人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マンガの一場面なのですが、「どこかの星でとても発達した文明で、人はフラスコのような容器の中で培養液に浸かっていて、栄養とか酸素とかみんな自動供給されて、幸せな夢を見てずっと一生寝ている。起きない。非常事態があって目覚めると、不幸な世の中と貧しい自分の肉体に絶望して、すぐに夢の中に戻ろうとする、、、」なんというマンガの何巻目か知りたいのです。
萩尾望都の「百億の昼と千億の夜」に似たような場面があるのですが、(ゼンゼンシティー)、これとは違うんです。

●質問者: sowaka63
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:フラスコ マンガ 一場 供給 培養
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● hakob
●35ポイント

藤子・F・不二雄の「モジャ公」という作品にそんなシーンがあったような気がする・・・・。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~s_raiden/heiki/heiki4.htm

ちょっと違うかもしれません。あるとしたら2巻目。

また、漫画ではないのですが往時のSFにはそういった「脳だけを満足させた仮想世界」がたくさん出てきます。昨今だとマトリックスに代表される世界観というか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。早速購入してみました。届き次第確認します。

神様?が、実験で作った人形生物の文化進化形態がいくつもあって、その一形態だったような気がします。

追記:間違えて、VHSを取り寄せてしまいました。(泣)VHSデッキなんて持ってないし。

改めて本を購入しようと調べてみると、「モジャ公」プレミヤがついているのか、1冊2000円以上するようです。解答していただいておいて、申し訳ないのですが、ちょっとそこまでお金をかける気がしないので、確認断念します。お手数おかけしました。


2 ● sato_2008
●35ポイント

http://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000115

たしか・・・

石森章太郎の「リュウの道」にそのようなシーンがあったと思います。

コミックが今どこかに眠っているので探しだせませんが、

持っている方に確認してください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。早速購入してみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ