人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

四等官制(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E7%AD%89%E5%AE%98)では、長官を「かみ」次官を「すけ」判官を「じょう」と呼ぶとのこと。
なので、例えば弾正台ならば「弾正尹」は「だんじょうのかみ」とも呼べ、「弾正忠」は「だんじょうのじょう」とも呼べるようで、実際そのように呼んでいる例も多数見つけられるのです(http://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%A0%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86)。
が、「弾正大弼」「弾正少弼」「治部大輔」「治部少輔」のように大、少が付いた途端、「だいすけ」「しょうすけ」といった形ではなく、「だんじょうのだいひつ」とか「じぶのだいゆう」のような読みしか見つけられません。
わずかに、「だんじょうのしょうすけ」でのみ2例ほど使われている例がありますが(http://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%A0%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%99%E3%81%91)、2例では一般的な読み方だったのか判断が付きません。

四等官制の前に大、少がついた場合の読み方は、実際のところどうだったのでしょうか。
「だいすけ」「しょうすけ」のような読み方はなかったのでしょうか。

●質問者: 元ここギコ!
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:のし 判官 四等官 弾正少弼 次官
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ