人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

北米の企業でのクリエイターの転職について。

ゲーム会社と映画制作会社の間でのクリエイター(CGプログラマ等)の転職って、どの程度ありますか?
また、この2業種間での転職を有利にするスキルがあれば、教えて下さい。

●質問者: DK4R
●カテゴリ:就職・転職 ゲーム
✍キーワード:クリエイター ゲーム スキル プログラマ 企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● ryoking
●60ポイント

北米に限らず、ですが、欧米での転職というカテゴライズとしてお答えいたします。

現地ではCGプログラマを映画制作会社が抱えていることは意外に稀で、アウトソーシング、もしくは一作品ごとの契約社員にしていることが普通です。

ただ、外注される側の会社にはゲーム会社出身者もいますが、「ゲーム会社出身だから」という理由で雇用されているわけではなく、

スペシャリティを持った人間として雇用されていることが通常です。

海外の労働市場は日本よりももっと転職に対してオープン、言い方を変えれば節操がなく、個々人々のスキルとコミュニケーション能力があれば、なんとでもなるものです。

逆の言い方をすれば、スキル・スペシャリティの無い人間はジョブホッピングが難しいともいえます。

もし、ご質問者の方がゲーム会社から映画関連の製作会社に転職を希望であれば、それに沿った形のスキルを伸ばし、それを形にすることが近道となります。

言い方は悪いかもしれませんが、日本の労働市場で重宝される平均的になんでもできるスタッフは必要とされないことが往々にしてあります。

マルチポータビリティよりもスペシャリティが重要となります。

余談ですが、英語以外の言語をしゃべれることも、スペシャリティの一つとなりますので、そちらもあわせて習得していくとよろしいかと…

◎質問者からの返答

ゲームとCGの先進国というとアメリカが思い浮かぶのですが、英語以外だと、何語ができると重宝されるんでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ