人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

石油高騰を利用して、アメリカで穀物から燃料を作る事を大々的に行って利益を追求、そのために家畜などの飼料が不足、牛乳などの乳製品が値上がりして来ていると聞き、「もったいない使い方をして」と感じた訳ですが、日本も随分エネルギーの無駄遣いをしていると思います。
もう、誰でも認識している流通業界の食料や資源の廃棄問題。言うなれば、「金を使ってゴミを作る」事をしているわけですが、無駄遣いは全ての業界で常識化している日本の現状を見る事ができます。
前置きはこの辺にして、エネルギー・資源として、放置されている木材や竹を何故もっと有効につかえないのでしょう。例えば山を間伐して、木材として利用できないような材でも炭にすれば燃料として利用できるでしょう。特に砂漠化に苦しむ国への無償の輸出などは地球温暖化防止に役立つとおもいます。(木材は腐ればCO2を出す)まぁお金が必要なだけ使える立場なら私は迷わずそう言う事業をしますが。この事業案に限らずどう思います。

●質問者: yamadakouzi
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:お金 もったいない アメリカ エネルギー ゴミ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 37/37件

▽最新の回答へ

[1]答えは簡単 miharaseihyou

その方が省エネだから。

エネルギーにしても物資にしても集中して効果的に利用されてこそ生産性が上がる。

そうしなければ、より多くのエネルギーや資源が必要になってくる。

捨てるという行為だけを見ると無駄に見えるけれど、産業廃棄物のリサイクルなどとは違って、全ての物資とエネルギーを再利用する場合、バリエーションもありすぎるし、有効利用しようとしても各個対応になってしまう。

そのためのシステム構築、維持管理や個別の対応は省エネとは程遠い。

つまり現状の個人や企業がまとまった形で提供した資源を有効利用するリサイクルが精一杯。

生産を減らす、経済を縮小する=多くの会社が消滅する>と言った形での省エネが必要な時代になってきている。

実はそれが一番省エネで温暖化対策にもなる。

ただし、それは地球全土で行った場合であり、省エネした分は人口が減るだろう。

日本のように集中投資されて管理が行き届いた、生産性の高い地域は、逆に返って生産を増加する方が地球全体としては省エネになる。

しかし、先進国の人口は先行して減少しつつある。まるで経済の縮小を先取りするかのようだ。

環境限界も既に突破してしまったように感じる。

はらを括った方がいい時代になると思う。


[2]予算の問題 macinmac

間伐にはお金がかかるんです。


[3]モノが移動するっていうのは結構エネルギーを使うのでは? a2gi

具体的にどうかはわからないけどその大量の燃料を運ぶだけでも燃料を消費するわけで

バランスがとれるのでしょうか?

(より効率の良いものを送ったほうが良い?)

エコの基本は無駄遣いをやめて、何もしないだと思います。


[4]廃材や間伐材からバイオ燃料を yopon

という取り組みはやってます。稲藁とか。まだ生産効率が低いようですが。


[5]>3 少なくとも化石燃料の代わりが必要 offpeak

現状は省エネのために新たに何かしようとすると必ず化石燃料が余分に利用されることになってくるので結果的に省エネや省資源になってませんね。

経済を停滞(給料が減って物価が上がって生活水準が下がる)してもいいならいくらでも省エネはできるんだと思います。


[6]もったいない精神の発動。 sorawotobu

もったいないっていう気持ちがお金に向かって働いてますからね。物凄い技術で効率がよくならない限り無理でしょう。


[7]コストと利益と sidewalk01

国などの補助がないと難しいでしょうね。儲かることであれば既に企業が手をつけているでしょうから。


[8]>4 これはとても良いですね。 sidewalk01

小麦など殻でも精製可能であれば全世界で使えますね。


[9]>5 生活を顧みない省エネは sidewalk01

続かないでしょうね。


[10]そりゃそうなんですが・・・ to-ching

石油は何も無いわけではないです。石油を食い物にしている(マネーゲーム)制度をやめさせればいいわけでしょう?逸れこそ、国家権力を使うのです。


[11]>7 そうです junti

企業がやるためには、採算が合わなくてはなりません。

間伐には公的な補助金が出るようですが、無償で輸出するには

その外に、伐った後の集材、トラック運賃、輸出手続き、船運賃など

がかかります。これらを誰が負担するか?

自由に使えるお金があれば、やりたいですけどね。


[12]>11 眼に見えにくい経費 sidewalk01

がイッパイあるということですね。


[13]>9 しかし、どこかで歯止めを akumukas

したほうがいいと思います。

物質的な豊かさから、精神的な豊かさに少しずつ以降すべき時期に来ているのではないか、と思います。

間伐するにも国内林業が停滞しているので、技術を持つ人が少ないという問題点もあることですし、価値観を変える時期に来ているのではないでしょうか。

温暖化に関しては、一国の努力で止めるのはほぼ不可能なので、世界規模でどう付き合っていくか、という面に注目したいですね。


[14]>13 理想論では改善は望めないのでは? sidewalk01

と思います。説得力のある改善策が国や公的機関には求められると思いますね。


[15]環境先進国 ahirusan

日本は環境先進国ですよ!


[16]長文ですみません hibariyu

地球環境やその対策についてはよく存じ上げませんので誤りがあるかもしれませんが、ご容赦ください。


人間個人が利益を追求するのは皆様がご存知のとおりでしょう。

精神的な豊かさ云々につきましては、個人の生き方としてはすばらしいのですが、

数十億人の人々を考える際は、人間は精神的な豊かさに基準を置いていると考えるより、

物質、金銭上での豊かさに基準を置いていると考えるのが自然でしょう。


以下、すべての個人(法人含む)は自分が物質上、金銭上で得をするように行動すると仮定します。

この場合、個人が地球環境の対策を実行するには、以下の3つの前提すべてを満たすことが必要になります。


  1. (対策前の地球環境への悪影響)>(対策後の地球環境への悪影響) (環境対策の前提)
  2. (実施主体が環境対策をすることで得た収入)-(実施主体が環境対策に用いた費用)>0 (個人が行動を起こす前提)
  3. (経済全体が環境対策によって得た収入)-(経済全体が環境対策に用いた費用)>0

(環境対策のために名目所得は据え置き、物価は5倍になったら、環境対策は進められるでしょうか)


であることが必要でしょう。


上の3つの前提(すべて経済システムですが)を満たせば、個人は物質上、金銭上で得をするため、環境対策を実行します。


ところで、社会は個人の集合です。この場合、

「すべての個人(法人含む)は自分が物質上、金銭上で得をするように行動する」と仮定していますから、

社会全体でも環境対策を行っていると言える状態になるでしょう。


実際の社会では「すべての個人(法人含む)は自分が得をするように行動する」とは限りませんが、環境対策を行ったほうが(金銭的に)得であるとわかっているならば、

大部分の人が環境対策を行うでしょう。


さて、現在の経済は上の3つの前提を満たすシステムになっているのでしょうか?


[17]>15 何をもって「先進国」なのか? a2gi

おそらく予算など金額なら確かに「環境先進国」かもしれません。

けれども実質的に環境を改善、保全することに優れているかと言われれば

首肯できない部分があると思います。

それは「環境=利益」という価値観を払拭できていないからではないでしょうか?

また、一人一人がただ言われたとおりにするのではなく「なぜ」と疑問に思う

感覚も育ってはいないのではないでしょうか?

限定品のエコバックに行列ができるなんてよくわからない状況だと思いませんか?


[18]>17 同感です yamadakouzi

言葉だけの「環境先進国」ではありませんか?、特に政府や大企業の考えている事は、如何にして何もせずに利益を環境整備に使わない方法を考えているとか、環境の悪化をネタに儲ける方法を考えているのかという風に見えます。例えば「リサイクル法」など悪法の典型です。


[19]>14 求められますかねぇ yamadakouzi

国や公的機関には簡単に改善策を求められたり、率先してやってくれるなら、ここまで深刻な問題となっていないと思いますが。


[20]>10 国家権力にそこまでの権限は無いでしょう。 yamadakouzi

アメリカも日本も、その他の国も、そう言う「経済活動」を止める力はありません。むしろ、政府要人はそう言う人たちに養われている状態です。


[21]>7 私の質問をよくお読みください。 yamadakouzi

全くの非現実的な「夢」物語です。それも、理想を通り越した「寝夢」的です。

「まぁお金が必要なだけ使える立場なら私は迷わず」と書きました。つまり、政府予算などをあてにしての案では有りません。


[22]>11 採算? yamadakouzi

確かに「企業」がやるなら「環境対策」より「採算・儲け」が優先されるでしょうね。

本当に『自由に使えるお金が欲しいですね」100兆円と言わないけれど、「必要最小限」


[23]>6 そりゃ只の「金銭欲」です。 yamadakouzi

自分のお金が減るのが「もったいない」、儲けが少なくなるのが「もったいない」、人助けは「もったいない」では守銭奴です。なにも変わりません。「もったいない」の精神を『曲げた誤用』です。

でも「現実」ですね。


[24]>18 環境技術 ahirusan

すみません。「環境先進国」を「環境技術先進国」と言い換えます。


[25]バチガアタル kiryu113

ですね!


[26]>24 先進技術で解決を yamadakouzi

日本のすばらしい先進技術が生かされればいいですね。そう言う環境(:社会体制・考え方)が整う事を願います。実行されてこそ「環境先進国」


[27]>16 ありがとうございます。 yamadakouzi

詳細でまとまった意見をありがとうございました。理解できるよう勉強します。


[28]>14 言わなくなった時が終わり yamadakouzi

理想論でも、夢でも、寝言でも言わなくなった時、考えなくなった時、その人は(他の人から見れば)死んでいます。・・・つまり他の人に「意思は伝わらなくなる時」です。


[29]>25 方向性がわからないのですが。 yamadakouzi

どちら向けの意見なのか理解できません。

もう少し、方向性の有るご意見が欲しいですね。


[30]>28 間違っちゃいないけど a2gi

やっぱり良くわからないのなら黙っているべきだと思う。

(黙るというか余計な事(観念的意見)を言わない)

えてしてよくわかっていない人ほど声が大きいものですからね。

「言わない=意思が伝わらない」わけではない。

自分なりに人の意見を聞き、検討し、行動すればよい。

今、私が分かる事実といえば「無駄遣いしない」ということくらい。

ただ、国や公的機関に任せてもうまくいかないことは明白なので

有識者の声を実現する活動をするべきかもしれませんね。

(むしろ国や公的機関に理想論を持ってもらう方がよいくらいかも知れませね)


[31]>3 EPRが低いのでほとんど意味がない somerevolution

燃料の消費地と燃料の生産地が遠いのもあって、木材を燃料として使うのはそれほど意味がない(EPRが低い)です。

地方ならできるかもしれませんが逆に市場が小さくて採算が採れないと思います。

代替エネルギーが早くできることを望むなら、税金を課して電気代やガソリンなどの価格を上げることです。

そうすれば省エネに協力しない人から税金を取ることができますし、プリウスのような省エネの製品を購入するインセンティブが働くことにもなります。

景気は一時的に冷え込むかもしれませんが、この税金から代替エネルギーを開発するための研究への補助金を増額するなどすればより早く代替するエネルギーができ、制約条件の一つであるエネルギー問題が解決されるかもしれません。

EPRについては下のURLを見れば分かると思います。

資源と環境


[32]>30 黙っていたら意見は伝わらない kotae

行動で示して伝わればいいけど、意思をもって伝える努力は貴重だと思いますよ。


[33]>2 お金だけではありませんね。 yamadakouzi

人手(それも熟練者)の不足、計画性、時間、搬送・輸送、製品化(施設・技術)その他諸々。まとめて推進する人、そして全体に「お金!」・・・大変だ!


[34]>31 地球規模で yamadakouzi

貴方は、日本国内でのみの生産、消費を考えておられるのですか?


[35]>3 何もしないのは yamadakouzi

エンタルピーが下がるだけです。つまり、ゴミ(使い物にならないもの)を生産することになる。


[36]>35 間違いました yamadakouzi

誤り「エンタルピーが下がるだけです。」==>

正 「エンタルピーが上がるだけです。」


[37]>36 再度誤り訂正 yamadakouzi

誤り「エンタルピーが下がるだけです。」==>誤り「エンタルピーが上がるだけです。」==>

正しくは

エントロピーが上がるだけです。つまり、ゴミ(使い物にならないもの)を生産することになる。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ