人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

賃貸を借りている人が、不動産屋の反感
を買い不利益をこうむるケースを教えてください。

最近アパートを借りましたが
不動産会社に対し

指示を貰った後になぜそうしなきゃいけないの
と理由を聞いているのですが、これが原因でスタッフが怒り出してしまいます(罵声が出ました)。
Case1:「やってください。」「それは解りました。でもなぜですか」「(怒る)」
Case2:「やってください。」「それは解りました。でもこういう場合はどうでしょう」「(怒る)」

確かにわずらわしいかもしれないですが、
サービスの供給者には説明義務があると思っているので心外です。
苦情を言うと「解約していただいても結構ですよ」との対応で困っているのですが、
今後のことを考えるとうまく付き合っていかなくてはいけないような
気もします。
そこで不動産屋との付き合いのモチベーションをあげるためにも
不動産屋の反感を買うと大変だよ!
という一例を教えていただきたくよろしくお願いします。

※どういう問題が起こるかだけでもかまいませんが、
それにどう対応したかもコメントいただけると
ポイントあっぷです。



●質問者: harunoharuno
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:あっぷ どうでしょう アパート コメント サービス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● star-platinum_001
●23ポイント

たとえば

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2008916.html

のように、費用を多く徴収されるかもしれません。

(あとは、リフォーム代を多く見積もって敷金を返さないとか)

対策としては、契約書の記載事項を元に交渉するか、あまりに悪質な場合は相談センターに相談するのが一番かと思います。


2 ● aqua-marine
●50ポイント

以前住んでいたマンションの隣人Aさんのことですが、

地元の不動産屋に礼金をタダにするよう大家さんへの交渉をかなり無理強いして入居しました。

2ヶ月分が1ヶ月分になったそうですが、横柄な態度で不動産屋さんには嫌われてしまいました。


1年半位経った頃、マンションの水道管のトラブルが原因でキッチンのシンク下から床にかけて水がしみ出し、

床の張替えが必要な事態が起こりました。

我が家が不動産屋さんに相談に行ったところ大家さんが全額負担で直してくれることになりました。

ところが隣人Aさんも同様のケースだったにも関わらず、

不動産屋さんにこういう場合には大家さんと居住者との折半です、と費用の半額を請求されました。

近所同士で話していたら他の人も自己負担なく修繕してもらったとのこと。

我が家も含めて皆その時に不動産屋さんにAさんにだけはそのことを内緒にしておくように、そう口止めされていました。


近所づきあいのないAさんにあえて伝える人はいなかったので、本人はご存知なかったと思います。

やはり好かれはしなくても嫌われない方が得策なのだと感じた一件でした。

ダミーです→http://q.hatena.ne.jp/1212129703


3 ● ftns
●22ポイント

大家としての意見ですが、不動産屋が気に入らなければすぐに別の不動産屋に行っても

かまいません。なぜなら、大家としても一日も早く入居してくれないと困るので、複数

の不動産屋に依頼を出すのが当たり前だからです。


不動産屋にあまり無理を言うのは他の方がおっしゃる通り止めた方が良いでしょう。

今回のケースでは余程おかしな不動産屋に当たったようですから、契約しない方が

良いと思います。

---

以下は余白です。

http://example.com/


4 ● marimari25
●40ポイント

まず、質問者さんが不動産会社に対してどんなことを訊いているんですか?

そこ「も」知りたいですw

さてと?どういう問題が起こるのか・・・

そうですね皆さんが書かれているように他の入居者と比べ

「ありとあらゆる点で差別(えこひいき)される!」

具体的に言いますと

・一度でも家賃を滞納すると二回目からは猶予を与えてくれなくなる

・クレームの対応が遅くなったり横柄になったりされる

挙げればキリが無いですが一言でいうならば、

「質問者さんが困った時に”何もしてくれない可能性がある!”」

という一言に尽きるのではないでしょか?

だって相手も人間。不動産会社の人だって”相手”によって変わりますよ?

こんな感じかな?

http://akutoku.seesaa.net/

◎質問者からの返答

概要は以下のようなシーケンスです。

Case1:

不動産「入居者の保険はこうなっています

(家の補修、物損保障のみ説明)」

「解りました。でも家主の保険と入居者の

保険の違いはどこにあるのか?よく解りません

(ガラスが割れたとかのケースは大家さんの保険でカバーするのでは?)。

また、たいしたものは持っていないし

物損に対しては特に気にするほどでもないので

入る必要性が理解できません。」

不動産(家の補修、物損保障のみ説明のリピート)

入居者「わかりません」

不動産「怒る」

Case2:

不動産「借主が勤務している会社となっているので今後は

勤務している会社を通じて連絡するようにしてください(払っているのは入居者、会社は補助支給)」

入居者「それは、全てについてですか?

トラブル日常的なものも含めて全てですか、できたら

日常的なものについては御社に伺いたいのですが、、」

不動産「トラブルについてです。(後で別の担当者からクレームは・・・という内容を聞く)」

(話し方が悪く説明のところどころで相談する窓口の切り口が揺らぐため

再度、再々度確認)

入居者「私も勤務している会社の構成員ですが、私から直の対応はできないのでしょうか」

不動産 「説明できず、ああもううるせーな!」

入居者「客に対する態度ですか?」

不動産「すいません。でもあなたこそ

一度解りましたといいつつ、でも

とかいい聞き直す姿勢が失礼じゃないですか」

対応がひどいと代表にクレームいれたら

「今めしくってんだ!またにしてくれ」

といわれました。

私の場合、お客様だからこのくらいサービスを受けたい!という

意識が強すぎるから相手を怒らせるのかもしれません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ