人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「今のうちに勉強しておかないとおとなになってから後悔するよ。」

後悔まではいかないまでも、現おとなの方々は多かれ少なかれホントそうだよなぁ・・・と思っているのではないでしょうか。
多くのおとながそう思っているのにも関わらず、多くの子どもにその言葉は受け入れられていない、というのが現状であるように思います。

では、「当時自分は人一倍勉強したからおとなになった今も全然後悔していないよ。」という方に質問します。
当時、それを受け入れられた理由を詳しく教えてください。
#回答はできるだけ深く掘り下げてくれるとうれしいです。例:「勉強が好きだったから」であれば、なぜ勉強が好きだったのか?とか。

●質問者: Beirii
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:全然 勉強 子ども
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● chemicom
●40ポイント

主旨とは違った回答になってしまうと思うのですが、宿題をせず、

成績も悪かった私が、真面目に勉強をするようになったきっかけは、

クラスメイトからの言葉に憤りを感じたからです。


私がちょっといいことをして先生に誉められた時に、嫉妬した

そのクラスメイト(成績優秀で学級委員)は「さぞ成績もいいんで

しょうね?!?」という意味不明な対抗心をぶつけてきました。


「人の評価はテストの成績で決まるものではないのに何言ってんの?」

と思ったものの、ギャフンと言わせる為に「この人よりはいい成績を

とってやろう!」と思いました。


勉強し始めて、色んなことが理解できるようになると、クイズやパズル

を解いているようで楽しくなり、自然と勉強が好きになりました。

(イヤミなクラスメイトよりも成績もよくなりました。)


私は「勉強した方がいい」と言われただけでは、しなかったと思います。

「悔しい」という気持ちがあったから、勉強に打ち込めたと思います。

参考にならないかと思いますが、懐かしくて書いてしまいました・・・。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

悔しさをバネに、ですね。


2 ● masaboz
●30ポイント

私も主旨とは異なった回答になると思いますが、人間は感受性が豊かな時期はやはり10代でしょう。それにしても、感受性がなくなり始める頃の20代後半には、10代と違っていくら勉強しても、なかなか覚えられないし、「あの頃に勉強すれば良かったな」と思ったことがあります。本当にビックリするほど10代と20代の同じ勉強の量でも覚えやすい、理解しやすいのは10代でしょう。それを初めて自分の感受性がなくなり始めていることを実感させられるのは20代後半あたりになるではないでしょうか。


だから、親は子に向かって「今のうちに勉強しなさい」と言っても不思議ではないでしょうか。


私の場合は小さな頃から単に好奇心が強かったため、勉強をしようというよりはモノを追求するのが好きでした。そのため、知らず知らずそれが勉強になっていましたが、今の20代後半はそれがあまり実感しません。後悔しないというか、やはり後悔するっていう気が少しすると思うこともあるし、「人間は完璧ではないなぁ」と実感させられたことが強いではないでしょうか。いつもお決まりのパターンで、今の結果論を「ああ、あの時に頑張ればよかったな」と思うことが多いです。


>多くのおとながそう思っているのにも関わらず、多くの子どもにその言葉は受け入れられていない、というのが現状であるように思います。

質問様が仰るとおり私もまさにその通りだと思います。今、12歳年下の弟がいますが、感受性豊かな時期において勉強や部活動を全くしていないので、私は兄として、やはり「勉強しなさい、部活動をしなさい、さもないと後悔するよ」と言っています。しかし、弟はそれに気づいていません。弟は私のような勉強をする姿勢はあまりないが、私もあの当時は親からその言葉を受け入れることは一切なかったし、親の言いたいことは全く理解できませんでした。弟も20代後半になると私と同じ運命になり、そこで初めてあの言葉を受け入れるかも知れません。皮肉なことに多くの人々は感受性がなくなり始めた頃、またはなくなった頃から、その言葉をやっと受け入れるのではないでしょうか。


私の場合は悔しい、負けない、褒められたをバネにして勉強を加速させたことも何度もあると思いますし、やはり"嫉妬心"より"喜び心"の方が勉強しやすいという糧になりやすいのは確かだと思います。それから、生徒や先生に限らず周りの人々は自分のやっていることを邪魔することが普通なのかも知れません。あの頃を思い出して本当に懐かしくて、これを書きたくなりました。ご回答になっていなかったら、本当にすみません。満足するご回答でなければポイントは結構です。


余談ですが、子どもに運転免許証を取らせないのは子どもの冒険心がありすぎるためだそうです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

悔しい、負けない、褒められたをバネに、ですね。


3 ● hkrhr1
●20ポイント

人よりは勉学に励んだとは思っていますが、苦手な分野は受験のため仕方なくやってましたね。好きな分野(数学、化学、生物)は、面白くてしかたなかったでしたね。何故?、と言われても答えようがないですね。

さて、質問の趣旨からははずれますが、若干言わせて下さい。

私は、そろそろ60歳になろうとしています。振り返ってみると、一番勉強したのは、23歳ころから35歳くらいです。高校時代や大学時代ではありません。これは、自分が好きだった事にもよるし、必要だった事にも寄ります。

言いたい事は、

<歳にかかわらず、必要だ、面白いと思った時にその勉強をすればいいのです。>

と言う事です。

やりたくない時は最小限にして置きましょう。面白い、必要だと思った時に勉強して下さい。

(なお、「何故好きか」との問いですが、彼女を好きになるのに理屈が要るのですか?。学問だってそうです。理由はありません。)

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

受験だから、ですね。


4 ● ken33jp
●1ポイント

勉強以外得意分野がなかったから。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

勉強以外得意分野がなかったから、ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ