人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ウィキペディアについて皆さんはどうおもっていますか?便利な場合もありますが、内容の正確性に保障がありません。
最近この百科事典に対する問題がおこっています。
教育関係、大企業、官公庁、有名大学など、投稿ブロックに遭っています。
内容自体も子供に見せられないものが存在することや、管理者が意味を解せ無いことや、中立にたたなければならないのに、それが出来ないこと、一方的にブロックすることなど、管理者に問題あるケースもみられます。
(荒れる場合はすぐ終了します)


●質問者: string_buffer
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:いもの ウィキペディア ブロック 名大 大企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 63/63件

▽最新の回答へ

[1]見極めて利用すれば・・・ jane

問題ないのでは??


[2]清濁併せ呑む。 miharaseihyou

無いよりマシな項目もあるので、参考資料程度の利用で関連項目の蒐集に利用するときも有ります。

卑俗な項目など、一番詳しく、比較的正確にフォローされている場合が多いので、それなりに有用です。

まさに曖昧の甑、文化の辺縁部といった感じで、玉虫色だろうが恣意的に過ぎようが、非難すべきではないでしょう。

なにせ無料ですし、ネット上ではそこにしか無い項目も多い。最初から正解を与えられないからと言って文句を言う筋合いじゃあない。

どうしても正解が知りたければ自分で書籍を漁るべきでしょう。


[3]枯れたテーマには役立つ sibazyun

つまり、従来の本の百科事典と競合する分野は、わりにしっかりしている。

ただし、新しいこと、ニュースになること、あるいは特定の企業や商品にかかわることは、かなり危ないですね。


[4]これが問題になってしまうのが日本の悪いところ heilig_zwei

不適切な情報、不正確な情報があるからと言って、

それらのサイトから無条件で子供たちを隔離することは

非常に危険なことだと思うのですが。

この子たちが大人になったとき、保護者の目から離れたとたんに

子供だましのようなねずみ講とか出会い系サイトに

どっぷりはまり込んでしまうのでしょうね。


北欧やアメリカの一部では小中学校の授業で、かなりの時間をかけて

「メディアリテラシー教育」というものを行います。

この授業では、テレビや新聞、インターネットなどのメディアから

得られる情報をどのように解釈し、議論すればいいか、

また情報を編集して、ホームページ等で発信するにはどうしたらいいのか

といったことを学びます。具体的には、

・テレビコマーシャルを時系列で書き出して、テレビ番組の内容と

コマーシャルの内容にどのような関係があるか?

・「けがをした友人が特殊な血液型で輸血ができません。助けてください」

といった内容の悪意の無いチェーンメールは転送すべきか?

などの話題についてディスカッションを行います。

特に、メディアの流す情報には必ず商業的意図があることや、

情報をむやみに流すことの危険性などを学びます。

そして欧米の子供たちは、あらゆる胡散臭い情報に惑わされず

自分に必要な情報を得て、自分の意見をはっきりと主張する術を

身に付けていくのです。



だから不正確なウィキペディアは、子供たちの議論の題材としては

むしろ良い素材なんですよ。

「技術文書が読める言語は、英語以外では日本語くらいだ」

と世界から言われるくらいに知識力がすばらしい国なのに、

もったいないことしてるなぁといつも思います。


[5]仕事と学習 some1

大企業、官公庁は遮断理由は投稿者がばれるとブランドや信頼への影響があることが主体だとは思いますが、

役人が勤務中に職場からガンダム記事補完してないでちゃんと仕事しろ!というコスト面的な意味で仕方ないこともあるでしょう。


一方で教育関係、有名大学の遮断理由もブランドや信頼への影響と推し量れますが、

学生の表現や思想を遮断するやり方は学校の場合はどうかと思います。

学校側が生徒を自分たちの仲間ととらえず、ただのお金を払ってくれる客の子供たちとしか考えていないのでそういう管理を行うのでしょう。


[6]>4 いつも思うんですよ。あれに執筆できるくらいしっかりした知識を身につけたいと。 miharaseihyou

自分の専門分野で「これぐらいは」と思っても、やっぱり「それ以上に詳しく正確に記述してあるなあ」と。

良心的な精一杯の記述がされているといった感じで、分らない所は空欄が多い。

圧力団体などには目障りだと思う。教科書よりも正確だと思えることも多い。

なんせ学習指導要領ときたら、政治的な妥協と学会の力関係で内容が決まるからなあ。


[7]>5 投稿ブロックは送り出す側が設定してるんですか? miharaseihyou

質問文から判断してウィキペディア側が設定してるように見えました。まあ、知らない方が悪いんですが。

企業サイドが個人情報の詰まった会社のサーバーからの書き込みを禁止するなら分るけど、学術機関が禁止するのは知的所有権の関係かな?

特許関係に関連する一次資料のサーバーからなら当然ですけど。

どうも、それだけじゃあないようですね。


[8]めちゃくちゃなことが書いてあると思うが、しかし・・・ jirohmaru

どうやって書き直すのですか?

一般人でも書き直してよいのでしょうか?

ジレンマに悩んでいます。

あれでよく通用するものだと。

そういう項目もごく一部にはあるという警告を発します!


[9]結局、自分次第でしょう。 smilydogs

検索かけて情報が少ない時に参考にはします。

ウィキに限らず、基本的には情報は疑ってかかるのが無難でしょうし。

何を信じ、信じないかなど、ネットの問題ではないでしょうに。。。問題のすり替えの対象にされて、やり玉に挙げられているようで逆に気の毒です。w


一般に信頼されている大手の新聞だって、誤報やら胡散臭い見出し、政治的思想を背景に編集したり、などなどそもそもすべてが「真実」ではないでしょうに。。。


[10]>7 投稿ブロックはウィキペディア管理人が設定します。 string_buffer

農林水産省の若い役人が「機動戦士ガンダム」の編集するをみて、役所のほうと、ウィキペディア側でブロックしたようです。

ただし、歴史などの一番正確、信憑性のあるはずの大学側がブロックされるのは、理解ができません。編集合戦を阻止するためでしょうか。

誰でも書くことが出来るとしながら、別の名前での投稿禁止など、矛盾があります。

教育機関へのブロックは○○Xや、獣○、フェ○○○などの、イラスト付項目を抗議した内容教育機関へのブロックだと推定されます。


[11]>6 なるほど。そういう考え方もありますか。 string_buffer

<なんせ学習指導要領ときたら、政治的な妥協と学会の力関係で内容が決まるからなあ。

政治的拘束力、影響が少ないとするなら、ウィキペディアのほうが民主的かもしれませんね。ただし、現在は一部の人間のものになっており、道徳的、知識的レベルの低い管理人のものになっている。しかも中立をするべきといいながら、投稿者、管理人すべてなんらかに偏り、他人を攻撃すべきでないとしながら、平然とやり、あるいは見過ごしている。


[12]>8 書き直して良いですよ。 string_buffer

誰でもやれますよ。それが方針ですから。

ただし、下手をやると、すぐブロックになったり、攻撃されたり、消去・書き直しがあります。精神的に弱いヒトは手をださないほうが、懸命です。本当に優秀なひとはこれを利用しないし、投稿はしても管理人にはなりません。やることが多いし、無給で一般投稿者に恨みを買いますから。


[13]>9 なるほど。 string_buffer

言われてみればそうですね。

ただし、ウィキペディアは「検証性を真実よりも重視」します。

検証できることと、真実を同じに考えているヒトがいますが、とんでもない誤解です。

検証できることとは、本や新聞などに、載ったことがあるかどうか、確かめることができるかどうかですから、本当かどうかわかりません。

真実性や信憑性をそれによって高めていますが、それは「真実であるかどうかを保障しません」と予め責任を逃げています。そうやって拡大しているのです。

余談ですが、「ウィキ」と略すと、「略すな」と一部の無遠慮な人間たちから指摘がありますので、ご注意を。


[14]本質問の「問題提起」自体、偏ってません? chibi_debu_ji

パーフェクトなものなど存在しません。

と、言うか、存在し得ないと思います。


[15]>11 象徴的な具体例を幾つかツリーにされればコメントが拾えるかもしれません。 miharaseihyou

管理人の「えこひいき」がどのような分野での事なのかすらハッキリしません。技術面では検証が大変だと思いますし、外交畑、経済畑、宗教畑、政治畑などでは圧力団体が多すぎる。

記述すべきを削除しているというのでも甚だしい場合はアウトだと思いますし、投稿されても一年ぐらいは放って置かれるという特定の分野や項目があるとすれば管理人の恣意を疑うに足りるでしょう。そりゃあまあ、金銭の関与を疑うに足る事実とかあればですが、そういった明白な背信行為は無いようにも見えます。

ご質問の内容からでは何人で管理しているのかも分りませんし、組織構成がどうなっているのかも見えてきません。


[16]「ウィキペディアに限らず」です chuken_kenkou

ウィキペディアに限らずネット上の情報は、利用者側で信憑性などを考えながら利用する必要があります。ウィキペディアは、「利用者が参加して作成していく辞書」であり、利用規則でも、「情報が正しいとは限らない」ということが明記されています。私自身も、自分の専門分野について用語の追加や修正をしています。

ウィキペディアではないですが、IT用語サイトの説明の誤りに気付き、指摘して修正してもらったこともあります。


[17]ウィキペディアに限らない bannork

内容の正確性に保障がないのは、情報全般にいえる事じゃないかなぁ。

そもそも人によって解釈が違うんだから、新聞だって、テレビだって

それが100%正しい情報とはいえない。

中立に立つというのも、厳密に考えれば不可能に近い。

世の中に出回っている情報の判別は、個人の裁量にかかっていると思う。

100%パーフェクトに正確な情報といえるのはせいぜい時間と場所ぐらい?

それだって操作される場合もあるけど・・・


ウィキペディアを百科事典だと考えるなら、利点は情報の掲載が「早い」ことかな。


[18]>16 細かいことですが、 string_buffer

<「利用者が参加して作成していく辞書」

辞書ではなく、百科事典です。メインページに書いてあります。


[19]>14 なるほど。 string_buffer

そういわれれば偏ってるかな?


[20]>18 ネットは無責任社会ですから、、 melon10

はてなも信憑性を欠く回答なんていくらでもある。

ネットは基本的に無責任社会。その中で情報の取捨選択能力が重要になっていく。

現在、日本の教育課程では、その点に特に力を入れているように思う。

総合的な学習ではインターネットを利用させて情報を探し、まとめるというものを全課程修了までに何度となくやらされる。

生徒の中には全く信憑性のないものを利用してしまう者もいるようだ。改善されれば良いのだが、無能な教師があふれた日本ではそのままハンコを押されて終わりにされてしまうこともあるなど、国の方針と教育の現場では差が出てしまっている。

気がついたら、話がそれている。

つまり、取捨選択能力が大切なわけよ。

wikipediaはうまく使えば凄く良いツールの一つ。


[21]>12 ええっと u1p

「精神的に弱い」と言うのでしたら、IPユーザで直して「後は見ないことにする」と言うのが良いと思います。

弱気すぎますかね?


[22]>21 それでもいいと思いますが。 string_buffer

誰でも投稿できるのに、「この分野は貴方にはかかないでほしい」そんなこといいます。

「私のが詳しいので書かないでほしい」「私もそんなに詳しくないが、貴方よりは遥かに詳しいと言える自信がある」

などということを恥ずかしげもなく書いた者がおりました。本当です。間違っていたら訂正すればいいだけの話で、これは「お前は参加するな」という意味です。

月間記事賞をもらう男ですから、それなりの実力はあるのですが、時々おかしなこといいます。

管理人は見てみぬふりです。


[23]>9 ここだけじゃないですよね nakki1342

参考になるサイトだとは思っていますが

完全に鵜呑みには、してません

他の情報も探して見ることもします

一つの意見だけを見たら危険だと思うから

ここだけでなく(ウィキペディアの事)

某掲示板だって中にはいい情報もあるわけで

色々あふれてる情報の中で

どれがホントなのか見極める力

それが1番大事なんだと思いますが

今の時代は・・


[24]ケース・バイ・ケース I11

ケース・バイ・ケースですね。

たとかに投稿ブロックはありますけれど、それによって事典としての品質・中立性が確保できるというケースもあります。

子どもにみせられないと思う人がいる一方で、子どもにみせて学ばせたいと思う人もいます。無知よりも知識を持っているほうが子どもにとってためになると考えるひともいます。

管理者の活動によって、辞書の品質・中立性が保てていると考える人もいます。

もちろんそう思えない人もいるでしょうが、それはケースによって異なる、というのが現状のウィキペディアであり、そうした問題は過去にもあったし将来も起こるだろうし、しかしそうであってもウィキペディアというサイト全体としての価値はあまり変化しないだろう、というのが私の見方です。


[25]>19 過去質問で似たような質問を見ましたが hrkt0115311

その質問と比較すると、質問者さんの問題提起は、偏りが少ないように私は感じられました。

パーフェクトなものが存在しない以上、パーフェクトな問題提起も難しいと思います。その前提に立てば、ウィキペディアに対するこの質問は、私は偏りが少ない部類に入るのではないだろうかと感じています。

私の価値観自体が偏ってるかもしれないので、あくまでも参考程度なのですが、こんな感じかたをする奴もいるよ、ということで。


[26]>10 ブロックした側ではないので、なんともいえないのですが。 hrkt0115311

>歴史などの一番正確、信憑性のあるはずの大学側がブロックされるのは、理解ができません。


大学の指導者側、研究者、学生さんなどがブロックされてしまうのは、たしかにもったいないことだと思います。

ただ、本業の合間に執筆できなくなるだけで、彼らが帰宅されて自宅の環境なり、ネットカフェなりから書き込むことはできるわけですから、本当に「書きたい」人の執筆する機会を奪うことにまではならない気がします。


ブロックされた側の声も、ブロックした側の声も聞いてないので、外野のとんちんかんな感想かもしれないのですが。


[27]>13 足かせはしかたがないのでは? hrkt0115311

「みんなでよってたかって百科事典作ってみるか」というアイデアが面白いと思うのです。

そして、Googleなどの発達の影響もあるかもしれませんが、本棚に置いてある、「更新されない」百科事典を使う機会が減って、どこかの誰かが書いてくれた記述を参向にするようになりました。


出版社が百科事典を編集する時のように、文責がはっきりしている場合でも、執筆する人達はそれぞれ「検証可能かどうか」とか「内容に偏りがないか」などという足かせをひきずりつつ、執筆しているのではないでしょうか。まして、さまざまな人が集まって更新・執筆していくのですから、検証可能かどうか(思い込みではないか)みたいな点は、ルールとして用意しないと、まとまりがつかなくなるのではないかな、と推測しています。


検証するのが難しい事実もあるでしょうし、再現することができない事実もあると思います。

ただ、「真実」に関しては、人は信じたいことを信じる傾向があるので、そのひとの中の「真実」を自由に書かれてしまうと、百科事典として機能しなくなるのではないかと、私は考えています。


俳句の5・7・5かつ季語が必要というルールと、似たようなものではないかなぁと考えているのは、私がウィキペディアを読むことはあっても、編集に参加することがないからかもしれませんね。


[28]何、甘えているの? ottyanko

偏っていると思ったら、Wikiに参加して、その偏りを正す行動をすれば良いだけじゃないですか。

内容に間違いがあるなら、自分が正せば良いじゃないですか。

自分は何もしないで、大勢の有志がボランティアで作り上げたものに、問題提起するとはこれいかに?

子供に見せられない?

文字通り百科事典で結構じゃないですか。

そもそもインターネットは集合知の世界で、その情報の取捨選択は、利用者側の責任です。

それを子供に教育出来ないなら、貴方は子供に対して(とりわけインターネットの)教育をする資格がありません。


[29]>26 本論から広げすぎかもしれませんが some1

日本語版についてですが、編集保護も増えてきており、荒らし対策も解るのですが、一方で「硬直化」がはじまっているような気がします。

有名になり、メディアとしての力を持ったことは良かったのですが、

編集ブロックに加え、見る側からも信憑性理由に閲覧制限が加わるようになると、

度が過ぎると枯れていく危険性もあるかもしれないなと思いました。

mixiみたいにユーザーが増えすぎて既に一つの山を越えてしまったのかも知れませんね。


[30]>27 ウィキペディアは面白い企画。 smilydogs

私も画期的で面白い企画だと思います。ネットならではのことですからね。^^

内容が不正確で問題だ、とおっしゃる方がいらっしゃいますが、それを見つけたのなら書き加えればよいだけのこと。そうやって、完成形がない形でどんどん大きくなっていく情報サービスだと思うのです。このはてなもコンセプトは同様の形態ですからね。


他ツリーでもありましたが、我々日本人は情報を鵜呑みにしすぎている傾向が強いと思います。これだけの情報化社会の中においては、現実問題としてウィキペディアや他メディアの正確性を問題にし改善を訴える前に、情報に流されない自主性を養うことを重視したほうが賢明かと思われます。

見たものをそのまま信じる、というのは楽だし理解もできますが、戦前の状況も連想されますし、それはそれで危険なことかと。。。


[31]>29 同意。 string_buffer

少しというよりかなり硬直化してます。書くヒト、管理するヒトが決まっています。よく調べもしないで他人を攻撃するヒトも一緒。

日本版はここまで順調にきましたが、これからは難しいでしょう。警察が目をつけてきましたから。


[32]>28 なかなかお厳しいですね。 string_buffer

<Wikiに参加して、その偏りを正す行動をすれば良いだけじゃないですか。

難しいです。自分が異端児になって管理人のブロック対象になります。

<内容に間違いがあるなら、自分が正せば良いじゃないですか。

それはそうなんですが、ノートで議論をやっても受け入れてくれない、一般社会の一般常識と、世界の常識になっていないことを、平気で認めるのですよ、彼らは。

「自分の意見を強引に推し進めるな」これが新しくできた、ルールです。世界の常識になってないことは書いてはいけない、個人研究はだめ、だというのに。さんざん一般社会のルールはこうなのだ、と力説しても単なる反乱者、頑固者にしかとられません。

本当に一部の人間のモノだなあ、とわかります。

それから、子供が見てはいけないイラストが多すぎます。これは彼らにすると中立にたっているということなのでしょうが。


[33]>18 非常に有効なサイト takaramonob

Wikipediaもその他のサイトも同じ、いわゆるウェブサイトとして考えています。

子供に見せられないと思えば、私なら子供に見せないようフィルタリングするなり、しつけの一環として考えるなり、いろいろ工夫します。

自分の管理外の場所でも子供に見てもらいたくないとおっしゃるなら、有害サイト撲滅運動のようなもので、個人としては困難だとは思いますが、そのことを問題だとは思いません。


このツリーのトップの方がおっしゃっているように、「利用者が参加して作成していく辞書」、「情報が正しいとは限らない」と明記されている以上、それに沿って利用させていただいていれば、内容についての中立性や確実性が気にかかるようなことはないと思います。

また、記事の内容の中立性を保つことを優先した場合、教育関係、大企業、官公庁、有名大学などをブロックの対象とするのは、一つの手段として有効かつ適切だとおもいますが…。

団体として物事を捉えた場合の中立性の欠如を懸念するのは、いうまでも無く当たり前のことですし、それぞれに所属する方が利用したいと思えば、個人として自宅からアクセスすればよいので、何も問題は無いと思います。


なにしろ、ウェブサイトである以上、どなたかが管理することになります。

サイトの性質上、管理者の域を超える場合があるのも当然ですし、その場合、利用者が気にかけるべきことは、問題点ではなく、維持管理その他への尽力についてじゃないでしょうか?

Wikipediaの管理の大変さは、きっと私たちの想像の及ぶところではないでしょう。

それを思えば、利用させていただけるだけでもとてもありがたいことです。


[34]優秀なのでは prime7

予備調査としての利用と考えれば、かなりの優れものですよ。概要さえわかれば、あとは裏づけデータとか、公のデータを自分で探せばよいのだから。


[35]それにしても daichan330

「wiki」と「wikipedia」を混同する人が多いですよね…。

確かに「wikipedia」は「wiki」の一種ですけど。


未だに「wikipedia」を「wiki」と略する人がいらっしゃいますが、そういうのはやめてもらえないかな…と思ったりもします。


[36]>3 同感です sidewalk01

話題になっていることではなく、ふと疑問に思ったことを調べるには重宝します。リンクも張ってあるし、用語から他HPへジャンプできるので他の情報ソースにもあたれて便利。


[37]>34 私が知りたいと思った項目は概ね正確でした. chipmunk1984

非常に役立っていると思います.正確性に疑義がある場合があるのでソースに使えないのが残念ですが.prime7さんの言われるような使い方がベストですよね.


[38]>35 同音異義語 sibazyun

[39]>22 34/250 が編集にかかわった sibazyun

1年前にわたしがとったHatenaのアンケート:

http://q.hatena.ne.jp/1174565733

では、250回答中、「ウィキペディア」(各言語版を含む)を

でした。まあ、信頼度がどれほどかはわかりませんが。


[40]しょせん tachibana26

参考程度にしか使わないのであれはあれで「そーいうものだ」と大目にみてます。。。


[41]意外と正常な方向に編集されてる。新聞とかよりも正確性は高いかもよ。 navy_fia

匿名だと変なものが多いかと思うかもしれないが、かなり有用ですよ。最近はソースをつける方針を徹底しているだけになおいい感じです。みんなが自由に編集していて時には間違いもあるかもしれないと思ってみていればいいかと。

極端な話、新聞は思想などを広めるために捏造や誇張などは多く、wikipediaよりも信用ならない場合も。まあ辞典と新聞で比べるのは微妙ですが、少なくともwikipediaが問題になる要素はないと思われます。


[42]まさにアレだな。 masaboz

ウソはウソであることを見抜けなければウィキを使うのは難しいと思う。この言葉は一理あると思います。匿名性のあるウィキにとっては匿名性のある某掲示板と変わりはないでしょう。


[43]問題は大なり小なり Not072

インターネットの性格(性善説に基づく)からして、当たり前の動きの様な気がします。

Wikipediaは高度な自治を元に目覚しい発展を遂げた気がします。

最近のモラルの低いユーザーの拡大やモラルの低いや、

wikipediaの存在の大きさから来る営利目的の編集などで確度の低さは非常に残念ですね。

しかし個人的には、人知の結集から得るとてつもない情報量の恩恵を受け続けたいと願っています。

現在は情報過多で正誤ままならない物が非常に多いので、有害サイトなど良く取り上げられますが、

これからは間違いなく、自浄の力が働くと思っていますのでテクニカルでない人々が

もっと安心して利用出来るような仕組みが出来て来ると思います。


[44]>38 そうではなくて pyopyopyo

略語を使うのが駄目だということではなくて

"wiki"が"wikipedia.org"を指すのか、"それ以外のwikiベースのページ"を指すのかが

曖昧な場合は略語を使わないほうが良いよ、ということだと思います。

たとえば、

「wiki についてみなさんどう思いますか?」とか

「仏についてみなさんどう思いますか?」とか

と聞かれると、話ややこしくなりますよね。


[45]>16 「ネット上の情報に限らず」です。 pyopyopyo

出版社の百科事典にかいてあるから、正しい?

教科書に書いてあるから、正しい?

新聞の記事だから、正しい?

internet上の情報だから、正しくない?


情報元に依らず、その情報が正しいか、正しくないかは、最後は自分が判断するものだと思います。


[46]>30 ただ、情報の正誤を完璧に押さえてる人などいないので sidewalk01

どういう裏を取っていけば、より信頼性のある内容を知ることが出来るかを模索していくしかないのでしょうね。


[47]とある項目で stabilizer

利権争いによるとんでもない編集合戦を見てから信用しなくなった。

サイトデザインが真面目そうなのが良くないと思う。ニコ動や2ちゃんみたいに不真面目な見た目なら、「嘘を嘘と…」と思いながら読めるんだけど。泥棒が背広を着て仕事をするみたいな種類のものに見えて嫌い。


[48]知的専門職 michiwwo

プロと呼べる人、そして彼/彼女がプロの自覚を持っている人が日本のウィキペディアにはあまり関わっていない、という印象を持っています。遠くない将来にいい方向に変わる、というのが僕のなんとなくの予想です。


[49]>45 出版された百科事典の方が怪しい場合も多いと思います。 jazzyart

科学とか学説とかって、結構頻繁に覆されたりしていたり論争があったりするので、そのことを反映している、対立の存在していることを示しているのはウィキペの方だと思う。

百科事典って、結局著者や編者の主観で作られるので、客観性でもウィキペディアの方が高い場合が多い。

いずれにしても、百科事典にしてもウィキペディアにしても、導入に過ぎず、自分で正しいと思う解を求めるには、より突っ込んだ情報を他の図書等で調べるしかない。


[50]内容の正確性に保障がありませんか??? TAK_TAK

正確性に保証がないような項目ばかりしか見てない人間こそ、

そのような「一面性」しか見ない人間こそ、


よっぽど「中立性がない」人間です


[51]百科事典 itss

百科事典に中立や正確さを求めるのは間違ってます。

過去、そんな百科事典が存在したことがありません。


[52]教育関係、大企業、官公庁、有名大学など、投稿ブロックに遭っています。 itss

大企業、官公庁は、仕事中に百科事典の編集をするのは仕事ですか?

教育関係、有名大学は、百科事典を編集できるだけの頭脳があるのですか?


[53]>40 あ?、わたしも toukadatteba

そうですね。あれを全部本気にはしないです。


[54]>41 新聞が思想を広げる・・・は考えすぎでは? string_buffer

朝日新聞が一般に左寄りで、サンケイが右に近くなったと聴いたことがありますが。

思想を広げる・・・は少し違うみたいです。

ウィキペディアは間違ってても直すヒトが出なければそのままです。


[55]>52 仕事でなく空き時間にやるのでは? string_buffer

その会社の専門知識があるところでは、黙ってられないでしょうからやるでしょう。最近はブロックされてますが。会社などに、誹謗中傷に近いことがかいてあれば、消したくなることは自然の成り行きでしょう。

<教育関係、有名大学は、百科事典を編集できるだけの頭脳があるのですか?

意味わかりませんが、どうしてインテリの彼らにできないのでしょうか?


[56]>51 ほう。正確でない百科事典が存在すると? string_buffer

初耳ですね。企業が製作する以上、内容には万全を施していて、正確性も自信を持って送り出しているとおもいます。そうでなければクレームになり、企業の信用力を失墜させます。何より、問題があったときに苦情を言えることが出来るのがいい。責任の所在がはっきりしてます。

ただし、時により、どうしても合わなくなるときがあります。

太陽系の冥王星が太陽系に含まれなくなったり、とかの記述です。

その点ではウィキペディアのほうがすぐ直せるわけですから、いいですね。

ウィキペディアの難点は『責任の所在がはっきりしていない』

この一点につきます。


[57]>45 自分が判断する-という真意は? string_buffer

その情報が正しいか分からないから調べるのであって、判断も何も出来ないことが多いとおもいます。少なくとも情報について企業が作ったものは内容が保障されている。

正確でなければとたんにクレームになってしまい、企業の信用力は地におちます。

ウィキペディアは検証が出来れば真実でなくてもかまわないということです。

内容が不正確でも一切責任を持たないといっている。

一般人が50万、60万の項目を全部正確かどうか見分けるのは不可能。

仰る意味はわかりますが、責任の所在は出版社の百科事典や教科書、新聞記事が断然にある。

正しいか正しくないかの判断が出しやすいのは断然にこちらのほうです。


[58]個人的にはとっても便利だと思っています dona029

辞書にはない独特の詳しさがあっていいと思います


[59]>58 エンタカルタに比べても遜色ないかもしれません。 string_buffer

むしろこちらのほうが詳しいくらい。

戦争モノなどは好きなヒトが多いので詳しいですね。社会科学や化学分野などは少しレベルが低いですね。


[60]>59 戦争物は調べるのに重宝します! sidewalk01

テロ事件やアフリカの内戦・紛争などモット詳しく書いてくれれば!という項目はあるものの概ね分量には満足してます。


[61]>56 「正確」とは? takahiro_kihara

Nature誌の調査結果がありました。

「Wikipediaの情報はブリタニカと同じくらい正確」--Nature誌が調査結果を公表:ニュース - CNET Japan


[62]>61 英語版ですよね。日本版はデータが少ないので不明です。 string_buffer

二年前ですが。ブリタニカ、Nature誌に反論--Wikipediaの正確性に関する調査を非難

ウィキペディアにブリタニカオンラインが対抗。

ウィキペディアは歴史に関するものはいいものが出ています。


[63]ネットなんだからダブルチェックすれば rocket55

Wikipediaの情報だけで信用できなかったら、ほかのサイトでも同様のことが書かれているか検索すれば信憑性が分かると思います。

検索ヒット数が多ければ信用できる情報と考えられたり、さらにそこから元情報先が分かるかもしれませんし。検索した先がWikipediaを引用した場合もあるかもしれませんが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ