読んだ本そのものは、基本的に手元に置いておきたい、溜め込んでおきたいタイプなので、よほどのはずれ以外は本棚に入っています。

読み返さないようなものは処分した方はいい、というのは分かっているんですけどね。

◎質問者からの返答

全部の本のメモを一冊のノートにまとめる、

というのは超整理法かアイディアマラソンみたいでおもしろいですね。


ため込んでおきたい気持ち、よくわかります><


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ