人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

プロモーションや営業活動が苦手です。ケーススタディさせてください。

例えば
企業向けに来賓用の紅茶などの葉っぱを販売したいと考えています。
販路の開拓からということになりますが、このような場合どのような手立てで営業していくものなのでしょうか?


目的
・企業に紅茶やハーブを購入してもらう

自分がやった周知活動
・知り合いの会社にどうですか?と御用聞きする
・時々来るお問合わせに対応する
・業務用としてボリュームパックの茶葉をネットショップに用意
(http://store.shopping.yahoo.co.jp/hagurachaya/b6c8ccb3cd.html)
以上です。


●質問者: くいっぱ
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:ケーススタディ ネットショップ ハーブ プロモーション ボリューム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kou32rr
●23ポイント

業務形態として、メーカーでしょうか、小売だけ(仕入れて売る)でしょうか?

よほど利益がないかぎり、御用聞きだけで利益を確保するのは難しいと思います。

小売だけであり、その商品が国内に溢れているのであれば、

手短な所でネットショップで進めていくのが王道ですね。

その場合、有益なコンテンツ(紅茶のノウハウ)を増やしていけば、成長させていけます。

メーカー、または目新しく国内にもあまりないもので良いと自信を持ってお勧めできるものであれば、

プレスリリースをお勧めします。

代行屋さんとかでやるとコストがかかったりしますが、

うまくできればかなり効果があります。

また、「この商品いいね。」と身近で言ってくださるお客様がいたら、

素直に「営業方法がうまく分からなくて。」と言ってみましょう。

良いと感じてくれているお客様であれば、

周囲に宣伝してくれるかもしれません。

◎質問者からの返答

小売になります。

地道にやっていけということですね。

人づてでお客様はついてきてはいるのですが・・・

なんか受身の営業しかしていないので、このままじゃよくないなと。。


2 ● ken33jp
●23ポイント

知り合いの会社の女子社員をを集めて、無料のハーブティパーティをするんです。

決定権は、女子社員にあるのです。

◎質問者からの返答

ハーブティーパーティは楽しそうですね。

ありがとうございます。


3 ● ニャンざぶろう
●22ポイント

広告を印刷したパッケージングで試供品を配るとかはどうですか?

パッケージ自体に値段と注文方法が書いてあれば注文のハードルが低くなります。

◎質問者からの返答

なるほど。

折込チラシなど、パターンや原稿を考えてみます。

ありがとうございます。


4 ● minubow
●22ポイント

?来客に紅茶を出す⇒来客に女性が多い企業のほうが見込みが高いと思います

?そのような企業に対して、まずは数パックの無料茶葉をサンプルとして配る

(インターネットなどでの申し込み形式でも可)

?OOパック以上のご購入で送料無料など、購入障壁を低く設定する

といった感じではいかがでしょうか?

◎質問者からの返答

来客に女性が多い企業をまず目星をつけるということですね。


美容院やケーキショップなど、べたなところは検討しているのですが、

類似でいくつか検討してみます。

そこにサンプル茶葉を送るという営業は何か営業らしい営業ですね。

さっそくリストアップして、検討してみます。

これと購入方法のチラシを合わせて、、、

なにか見えてきたきがしました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ