人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【PHP・メール処理】Mail System Error - Returned Mail回避方法について。
--------------
「間違った文字列@ドメイン」宛に送信されたメールに対して、適切な文字列@ドメインを返すプログラムを作っています。

例)
正しいアカウントが「arigato@hatena.jp」の場合、
「arigatou@hatena.jp」や「ariato@hatena.jp」など色々間違えて送られる可能性が考えられます。
その際、Mail System Errorが自動で返されますが、何とか、こちらで処理を行うことは出来ないのでしょうか。

.mailfilterを弄ればうまくいきそうな感じはしますが、解決できていません。

上記の内容について解決するための手順が分かる方がいればご回答お願いします。
また、そもそも解決が無理な場合、何故無理なのか教えていただけると有り難いです。

p.s.
間違えそうなアカウントを予め作っておくなど煩わしい回答は求めておりません。

●質問者: fashion0208
●カテゴリ:コンピュータ ウェブ制作
✍キーワード:.jp ARIGATO Hatena P.S. PHP
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● t_shiono
●60ポイント

Mailfilterでは期待の動作を行なうのは難しいかと思います。

というのは、Mailfilterは基本的には配信後に処理されていると思われます。

存在しないアカウントに対してメールが来た場合には、配信する前にエラーメールを返してしまうと思います。

foo宛てのメールを受信した際に、fooがbarのエイリアスである、あるいは、fooというアカウントが存在すれば、fooへ配信を行ないます。その際に、.mailfilterのルールに従って処理が行なわれます。ところが、fooがbarのエイリアスでも、fooというアカウントも存在しなければ、その時点でエラーメッセージを返信してしまうはずです。ちょっと考えて頂ければ、分かると思いますが、あて先が不明のメールに対して、どの.mailfilterを適用すればよいかは、サーバは分からないですよね。


さて、ご期待の動作をさせたいのであれば、エイリアスを作成するのが一番簡単だとは思いますが、それ以外で対処したいとなると、SMTPサーバごとに対策が変わってくるかと思います。


例えばですが、Postfixであれば、コンテンツフィルタを作成することで対処ができるのではないかなと思います。

参考:

http://www.postfix-jp.info/trans-2.2/jhtml/FILTER_README.html

◎質問者からの返答

レンタルサーバー(さくらインターネット)では、.forwardと.aliasesが使えないようです。

.mailfilterでもご指摘の通りの結果になりました。

一度、さくらインターネットのSMTPサーバについて調べてみます。

ご回答有り難う御座います!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ