人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

キリンの氷結等の缶の菱形のへこみの装飾を、どうやってつけているのか教えてください。
画像等で解説しているサイトがありましたら教えてください。

●質問者: kanigasuki
●カテゴリ:グルメ・料理 芸術・文化・歴史
✍キーワード:キリン サイト 氷結 画像
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● tedmans
●19ポイント

http://www.i-mezzo.net/log/2008/02/03230700.html

http://www.toyo-seikan.co.jp/technique/tulc.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

あの模様はダイヤカットというのですね。

軽量化と強度UPができるという事がわかり、少し満たされましたが、

それをいったいどのようにつけているのかが知りたいです。


2 ● tak
●27ポイント ベストアンサー

吉村パターン

が原型そうです

http://4ki4.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_9f37.html

この様にプレスでつくるというのは、

何か納得いかない気がしますが...

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

こんな発想はありませんでした。

これだと1週したところのつなぎ目がずれそうですが、

きっと緻密な計算がされているのでしょう。


3 ● tedmans
●34ポイント

あの菱形の模様は金型で付けてます


http://eco.goo.ne.jp/business/keiei/keyperson/47-3.html

──話をタルク缶全体に戻しますと、この容器はいいことづくめのようですが、問題点はありませんか。

いちばんの問題点は、当社でしかつくれないということでしょうね。飲料メーカーさんにとっては、容器の調達先を特定の一社に限定してしまうリスクは小さくない。複数の容器メーカーを競い合わせることで品質の向上やコストダウンを図りたいとお考えになる。ですから、同じ飲料が地区によって別の容器メーカーの容器で売られているということにもなっていまして、そのぶん、タルクの普及率もおのずと限定されるというわけです。別に競合他社さんにはつくらせないようにしているわけではないんですがね。


http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=00116...

「缶の断面を多角形にすることでミウラ折りを缶に刻むのですが、ハイスピードを維持しながら加工できる金型設計、機械設計がシステムのポイントでした」

1990年にラボで試作加工機を開発しシステム検証を行った。そこで量産可能という結論が得られたため、缶コーヒー向けに初めてミウラ折りを取り入れた缶を出荷した。

http://images.autodesk.com/apac_japan_main/files/Keio-daigaku_mo...

http://www.cm.hit-u.ac.jp/coe/seika/WP/HJBS_WP_006.pdf

http://www.iir.hit-u.ac.jp/iir-w3/file/CASE04-12Toyoseikan.pdf

http://aerospacebiz.jaxa.jp/impre/impre008_j.html

http://www.isas.ac.jp/ISASnews/No.258/shochu.html

◎質問者からの返答

いろんな資料まで教えてもらい、ありがとうございます!

普段何気なく見ている缶も、すごい技術が盛り込まれているのですね。

すごく満たされました。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ