人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

メディアが青少年(おもに子供)に与える影響についての
ご存知であれば研究のオリジナルソースを教えてください。


以前、竹村健一氏が報道2001で

「 テレビメディアが子供に与える影響は、
その内容がどれだけ(セサミ・ストリートなど)教育的、道徳的なコンテンツであるかは一切関係なく、
その視聴覚的形態だけが問題である。
(テレビメディアはその意味で「悪い影響」を与える 」

と、話していた研究についてです。


●質問者: tak
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:けが オリジナル コンテンツ ストリート ソース
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● あひる
●1ポイント

Internetというメディアは、子ども(小学生)に対して無制限に無料オンラインゲームを提供します。それに嵌った子どもは家に帰ってから夜中までパソコンと向き合ってゲームをしています。今のところ、うちの子のパソコンの悪い利用はその程度にとどまっています。しかし、上の子が今年から中学に入学し、現在は事情があってパソコンにさわれない環境にいるのですが、これが今まで通りだとしたら、そろそろHサイトに興味を持つのではないだろうかと心配しています。年齢認証を信じてくれればそれでいいんだけど、友だちというのは平気で悪いことを教えるものですからね。

また、知らず知らずのうちに有料出会い系サイトになんて嵌ってしまったら、家庭は一気に破産し崩壊します。もちろんこれは子どもの責任ではありませんが。

今のInternetメディア社会は、そんなことが冗談抜きで起こりうる世界でもあります。パソコン買ってあげて、はい使いなさい、なんて甘いこと考えてると、子どもはビックリするほど多くのことを勝手に学んでしまいます。よい方の実例として、むすこは勝手に作曲を可能にするフリーソフトをダウンロードして、音感を頼りに作曲し、それをピアノで弾いたりしています。私はこれに関しては、一切口出しをしていません。すべて小学校5年生が自分一人でやってのけたことです。私はパソコンの使い方に関しても、ほとんど何も教えたことはありません。ただ、小学校低学年の頃から学研の学習教材をやらせていたというのはありますが。

◎質問者からの返答

全く回答としての情報を与えません。


メディアのコンテンツがどんなものであるかとは一切独立に、

(視聴覚的分類による)メディアが与える影響の体系的研究のオリジナルソースです。


2 ● あひる
●1ポイント

大変申し訳ありませんでした。

dummy URL : http://www.google.co.jp/


3 ● maris3
●78ポイント

ひところ言われた「ゲーム脳」という説は、最近では「偽科学」だと言われているようですが、

小児科医の立場から、あまり小さいうちからテレビを長時間見ると、言葉に遅れなどが出ることがある、ということで、提言がされているようです。

http://homepage3.nifty.com/gungungun/sub74.htm

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20040511sw81.htm


以前から、

シュタイナー教育では、7歳まではテレビを見せない方が良いとしているようですし、

そういう本もあるみたいですね。

子どもの心と脳が危ない!―テレビを消そう、ゲームをやめよう! (「自然流とシュタイナー」子育て・幼児教育シリーズ)

子どもの心と脳が危ない!―テレビを消そう、ゲームをやめよう! (「自然流とシュタイナー」子育て・幼児教育シリーズ)

  • 作者: パン・クリエイティブ
  • 出版社/メーカー: ほんの木
  • メディア: 単行本


↓こちらのサイトの最後に、参考資料リストがありました。

http://www.snh.go.jp/Subject/07/pediatrics.html

◎質問者からの返答

概ね、求めていた情報でした。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ