人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

フランスへ転職する際にフランスの就職事情が知りたいです。
そこで、フランス転職の斡旋会社、フランスの学校(グランゼコール、MBAなどの日本事務局)をお教えください

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:MBA グランゼコール フランス 事情 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● African
●35ポイント

フランスの学校(グランゼコールの日本事務局)


エゼック大学

http://www.essec-japan.com/

〒160-0023

東京都新宿区西新宿6-3-1

新宿アイランドウイング9F

(株)エスイー内

TEL:03(3340)5226

FAX:03(3340)5227

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。ほかに無いですか?


2 ● kappagold
●35ポイント

日仏文化協会

〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-11 第2星光ビル7階

Tel : 03-5216-7161

Fax: 03-5216-7160

URL: http://www.ccfj.com

http://www.ccifj.or.jp/lm/article.php3?id_article=1315&lang=ja





http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/france.html

■就職(雇用)の許可要件

・大学や同等教育の教員、またはフランス国立社会研究所や同等の研究者。

・フランス人では代行できない職種。

・一般企業の管理職者。原則的に月額3500ユーロ以上の給与を得ることが条件。日本食調理師など専

門職の場合も管理職として採用されなければ許可されません。

・会議通訳者。

・OECD加盟国(日本は加盟)の外国人で13年間の継続的フランス滞在を証明できる人。

<移民局を通じて「通常労働許可」を申請する場合>

1.まず雇用主がフランス求職斡旋局の地方分局に労働契約書、1年間の雇用を保証する雇用誓約書、

移民局への納付金支払誓約書、採用の理由陳述書、住宅調書などを提出。許可を得た後にフランス移

民局 (OMI) に申請しますが、弁護士による手続きが一般的。また雇用主は申請前に職業安定所に求

人を出して該当職にフランス人の適格者がいないかどうか調査する義務があります。

2.本人と大使館に許可書類が送られてきますので、送付されてきたら大使館にも同書類が届いている

かの確認をした上で<OMIから送られてきた書類/写真4枚/長期ビザ申請書>を大使館に提出。

雇用主の申請から書類が届くまでに約3ケ月程度かかります。

3.次に大使館指定医のもとで健康診断を受け、診断書結果とパスポートと査証料金(約12000円)、保

険加入誓約書を持参の上、再度大使館へ提出。約1週間後に査証は発給されます。同行家族も全く同

様の手続きとなります。

<移民局を通さない場合>

在日大使館に種類を提出。追加書類を要求される場合もあります。和文書類は全て仏語訳添付。

◆長期ビザ申請書4部◆写真5枚◆パスポートとコピー3通

◆保険加入誓約書◆フランスでの住居証明書(賃貸契約書、会社保証書、権利書など)とコピー3通

◆経済証明書 (銀行証明書、給料明細書等)とコピー3通

◆労働契約書とコピー3通(雇用期間、労働時間、職種、勤務地など明記)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ