人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

個人でUNIX系OSを使っている人に質問です。

古いWin2K PCを潰して、UNIX系OSでwebサーバを建てようと計画中ですが、現在どんなOSが良いのかイマイチ分かりません。
オススメのUNIX系OSはなんですか?
用意している環境がかなり古いため、下記のスペックを確認の上、ご回答お願い致します。
また薦める理由などもお願いします。

2000年購入
HDD:40G
メモリ:1G
CPU:pen3 500MHz
自分の経験OSは、Linux Redhat,Fedora,FreeBSD

スペックが低いため、GUI機能は無しでインストールする予定です。

●質問者: Likkradyus
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:2000年 CPU Fedora FreeBSD GUI
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 28/28件

▽最新の回答へ

[1]BSD 系 likk

BSD系はコチラにお願いします


[2]Linux系 likk

Linux系はコチラにお願いします


[3]>2 Redhatを利用したことがあるならCentOSではどうでしょう? master-3rd

CentOSは、RedHatと互換することを目指したフリーのLinuxディストリビューションです。

使い勝手も結構似ているので、それほど苦にならないのではないでしょうか?


[4]>2 VineLinux tezcello

日本語を使うのなら、Vine でしょう。

RedHat系なので、迷う事は無いと思います。

基本部分は1CDに収まっているからダウンロードも短時間で済みます。

apt-get も使えるので、パッケージ管理も楽。

確か Apache1.3, PHP4 などの旧バージョンもチャンと使えるようにしてくれていたと思います。


[5]>3 私もCentOSに一票 studioes

新パッケージのリリースも早くて良い感じですね。


[6]>4 私もVine linuxに一票 ikjun

私にはVine Linuxが一番しっくり来ました。

数あるディストリのなかでどちらかというとオーソドックスなタイプなのですが、

古くから日本で開発されたディストリなので最初から日本語環境が整っていてパーツや周辺機器の認識率が高いです。

サーバーの設定は一度できてしまうと特に難しいということもないのですが、

最初は戸惑うことが多いですので、機能や性能ではなくとっつきやすさで選ぶべきだと思います。

その後でDebianでのサーバー設定もやりましたが、Vineでの経験が無ければできなかったと思います。

http://vine-linux.ddo.jp/

私はここの情報を元にサーバーを構築しました。

すでにバージョンが古い情報ですが、ほとんど変わってないはずです。

サイトにあわせて古いバージョンをインストールしてからバージョンアップする手もあります。

それ以外にもVineでのサーバー設定の情報は沢山web上にあります。

比較的軽いですからWin2000が動いていたPCならGUIでの設定は充分可能です。

CUIの設定はその後から覚えてもいいと思います。


[7]>2 Debianはいかがでしょうか? hrkt0115311

私の環境の場合、HDD40GB、メモリ256MBのマシンで、ファイルサーバーとして元気に稼働しています。

GUI環境はご不要とのことでしたので、設定を修正すればさらに軽快に動くのではないかと推察いたします。以下、ご参考まで。

http://www.jp.debian.org/releases/stable/installmanual


[8]>3 レンタルサーバでは結構利用されています。 master-3rd

追記です。

CentOSは、結構多くのレンタルサーバ会社でWebサーバとして利用されています。

(もしかして業界標準?"専用サーバ"でググるとほとんどの会社でCentOSが準備されています)

と言うことで、サーバ構築の理由が"今後webサーバを利用したサービスを展開したい"とか、"レンタルサーバ会社に就職したい"とかだったら結構有利だと思いますし、レンタルサーバ(専用サーバ)を今後利用したいという時も使い勝手がわかるので楽に管理できるかもしれませんね。


[9]>2 Fedora takaramonob

現在、2台のサーバーを運用してます。

Fedora Core6 , CentOS5

セレロン466 メモリ256 のマシン2台

GUI環境なし WANとの通信は特定のIPのみ許可


両方とも個人用のファイルサーバー、Webサーバーとして使ってます。

動作そのものにはとくに不満はないのですが、WebサーバーでCMSを動かしてみたときは、ちょっと重いと感じました。

今の状況になるまでに、CentOSとFedoraの各バージョンをいろいろ使ってみたのですが、Fedora Core6が一番扱いやすかったです。

安定感はCentOSのほうがしっくりくるのですが、CentOS5でパッケージ管理をrpm(yumなど)で行いたい場合、Fedoraに比べて、依存するパッケージのバージョンが無くて面倒だった経験があります。


[10]>3 CentOSに1票 paxil

私は以前VineLinxを使用していましたが、セキュリティパッチがでるまでのタイムラグがあるので、CentOSに変えました。


[11]>4 同じくVineに atsushifx

基本がRedHatなので今までの経験が生かせますし、デフォルトで日本語が使えるのは楽です。

WebサーバでGUIなしならメモリ1Gなら十分に使えます。

マイナスポイントとしては、日本語が一世代前のEUCコード。

GCCやライブラリが古いので最新のApacheなどが使えないかもしれないということですね。


[12]>9 ご回答ありがとう御座います likk

--パッケージ管理の観点で Fedora Core6 > CentOS5


ですね、ありがとう御座います。


[13]>7 ご回答ありがとう御座います likk

ですね、ありがとう御座います。


[14]>4 ご回答ありがとう御座います likk

VMWare上であれば、すこしだけVineを触れた事があります。


ですね、ありがとう御座います。


[15]>11 ご回答ありがとう御座います likk

ですね、ありがとう御座います。


[16]>6 ご回答ありがとう御座います likk

ですね、ありがとう御座います。


[17]>3 ご回答ありがとう御座います likk

ですね、ありがとう御座います。


[18]>10 ご回答ありがとう御座います likk

ですね、ありがとう御座います。


[19]>8 ご回答ありがとう御座います likk

ですね、ありがとう御座います。


[20]>5 ご回答ありがとう御座います likk

ですね、ありがとう御座います。


[21]>13 VMwarePlayerで試されてはいかがでしょうか hrkt0115311

日本語化という点では、Devian4であれば、GUI環境で入れてもおそらく動くと思います。apt-getももちろん使えますので、パッケージ管理も楽です。

fedora7やVineLinux、OpenSUSE10.3kdeを試してみたのですが、メモリ1GBの環境でもfedora7とOpenSUSE10.3kdeは重く感じられました。


VineLinuxは、私は使わなかったですけれども、確かに軽いし日本語表示も分かりやすいので試す価値はあると思います。いくつかのディストリビューションをisoイメージから焼いて、仮想化ソフトでメモリの量などを設定して、試してみてはいかがでしょうか?

あるいはwin2kが入っているマシンでデュアルブートを試されてもいいかもしれません。


[22]>16 訂正・追加 ikjun

日本語環境と書きましたが日本化と書いたほうがいいかもしれません。

かなり以前のことなので今では状況がかなり違うでしょうが、RedHatがNECの製品をうまく認識してくれないということがありました。なんでこんなメジャーな機械が?と疑問に思ったのですが、世界的にはNECはマイナーなメーカなんです。またいろいろ情報を調べていくと英語を読まなければいけなかったりもしました。最初から日本で開発されたVineはそういうことはありませんでした。

Unix系はすべてCUIで設定できますし、逆に全部GUIでやるほうが難しいのですが、Windowsに慣れた頭で長ったらしい命令を打ち込むだけでいやになるはずです。CUIを覚えるのが第一ならそれでも良いですが、サーバーの設定が目的ならGUIでやったほうがはるかに楽です。

またサーバーの設定がVineのほうが優れているというのではないのです。入門として考えた場合は迷うところが少なく楽だということです。もちろん、そのままVineをサーバーとして使いつづけてもいいですが、だんだんわかってくると欲が出てきます。そのときにはDebianの豊富なライブラリーが魅力的に思えてくるかもしれませし、CentOSの先進性が魅力的に思えてくるかもしれません。それはその時に考えればいいことです。

ただ、入門用としては楽でオーソドックスなVineがいいだろうということです。他のものを選ぶのも間違いとは言えませんが、もし躓いたらVineを検討してみてください。


[23]>1 FreeBSD5以上 wdc

Webサーバですよね?

Linux派のみなさんがおっしゃっている日本語とかGUIとかなんとか、一切関係ないのではないでしょうか。

というかwebサーバにGUI環境って絶対入れないはずなんですけど。


セキュアで扱いやすく、負荷にも強いということから私はFreeBSDを一押しします。

PII 300MHz/256MB 程度のスペックで、DB無しでは10,000/日アクセス程度は楽勝です。

提示条件ならまだまだいけますね。

DB利用の場合はこのスペックでは難しいですが、条件のスペックならある程度いけるはず。


大手サイトでも負荷がすごいところ(超人気サイト)はFreeBSDが多いはずです。


ご存知のはずですが、アプリケーションのインストールはportsを使えばえらい簡単ですし、

各サーバアプリケーションのアップデートも同様です。


ご自分が「凄い」と感じているサーバをNetcraftで調べてみてはいかがでしょうか?

サーバOSがわかりますので、参考になるかもしれません。


[24]>13 玄箱等市販NAS-BOXでも動きます Sakon

自分はI/OのLANDISKを利用していますが、確か玄箱もdebianだったはずです。debianのよいところはUTF-8が標準だというところ、ソフトウェアパッケージの検索(パッケージの中身などまでリスティングされてる)が公式サイトから調べられるところ、aptitudeによる簡単パッケージ管理、メモリ64MBでもGuiが実用範囲する(BlackBox/Dillo/Sylpheedで、すくなくとも「ヤフオク」「Discas」「2ch」は使えます。残念ながら「はてな」は読めることすらできない..)。Iceweasel(Firefox2)も起動が遅すぎる意外は普通に使えますので、ネットバンク専用PCとして仕上げるのもありです。というかそうしています。


[25]>2 Gentoo liquidlight

急いでサーバーを構築する必要がないならGentooはいかがでしょうか?

マシンのスペック、要求されるOSの仕様に合わせて最適化できます。

他のディストリビューションより稼働させるまでに暇がかかると思いますので

暇があればGentooを推薦します。

急いで構築されるのであれば自分の得意なOSがいいと思いますよ。


[26]>7 私もDebianをおすすめ。 u6k

個人的な開発サーバとしても使用しています。主な理由は以下。


[27]>3 CentOSかな KuroNeko666

Vineから入って、CentOS に移った人間です。

会社でRHELを使う機会が多いことから、自宅サーバを CentOS に

変えました。

もともと勉強目的だったので、RHELから商標などを除いて配布している

CentOS を使うのが、手っ取り早くてよかったです。


Vineで apt-get (Debian系)でのアップデートができますが、

CentOSでも yum (Yellow Dog Linux)でのアップデートが可能。

使い勝手は、Kernel とその他のアプリで分けてインストールできる

Vine の方が上かもしれません…


Yum でも、リポジトリに DUG を加えれば、かなり強力なパッケージ管理が

できます。僕も Cacti とかでお世話になってたりしますw

→ ただし、RHEL との互換性が悪くなります


UTF-8 に対応していて、Vineから変更した後も日本語で困ったというのは、

あまり記憶にないです。

あ… html の文字コードをすべて UTF-8 に変換するのは手間ですね。

システムが利用する文字コード(/etc/sysconfig/i18n)とか、Apache の

文字コード設定を UTF-8 から EUC に変更すればよいだけの話なんですが、

今は UTF-8 だと思うのです。


[28]>23 FreeBSDにもう一票 khoshi3

WebサーバのみならまだまだFreeBSDなサーバは世の中に沢山あると思います。

うちにあるWebサーバ(FreeBSD4.x系)はPen150MHz/32MBという骨董品です…。ちょっとほうって置き過ぎですが、3年動いています。:

% uptime

3:43PM up 1092 days, 13:20, ...

rpm/apt系で完結するならLinux系で十分なのですが、自分でコンパイルするなら、portsシステムのほうがエレガントです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ