人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カツ丼や親子丼にはタマネギを入れることが多くあると思うのですが、
何故入れるのでしょうか?

個人の感想や意見ではなく、きちんとした記事ベースでの説明があれば教えてください。

個人的には甘みが出るからと読んでいるのですが。

●質問者: shika11
●カテゴリ:グルメ・料理 科学・統計資料
✍キーワード:カツ丼 タマネギ ベース 意見 感想
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● masanobuyo
●19ポイント

入れなくても成り立つはずなのになぜ料理にやたらとタマネギを入れるのだろうと

思いますが,「肉や卵の臭みを消す」ため,タマネギを入れるそうです。


http://209.85.175.104/search?q=cache:ZtMJ1Rw9waEJ:komachi.yomiur...


2 ● cosmoskoji
●19ポイント

カツ丼のタマネギには、カツ丼の普及過程が関わっているという説があります。

http://homepage3.nifty.com/k-nikata/essay/katudon1.htmlより

ここにカツ丼普及のもう一つの原因が想像される。「蕎麦屋」の存在である。

江戸時代からの外食産業として、当時から蕎麦屋はあちこちに存在した。蕎麦屋がカツ丼を供するようになった時期は定かではないが、この蕎麦屋の存在は現在の普及に大きく貢献している。蕎麦屋はその主力メニューとして「天麩羅蕎麦」ないしは「天ざる」を当時からもっていた。すなわち揚げ物をつくる基本的な条件はすでにそろっており、すでに天丼などはメニューとして存在したと考えられる。またカツ丼の主要な構成要素は他に卵・タマネギ(あるいはネギ)・だしという蕎麦らならまず常備する食材である。この蕎麦屋が、同様に作ることの出来るトンカツに興味を示さないはずはなかったであろうと推測される。

かくしてカツ丼は、急速に蕎麦屋のサイドメニューとしてその献立に1行をおき、どこの町内においても食することの出来るものとして普及したと筆者は考える。


3 ● tak
●18ポイント

カツ丼の歴史

カツ丼の歴史は100年もありません。

カツ丼学概論 第1講 「カツ丼の歴史とその展開」

江戸時代からの外食産業として、当時から蕎麦屋はあちこちに存在した。蕎麦屋がカツ丼を供するようになった時期は定かではないが、この蕎麦屋の存在は現在の普及に大きく貢献している。蕎麦屋はその主力メニューとして「天麩羅蕎麦」ないしは「天ざる」を当時からもっていた。すなわち揚げ物をつくる基本的な条件はすでにそろっており、すでに天丼などはメニューとして存在したと考えられる。またカツ丼の主要な構成要素は他に卵・タマネギ(あるいはネギ)・だしという蕎麦らならまず常備する食材である。この蕎麦屋が、同様に作ることの出来るトンカツに興味を示さないはずはなかったであろうと推測される。

蕎麦屋で用意できる食材であったから?

という説です。


4 ● some1
●18ポイント

タマネギの酵素は肉を柔らかくするので

http://www.tanbo-kubota.co.jp/netcom/tie/s-28.html


5 ● harumi2
●18ポイント

http://www.k-salad.com/food/dish/013.shtml

玉ねぎは旨味成分のグルタミン酸を多く含み、細胞膜が薄いので味がよくなじみます。脇役の玉ねぎがあるからこそ、親子丼やかつ丼のおいしさが引き立つのです。玉ねぎには「オリゴ糖」も含まれていますので、腸内のビフィズス菌をはじめとする善玉菌の働きを助けて、腸の調子も整えてくれます。玉ねぎの変わりにキャベツでもいいかなと思い作ってみましたが 玉ねぎのほうが甘味がでておいしいですし、栄養のバランスもいいですね。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ