人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

野口悠紀夫が講演の中で、一人当たり国民所得において
『一九九三年にシンガポールはイギリスを抜いた。つまり、かつての植民地が本国よりも豊かになったわけです。それだけではありませんで、シンガポールは一九九五年にはアメリカを抜きました。一九九六年には実は日本も抜いてしまった』
と述べていたようです。
http://www.noguchi.co.jp/else/lecture/lecture1.html


そりゃ凄い、と思ってソースを探しているのですが、見つかりません。
厳密でなくてもいいので、何か裏取りできるもの、あるいはこれを否定するものを教えて下さい。
もし間違っているのだとすれば、随分お粗末だと思うのですが、高名な学者がなぜこのような初歩的なミスをしたのでしょうか?


●質問者: jun
●カテゴリ:学習・教育 経済・金融・保険
✍キーワード:アメリカ イギリス シンガポール ソース ミス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●60ポイント

http://siteresources.worldbank.org/DATASTATISTICS/Resources/GNIP...

これは2006年のデータですが、右の「購買力平価による一人当たり国民所得」でみれば、確かにシンガポールはイギリスや日本を抜いてアメリカに迫る勢いですね。

◎質問者からの返答

なるほど「購買力平価による」という前提がつくんですね。

随分ひどいケアレスミスだなあ・・・。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ