人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

OSのWindows XP Professional x64 Edition についての質問です。
下記のHP「10 の利点」を見るといい事ばかりの様な印象ですが、実際にはどうなのでしょうか?
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/64bit/facts/top10.mspx

実際に体験された方の感想や、上記HP以外の利点や欠点、ソフトの互換性について情報が御座いましたらよろしくお願いします。

●質問者: bakuto
●カテゴリ:コンピュータ 趣味・スポーツ
✍キーワード:Windows XP x64 ソフト 互換 感想
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● b-wind
●50ポイント ベストアンサー

現実的にサーバー以外の用途で x64 を使用するメリットはほとんどないと思います。

挙げられているメリットにしても搭載メモリ以外は通常版と同じことができますよ、というだけですし。


まず、x64 でまともにメリットを受けるには対応アプリケーションが必要ですが

実際対応アプリケーションはサーバーアプリ以外ほとんどないのが現状です。

32bit アプリケーションも動作しますが、x64 の恩恵はまったくと言っていいほどありません。


また、アプリケーションとは異なりドライバーの類はすべて x64 対応版でないと動作しません。

こちらの方が問題で、多くのメーカーはいまだ x64 対応版ドライバーの開発に積極的ではありません。

通常版と比べて機能や使い勝手の面で劣ることはざらです。

特に顕著に出やすいのはプリンタドライバーあたりです。


ただ、これらのデメリットはサーバー用途で使用する場合は問題では無いことも多く、

「メモリ搭載量が増える」だけでもかなりのメリットになるので話は全く変わってきます。

◎質問者からの返答

回答有難う御座います。

x64はサーバー向きのOSなのですね。

普通使用するようなアプリは対応していない事が多いのですね。

やっぱり通常使用でのメリットは無いのですね。

有難う御座いました。


2 ● Gleam
●10ポイント

将棋の掲示板で、ある将棋ソフトの音声がx64 Edition で出なくなったと言う内容を見たのは確かなのですがソフト名を忘れてしまいました。すみません。

◎質問者からの返答

有難う御座います。


3 ● hkrhr1
●10ポイント

なるほど「10 の利点」を読むとかなりの利点がありますね。ただし、科学技術計算などの研究者等、プログラミングをやる人向きですね。

Real*8 A(1000,1000,1000) ←(1000個に分割した3次元空間)

と定義するだけで、8GB取ってってしまいますから、32bit機では出来ないですよね。

でも、そうした人達ではなく、一般の個人ユーザーの場合には、確かにそれに対応したソフトが少なく不便なのかも知れないですね。

一度、bakutoさんが使用されているソフトの64bit版があるか、調べられては如何でしょう?

◎質問者からの返答

私が質問した理由も「10の利点」を読んで「これだけ利点が有るのになんで今までXPの主流にならなかったのか?」という疑問が出てきたので、質問させていただいたので、アドバイスよりも情報を求めています。


>対応したソフトが少なく不便なのかも知れないですね。

これの回答やOSの利点・欠点が知りたいのです。

もし情報が御座いましたら、再回答をお待ちしております。


4 ● ken33jp
●1ポイント

64Bitのメリットがないからです。

ドライバーも64BIT対応しなきゃならないし、

そのそもそんなドライバーが少なすぎるし・・。

◎質問者からの返答

b-windさんの回答で出ている事柄ですよね?

申し訳無いですが、今回の様な回答はご遠慮いただけないでしょうか?

また、違った情報をお持ちであれば、再回答は受け付けておりますのでよろしくお願いします。


5 ● hkrhr1
●30ポイント

*インテルのCPU以外は、ほとんど64bitなのです。

*最初の64bitのCPUはDECのAlpha チップでした。DECのマシーンは、科学技術、NASA、アメリカの陸海空軍で、重宝され多くの科学技術関係のプログラムがDECマシーンから、生まれました。

*その後、安いOSであるUnixが動くSANやHP、IBM、SGIなどが次々と64bitCPUを開発しました。

*モトローラもAppleからの要請で、64bitのPower PCを作り出し、Macintoshは、OS9の頃から64bit化しました。

Macintoshは、パソコンにも関わらず、1990年代から64bitのOSを開発していました。その威力は、データ量の多いグラフィックに如実に現れ、Windowsのグラフィックとは一線を画していました。

*しかし、32bitのCPU製作メーカーのインテルは、CPUをとてつもなく進化させ、事実上、上記の64bitCPUより速い演算をする32bitCPUを作る様になったのです。

*パソコンはWindows(MS-DOS)と思っていた人達には、Unixのようなワークステーションの動向なんかご存知なくて当然です。Windows(MS-DOS)のソフトウエアを作成していた各社や個人は、当然の様に32bit用のプログラムを作成していたのです、いや、しているのです。

◎質問者からの返答

CPUの歴史ありがとう御座います。

そんな流れでここまで来たのですね。

Macがグラフィックに強いと言われてる理由も解りました。

有難う御座いました。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ