人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ある教材や予備校の比較するサイトをするのは違法ですか?例えばある英語を教えている学校A社とライバル会社B社、C社があるとします。これらの教材を
使ってみて当然善し悪しがあると思います。A社はもの凄く使いにくい、B社はすごく使いやすい、C社は普通といった場合、当然A社の悪口と言わなくてもかなり批判的な批評になってしまいます。そしてB社は比較的良い評価をあたえることになります。

それらをネットで個人的な意見として比較した場合、これって違法になりますか?当然B社よりの意見にはなってしまい、A社はこき下ろす形になってしまいます。営業妨害になるでしょうか?

例えば車の雑誌があります。同じグレードの車で他社の車と比較してどっちが優劣かつける特集はよくやっています。この場合、おもっきり名前も車種も公表されていて、優劣をつけられます。上の営業妨害になるかどうか、この点も考慮して教えてください。例えば比較するサイトが営業妨害にあたるという意見であれば、車の雑誌での車の比較の特集は営業妨害にあたらないかなど比較して教えてください。

●質問者: popattack
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:サイト ネット ライバル 予備校 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●27ポイント

「表現の自由」という観点で見れば、違法ではありません。

ただ、「クルマの雑誌」と素人のサイトを比較するのは危険だと思います。


「クルマの雑誌」はビジネスとしてやっていますから、比較しているメーカーと水面下でネゴってから、記事を公表している可能性があります。

一方、われわれ素人が書く比較サイトは、企業側にとっても「寝耳に水」のことがあるでしょう。その際、企業弁護士から「営業妨害だ」と指摘された場合、向こうは法的に有効な証拠を集めているはずですから、「表現の自由」を主張したくとも、素人が訴訟を回避するのは困難です。

とくにコメント欄や掲示板などを設けて炎上してしまうと、管理者責任を問われて敗訴、賠償支払いということになりかねません。

数年前、2ちゃんねるが動物病院との訴訟を受けて敗訴した例がありますね。あの事件には留意しておいた方が良いと思います。


とはいえ、私も子どもを持つ親ですので、実体験から出てくる比較情報は喉から手が出るほど欲しいです。

リスク回避する意味では、比較している学習塾と利害関係がないグループが運営するのが一番です。


参考サイト

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。車雑誌のは1例であげさせてもらいました。車雑誌だけでなくブログでいろんな比較がありますよね。そういうものの比較していいのかどうか不安でしたが問題なさそうですね。


2 ● melon10
●27ポイント

事実に反していなければ、問題ありません。

予備校については、批評などを嫌いそうなので問題にされてしまうかもしれませんが、中立的な立場に立って自らの損得を度外視した評価であれば、罰せられるようなことはまずありません。事実無根のことを書いてしまうということがないように気をつけてくださいね。

教材は、評価をしやすいと思います。予備校の場合には雰囲気とか先入観がどうしても評価につながってしまうのではないかと思いますが、教材は正しい評価を行えるであろうため、所謂営業妨害になることはないでしょうね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%B6%E6%A5%AD%E5%A6%A8%E5%AE%B...


3 ● mnby
●26ポイント

禁じられていませんよ。

レストラン、ホテル、車、比較して論じることが当たり前になっています。

客観的事実に基づいた感想であり、誹謗中傷を含まないのであれば、

侮辱罪、名誉毀損罪、業務妨害には該当しません。

http://www.google.com

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ