人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ネタはまだアルぞ、doriaso!!!
日本と日本人オカシイゾ!!!!!!特にテレビ朝日のバカ共は!!!!!!
今、日本でイッパシの知識人・ジャーナリストを気取ってるヤツが取る態度というのは、中国批判をして見せるコト!!!!!!今回の地震関連のニュースでも、肝心の被災現場の実情に関する報道というより、
「温家宝(首相)が陣頭指揮をトッテルのは、ドウセ内外向けの政治的ポーズに過ぎナイ」とか、ザマーミロ的論調での報道バカリ!!!!!!
コンナ奴らにかぎって、モシ今回のように温家宝がスグに現場入りでもシナケレバ、
「共産党幹部は、主席・首相以下イッタイ何をヤッテンダ!!!!!!地震で被災した一般人民のコトなどドウデモいいと思っているのか!!!???」と言ってたに違いナイ!!!!!!
要するにコイツラは、今の中国が何をやっても批判する奴らナンダ!!!!!!
日本が国家として形成される上でドレダケ・ドレホド多くの恩を中国から受けて来たか、オマエラは少しでも考えた事がアルカ!!!???一人で大きくナッタような顔をスルナ!!!!!!
忘恩の徒が辿る運命は、次に日本で起きるダイジシンで壊滅するしかナイ!!!!!!!

●質問者: Hafiz
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:doriaso シイ シナ ジャーナリスト タイ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

[1]テレ朝は、 doriaso

記者がチンコ出して捕まってる位の会社ですから。

いろいろ批判してるけどさ、結構給料も高いんだよねマスゴミは。

自分たちのことは、全然問題にしないけどね。

災害で苦しんでいる人を映して儲けてるんだから、

「同情するなら金をやれ!!」って感じですかね、師匠。


[2]どのような理由があろうとも toku4sr4agent

確かにここ数ヶ月間の中国の言動(チベット問題とか)を見ていると、

(温家宝さんが)すぐに現地へ赴いたのには政治的意図があると、

穿った見方をしてしまうのも致し方ないでしょう。


しかし、政治的意図があろうとなかろうと、

「すぐに行動を起こした」ということには変わりなく、

評価すべきだと思います。


がれきの下から助け出される感動的な場面を多く報道すること自体も、

ある意味、国民の士気を維持することに必要。

やはりあのような状態だからこそ少しでも希望が欲しいと思っている人は多いはず。

勿論助け出したものの既に亡くなっている人のほうが多いことを隠すことはよくないことですが。


少し時季は遅かったにせよ、日本からの人的支援も受け入れたことですし。

民間からの金銭的支援を受け入れることが明らかになったあかつきには、

はてなの災害救援金窓口を通して少しでも協力したいと思います。


[3]反省しなければいけませんね。 sayonarasankaku

こう報道したら受けるだろうとか、そういうことを考えずに、

災害でこれだけ困っているというところを伝えなければいけませんね。


わからないんですけど、正直オリンピックは大丈夫なんでしょうか?


[4]なんつーか kanopi

偏見入りまくり。

「もし、■■なら、●●と言っていたに決まっている」

というのは、論理的じゃないよ。

論理的じゃない意見は最強だ。

反論のしようもないので。


[5]>4 アリャ、オマエ、チンポ出して捕まったテレ朝の報道部員にソックリやん!!!???鏡 見た!? Hafiz

論理的でないと感じるのは、オマエの頭の中が論理的でナイから!!!!!!

ダイタイやね(懐かしい竹村健一口調で)、?シマクルなんて言葉を使うヤツは、アホしかオランよ!

!!!!!

偏見というのは、オマエが中国に対して抱いている感情のコトを言うんダ!!!!!!!!!!!!


[6]>3 視聴率がすべてというか・・・ javeling

マスコミにとって、利益になるような報道しかしませんからね。


[7]mododemonandato

報道にも愛が必要という事です。

そして質問者にはID:doriasoの愛が必要なのです。


[8]>6 価値観の押しつけ siztsb

国民がしっかりリテラシー持たないとメディアと付き合って行けない時代ですよね


[9]可能性のひとつではあるので sidewalk01

ま、それを報道すること事態はアリだと思いますよ。他の可能性を考える必要はあります。報道と恩とは関係ないと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ