人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【学校の英語の先生】

仮定1.中学校や高校などの英語教師の英語レベル (総合的な意味で) は低いと仮定する (≒低い人が多いと仮定する)。
仮定2.これからの時代、生徒 (and 児童も) は、もっと質の高い英語教育を受けて、英語レベル (総合的な意味で) を向上させる必要があると仮定する。

上記の 2 つの仮定を前提とするならば、
これからの日本の英語教育はどのようにしていくべきでしょうか?
現実にそったあなたの意見/アイデアを募集します。

また、上記の 2 つは必ずしも正しくないのでは?と思う方は、
別途コメント欄にその理由を書いていただければ幸いです。
(いわしツリーにはご遠慮ください)


●質問者: にぎたま
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:あなた いわし アイデア コメント欄 レベル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

[1]技能のある外国人を教師に採用する gday

単純ですが、仮定1が真で現状なんとかしなければならないとすると、まず教師を何とかしないと仮定2は実現できません。

英語の教授法について知識と技術を持っているのは日本人教師よりも外国人に多いと思われるので政府が旗を振って外国からそういったスペックの人を連れてくるのが目先の策として適当だと思います。


[2]>1 つまり「日本人教師の英語教授法」に問題がある Nigitama

そういう視点ですね (当然、仮定の上での話ですけど)。


[3]ツールの進歩をより一般的な範囲で有効利用する。 sidewalk01

というのが仮定の妥当性に関わらず、現実問題できることだと思いますよ。“コミュニケーションツール”の発展は目覚しいですから。


[4]>3 よろしければ、 Nigitama

詳細をお聞かせください。


[5]専門部門に集約する miharaseihyou

英語が不必要な人が大部分。一般には薄くても損失無し。全てとなると費用対効果が悪すぎる。

専門に幼児期からのコースに人材を集約して、効率良く必要な数の、その分野における質の高い人材を育成する。


[6]>4 英語教育に関して一人の教科担任の実力が影響する範囲が狭まっていくのではないかということです。 sidewalk01

これまでのアナログな授業体系であれば、英語教師の実力によって学生の英語能力(平均点として)は大きな影響を受けていたのだと思います。英語の“勉強”情報のソースの多くが、教師から発信されていたので。(ただし、塾や英会話などに主体的に通う子達は別にして置いてください。)


たとえば情報ツールを有効活用していけば、双方向での会話の指導も特定の教師に限定されることはないでしょう。また、姉妹校などあれば若いうちからの英語圏の同年代の子どもと会話をしていくなんてことも可能だと思います。


さらに、読み書き以外の発声、コミュニケーションに関する部分もEラーニングで多くの面が補えるのではないかということです。ある程度は反復によって形成される部分が大きいので、そういった面はツールの進化が武器になると思います。


[7]>5 現実的かどうかはさておき Nigitama

目的次第では「効果」的ですね。


[8]教科書に縛られず、生徒が書きたいことを書けるように nofrills

例えば中学では教科書に載ってる「現実離れした優等生的会話」を中学生がどう思っているか。入り口があれでは、「英語に興味を持て」っていっても無理があります。「アメリカ人ってWowばっかり言ってるし」みたいなくだらないことだけ印象に残ってしまう、というケースもあります。


中学では、必修語彙のほかに、個別の生徒が和英辞典を引きながら、自分が書きたいことが書ける(言いたいことが言える)語彙を調べて、その日に習った「文法項目」を使って、2?3文の「英作文」をし、教員がそれを添削する、っていうことをやるだけでも、学校の授業の効果は全然違ってくると思うのですが。


その際、教員側も辞書を参照できることがマスト(その時間があること、「辞書を見る」ことが「無知」と解釈されないこと)。生徒がサッカーに興味があり、教員が興味がなくても、教員が予習してなくてもOKなように。「単語を知らない」などということは、よほど基本的な語彙であれば別ですが、別に恥じることでもないのですから。


なお、教員の「英語レベル (総合的な意味で) は低い」という前提ですが、それが何を指すのかが不明確なので、上記ではその点は特に前提としていません。少なくとも中学の教員であれば、基本時制、単文・複文・重文、形容詞節(関係代名詞)、句と節、代名詞のitといった中学校でやる文法項目は、何も手元になくても説明ができ(その説明の上手・下手はあるにせよ)、「文法的間違い」を修正することができると前提しています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ