人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【都市伝説の解明に挑みたいと思います】

病院に両手が使えない状態長期入院をした場合や、精子を採取する必要があるが自分では出せない場合に、
看護士が患者を射精に導くといったことがあるというのは、男子中学生の間ではよくある話ですが、

これの真偽を知りたいです。

ただし、
○看護士の個人的欲求や、患者と看護士の関係によってはそうすることがありえるというのはナシです。
○看護士としての仕事内容のひとつとして行う場合があるのか、ないのか、ということです。
○セックスボランティアも別です。看護士でお願いします。

きっとないとは思うのですが、絶対ないとはっきりさせて下さい。
宜しくお願いします。
※質問カテゴリーは別にボケてるわけじゃないです。


●質問者: ryota11
●カテゴリ:趣味・スポーツ 医療・健康
✍キーワード:ひとつ カテゴリー セックスボランティア ボケ 中学生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● martytaka
●30ポイント

ないです。

◎質問者からの返答

ふへへ、、つまんねーの・・


2 ● kappagold
●80ポイント

精巣内から直接手術で取り出すという方法が一般的ですので、看護士が採取する必要は無いのでは?

http://www.ifcbaby.net/n_program/program_extremity.html

http://www.kchnet.or.jp/hunin/uro.shtml


手術で行なった場合と、看護士が採取した場合とで、診療点数(報酬)も大きく違うでしょう(看護士の場合は診療報酬があるのかも疑問)し、看護士が採取するメリットが医療機関にはないと思います。


自分でとれない場合は、手術で取ればいいわけですし、手術がいやでも大概は不妊治療のためですから奥さんも当然います。看護士の活躍の場はないでしょう。


上記から論理的に考えれば、100%ないのですが、それでもあるかもしれないといわれれば・・・。

◎質問者からの返答

うむー。確かに確かに。

その通りなのですが、医療機関に直接きくしかはっきりとした答えを得る方法はないものなんですかね。

例えば、医療の本にかいてあったりしないのかなー。

法律で決まっていたり。


さすがにこれを問い合わせする勇気はないのですよ。。

看護士の方の直接回答でもいいのですけど。


あるわけないことなのですが、はっきりないと言える根拠がなくて、知人と言い争いになりました。

「ないよ!あるわけないだろ」

「どうしてないと言い切れる!?あるかもしれないだろ!病院に直接きいたのか!?」

くだらないww

ありがとうございます。


3 ● ex_hishano
●30ポイント

本当らしいです↓

男性重度身体障害者・難病患者の方のプライベート・ケア=「性の健康」のマネジメントを行うお仕事です。

毎月1回、利用者の方のご自宅・宿泊施設・ご入居施設等を訪問して、プライベート・ケアサービス

=『抗菌手袋を着用した手、もしくは消毒・殺菌済みの専用器具による射精の介助』を 行うサービスを提供し、利用者の方にとって最適なプライベート・ケアプランを提案します。

また、利用者の方の「性の健康」の維持・管理に関する簡単なアドバイスも行います。


プライベート・ケア(=射精介助)は、技術的な面では、非常にシンプルなケアです。

通常の介護・看護現場で行われている陰部洗浄や陰部清拭、

排泄ケアの経験がある方であれば、問題なく行うことができます。


ケアの際に使用する道具は、

?介護用手袋 ?タオル2枚 ?ローション ?コンドーム ?ティッシュ

?お湯を張った洗面器 です。

http://www.privatecare.jp/ibaraki.html



(一般の健常者の方は、ケアの対象外になります)。

http://www.privatecare.jp/guide.html

◎質問者からの返答

これはセックスボランティア的なことじゃないんですか?

これは別です。。。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ