人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ビジネス特許に対して上場企業はどのように対応しているものでしょうか。ひとつひとつのアイデアにビジネス特許をとるようなことをしているものなのでしょうか

●質問者: surippa20
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:ひとつ アイデア ビジネス 上場企業 対応
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● star-platinum_001
●23ポイント

http://www.google.co.jp/

URLはダミーです。

企業によってまちまちだとは思いますが、1件1件とはいかなくても、すべてを網羅できるように

(利権で固められるように)出願している企業はあります。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます(簡易的なご返事で失礼いたします)


2 ● kappagold
●23ポイント

特許の成立要件に、発明の単一性と言うものがあります。

http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_tokkyo/shinsa/tanitu_youken.htm

http://www.smbc-consulting.co.jp/company/solution/business/busin...


>ひとつひとつのアイデアにビジネス特許をとるようなことをしているものなのでしょうか


特許を取るべきアイディアかどうか検討をまず行ないます。

それから、全く異なるアイディアであれば、一つ一つ別の発明として特許をとります。

アイディアがお互いに関係していて、複数のアイディアを一つの特許に入れても単一性の要件を満たしていると考えられる場合、費用軽減のため、複数のアイディアを一つの特許に入れて特許をとります。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます(簡易的なご返事で失礼いたします)


3 ● tokugan
●34ポイント

上場企業と言っても、業種によって全然考え方が違いますので、一概に言えませんが。

例えば、金融等のサービス業では多く出願されていますが、それでも一つ一つのアイデアに対して出願するといった方法ではないです。全体的に、一時期のビジネス特許ブームと比較して、現在は少なくなっております。

そもそも、特許は「技術的なもの」ですので、「アイデア」を保護するわけではありません。

一般的に、ビジネス特許と言われているものは、ソフトウェア関連発明と呼ばれており、簡単に言いますと「ビジネスの仕組みをコンピュータを利用して実現している発明」となります。

参考→ビジネス方法の特許について

◎質問者からの返答

大変参考になりました。ご回答ありがとうございました。(簡易的なご返事で失礼いたします)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ