人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自分の言ったことを忘れる上司がいます。上司と意見が対立した時、上司の意見が正しいと思わなくても言い争いになるのを避けて、上司の意見を採用します。
その後しばらくたって、上司は自分の過去の発言を忘れて、自分の過去の意見を否定します。そればかりか部下の私を責めるのです。
このような上司にどう対応したらよいのでしょうか?

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:上司 対応 意見 採用 過去
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● tonton15
●16ポイント

言った言わないの争いになるとどうしようもありません。

その上司とはできるだけメールのように文書でやり取りをして、言質をとるようにされてはいかがでしょう。

http://q.hatena.ne.jp/1211098097


2 ● The_Perfect_Winning
●16ポイント

自分の言ったことを忘れる・・・とはボケがきている証拠です。

いくら頭が良くてあがめられた人も、こうなるとおしまいですな。


http://homepage3.nifty.com/MYKAIGO/tisiki(3).htm

http://www.lares.dti.ne.jp/~nobutan/uuum/baka.html


3 ● ksh
●16ポイント

自分の意図と違う仕事を上長命令で行うなら、やはり文章による記録が必要でしょう。

・案件の概要

・自分の意見

・上司の指示(指示日)

可能であれば上記に「内容に相違ない旨に同意する」旨、サインをもらわないと

指示に従えない、と宣言してしまえばいいと思います。

人間関係うんぬんあるかもしれませんが、現状のままでは質問者さんが厳しいでしょう。

ならダメ元でやってみたほうがいいんじゃないでしょうか。

http://q.hatena.ne.jp/1211098097


4 ● pahoo
●16ポイント

その後しばらくたって、上司は自分の過去の発言を忘れて、自分の過去の意見を否定します。

よくある話です。

とはいえ、私が kzmmtsd さんの同僚だったら、その上司の意見を呑んだ時点で、上司の意見が kzmmtsd さんに引き継がれたと見なします。厳しいようですが、これがビジネス・ルールです。

もし私が kzmmtsd さんの立場だったら、上司の意見が正しくないと感じた時点で、徹底的に議論します。


さまざまな情報がネットで簡単に手に入る現代においては、あらゆる面で上司が部下より優れているということはあり得ません。部下の方が優れている領域や、部下の判断の方が正しい場面もあるはずです。でも、上司は往々にして、その事実に気づいていません。

部下を育てるのが上司なら、部下もまた上司を育てる責任があると思うのです。


参考サイト


5 ● memo77
●16ポイント

まあ普通にいますね。


そういう人はまったく悪気が無いので、言い争うだけ無駄です。

忘れたくて忘れているわけでも、故意に知らないふりをしているわけでもないでしょう。

その人の中では、自分が間違ったことをするわけはなく、それが「本当」なのです。



私は決定事項は必ず文書化して、上司との間ではなく、組織的に共通認識にするようにしています。


経過ごとにきちんとマイルストーンをつくり、上司に報告し、意見交換し、相手の意見を短くまとめ、

「○○という意図で、××を進めればよろしいですね?」と言質をとってから、

「○○のために××を進めるという指示を▲▲より受けましたので、その方向で進めます」というメールを

関連する相手全てに送ります。



これをきめ細かくやることで、上司に「自分の意見」を形として見せ、忘れないようにしてあげることができます。

上司と対決するのではなく、上司をサポートしましょう。


もちろん上司の「誤った指示」に従ってはいけません。

常に上司以上に的確な判断をし、上司が「正しい判断」をして、誇りをもって仕事ができるようにしましょう。

資料を揃え、議論を誘導し、上司の認識を補正するのもあなたの仕事です。


http://www31.atwiki.jp/memo77/


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ