人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近デジタルカメラを買いました(RICOH Caplio R7です)。
今まではインスタントで旅行などのイベントときにぱちぱち取るだけだったのですが、
外に出る趣味を持ちたいと思いまして、写真撮影自体を趣味として楽しみたいなと思っています。

そこで、写真が好きになるような本、写真関係の名著を教えていただければと思います。
撮影テクニックや、哲学、何でもかまいません。ただ、いわゆる写真集はできれば除いてください。
文庫本だとさらにうれしいです。

●質問者: discodevil
●カテゴリ:趣味・スポーツ 書籍・音楽・映画
✍キーワード:Caplio ricoh イベント インスタント デジタルカメラ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● masaboz
●20ポイント

写真が好きになるような本をお答えさせていただきます。

『工場萌え』が有名です。工場の夜景は巨人の内臓が剥きだしたように美しいものです。人工物でもこんなに美しいものはないと思います。私もこれで写真が好きになりました。ちょっとしたベストセラーになったという意味では名著になったかも知れません。


撮影者のブログ

http://d.hatena.ne.jp/wami/

写真集っぽいですが、撮影者の出した本であり、撮影スポットにも書かれています。

工場萌え

工場萌え

  • 作者: 大山 顕
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • メディア: 単行本


撮影のテクニックなら一応紹介しておきます。

標準デジカメ撮影講座

標準デジカメ撮影講座

  • 作者: 久門 易
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

とかですが、単なる撮影のテクニックならalaboutのプロが伝授するサイトでも良いではないでしょうか。

http://allabout.co.jp/interest/photograph/

◎質問者からの返答

早速の回答ありがとうございます。

>工場萌え

あ、これは立ち読みしたことあります。いいですよね、夜の工場とか・・

all aboutやメーカーのデジカメ講座もいいんですが、Web検索したりノイズが多くて疲れるので、本が欲しいな、と思って質問したしだいであります。


2 ● taikman
●20ポイント

こんにちわ!!

[哲学]

こんな本はいかがでしょうか?

哲学的な事を結構書いてあります。

デジタルカメラの良さ、アナログカメラの良さが、

解る一冊だと思います。

カラー版 カメラは知的な遊びなのだ。 (アスキー新書 51)

カラー版 カメラは知的な遊びなのだ。 (アスキー新書 51)

  • 作者: 田中 長徳
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • メディア: 新書


[技術]

技術的には最近購入したのですが、

新しい本で以下の本がおすすめです。

基本的な事から、ちょっとした応用まで書いてあるのですが、

技術的な事だけでなく、気持ち面でも教えてくれるいい本です。

写真がもっと好きになる。 菅原一剛の写真ワークショップ。

写真がもっと好きになる。 菅原一剛の写真ワークショップ。

  • 作者: 菅原 一剛
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • メディア: 単行本

後、デジカメのデータを保存したり公開したり、

FLICKR http://www.flickr.com/groups/51035577168@N01/

フォトログ http://fotologue.jp/

をうまく活用されるともっと写真が楽しくなるかと思います。

自分も趣味で写真を撮ったりするのですが、

基本的な事を学んだら、

後はあちこち旅行しながら、

自分のスタイルを探しながら、

とにかく写真を撮るのを楽しまれる事がおすすめです。

新しいカメラうらやましいです。

楽しんでください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます、こういう本を読みたいなと思ってました。


3 ● mario2004
●15ポイント

雑誌「サライ」の前号がいいですね。これで、わたしは、土門拳の写真集を図書館から借りて見ています。

http://blog.serai.jp/contents/backnumber/2008112/200810.html

もう一冊は、「土門拳の伝えたかった日本」写真もいいけど、寄稿している人たちの文章がいいんです。

撮られる側のひとの気持ちも伝わってきます。

わたしは、いま、コンパクトデジタルカメラから、デジタル一眼に変えようかと思っているほどです。

◎質問者からの返答

お、これもよさそうですね。


4 ● maxthedog
●25ポイント

写真家以外の人が書いた写真論をあげてみます。

なぜなら、写真の世界にいる人が書いたものだとその外にいる人のとの間に感覚の差があるかも知れないからです。

紹介したものは写真論の名著に入るなると思います。

写真の時代 (筑摩叢書)

写真の時代 (筑摩叢書)

  • 作者: 富岡 多恵子
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 単行本

明るい部屋―写真についての覚書

明るい部屋―写真についての覚書

  • 作者: ロラン バルト
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • メディア: 単行本

写真論

写真論

  • 作者: スーザン・ソンタグ
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • メディア: 単行本

もし、写真の世界にいる人が書いたものにも興味があるようでしたら、作家論でコンパクトにまとまって読みやすく入って行きやすい以下はどうでしょうか。示唆に富んでいると思います。

荒木!「天才」アラーキーの軌跡 (小学館文庫)

荒木!「天才」アラーキーの軌跡 (小学館文庫)

  • 作者: 飯沢 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 文庫

◎質問者からの返答

ありがとうございます。どれもおもしろそうです。


5 ● knockeye
●30ポイント ベストアンサー

赤瀬川 原平の一連のカメラ本が、お探しの「写真が好きになる」本ではないかと思います。

中古カメラの愉しみ―金属人類学入門 (知恵の森文庫)

中古カメラの愉しみ―金属人類学入門 (知恵の森文庫)

  • 作者: 赤瀬川 原平
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • メディア: 文庫

ライカ同盟 (ちくま文庫)

ライカ同盟 (ちくま文庫)

  • 作者: 赤瀬川 原平
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

上記の二冊は、私すでに読んでおりますので、自身を持ってお勧めします。

アマゾンを渉猟しておりますと、

老人とカメラ―散歩の愉しみ (ちくま文庫)

老人とカメラ―散歩の愉しみ (ちくま文庫)

  • 作者: 赤瀬川 原平
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

とかも面白そうですね。

もちろん、

路上観察学入門 (ちくま文庫)

路上観察学入門 (ちくま文庫)

  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

これなどは、ある意味、「写真関係の名著」かもしれません。

◎質問者からの返答

ああ、全部文庫本を選んでくださったんですね、ありがとうございます。

どれもおもしろそうです。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ