人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

米国の刑法のwillful negligence についてお教えください。(どんなときに適用されるか?)

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:刑法 米国
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mikkineko
●60ポイント

willful negligence(≒gross negligence)とは日本でいう重過失に近い考え方ですが、どちらかというと、認識していながら他社の安全への権利を侵す行為をさします。

分かりやすい例でいうと、サイクリングコースで自転車貸しをしているお店の人が、ハンドルが壊れかけていて、乗ったら危険な状況になる可能性が大いにあるということを認識できたにも関わらず(例えば取れてブレーキが利かなくなるとか、曲がって前のめりに倒れるとか)、そのままレンタルに出し、その自転車を借りた人が怪我をした場合には、お店の人のgross negligenceが認められる、といったケースです。

Gross negligenceは、実際の損害賠償だけでなく、punitive damages(懲罰的な意味合いの追加賠償)も付加されるベースとなる場合も多いようです。

また、契約の保険/保証等の条項で「対象外」となる場合の一つとしてgross negligenceがあげられている場合も良く見ます。

Gross negligence

Failure to use even the slightest amount of care in a way that shows Recklessness or willful disregard for the safety of others.

http://www.expertlaw.com/library/personal_injury/negligence.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ