人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

特定健診の受診者及び健保に対する結果報告書の書き方についてお尋ね致します。両者は異なるのでしょうか。

●質問者: photos
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:受診 特定健診
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●35ポイント

「結果報告書」の定義が分からないのですが、国への実績報告ではないようなので、

  1. 特定健康診査受託機関が保険者に特定健康診査等に関する記録を送付する際の書式
  2. 保険者が特定健康診査受診者に情報提供をする際の書式

に分けて回答します。


1.について

XML形式の電子データで送付することになっています。

フォーマットなど詳細は「特定健康診査・特定保健指導の電子的な標準様式の仕様に関する資料」をご覧ください。


2.について

オンラインやICカードを使ってで自分の検診結果を見ることができるようにする話もありますが、当面は紙による情報提供になると思います。書式など詳細については「情報提供事例」をご覧ください。

◎質問者からの返答

書式の問題ではありません。内容の問題です。聞く所によりますと、健保へは階層化した報告をして、受診者には階層化した報告をしないと聞きました。どうなのでしょうか。


2 ● pahoo
●35ポイント

健保へは階層化した報告をして、受診者には階層化した報告をしないと聞きました

本来、特定健康診査は保険者の義務ですので、健診機関から送られてきたデータに基づき、保険者が階層化抽出を行います。健診機関では階層化抽出はできません。

なぜなら、ある受診者の検診結果が特定保健指導基準に達していたとしても、すでに投薬を受けている受診者は除外されるからです。投薬を受けているかどうかは、当該受診者(被保険者)のレセプトを管理している保険者にしか分かりません。(投薬を受けている医療機関と検診を受けている医療機関が別々だという前提です)

このあたりの保険者の役割については、厚労省の「特定健康診査等実施計画」に記載があります。


保険者が、階層化抽出まで含めて健診機関に外注するのであれば、話は変わってきます。ただ、個人情報保護法があるので、本人に無断で、レセプトを健診機関に開示していいのかどうか、微妙な印象を受けます。


また、検診結果を受診者に報告する「情報開示」についても、本来は保険者の義務です。

特定保健指導が必要な受診者には階層化抽出結果を通知しなければなりません。

◎質問者からの返答

どうも有り難うございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ