人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

携帯電話の事で質問させていただきます。携帯電話を譲渡、販売、貸与などで法的に罰則がありましたら教えて下さい。


●質問者: t-saitou
●カテゴリ:政治・社会 家電・AV機器
✍キーワード:いただきます 携帯電話 譲渡
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●60ポイント ベストアンサー

携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律」という法律があります。罰則規定も盛り込まれています。

◎質問者からの返答

必要な情報をありがとうございました。


2 ● seble
●10ポイント

設問が大雑把すぎて答えようがない気がしますが、あえて、、、

携帯電話「端末」なら、単なる電話機でしかないので、特別な規制はありません。

ただし、製造において電波法の規制を受けるので、勝手な物を作って売るのはマズイでしょう。

通常は単なる商品販売でしかないので、

税法、古物営業法、会社法、民法などがからんでくるだけです。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

つまり、「どのような」

譲渡、販売、貸与かで、関連する法律や規制も変わってくるので、

単純に譲渡だからどうこう、とは言えません。

法的な罰則とは、何らかの違法行為を行った場合に発生してくるので、どんな行為を行うかで違ってきます。

譲渡したものの、それが名義変更などがなされず、それに伴う料金などが支払われなければ契約違反として民法に引っ掛かるでしょうし、

販売において、売上げが一定額を超えたのに税金の申告をしなければ税法違反ですし、

貸与そのものは問題なくとも、その端末が違法行為に使用されれば、貸した方も罪を問われる可能性がありそうです。

◎質問者からの返答

質問が大雑把すぎて申し訳ございません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ