人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

横書き文書の読点に「,」を使うか「、」を使うかについてです。
どちらも間違いではないようですが・・・
文部省は昭和25年「文部省刊行物表記の基準」でカンマを使うと言っておきながら、最近はホームページでも刊行物でも横書きで「、」を使っているようです。

文部科学省内において、読点の表記がどうして変わったのか、情報があったらお知らせください。

なお、一般論は必要ありません。あくまでも文部科学省内の事情に関わってです。

●質問者: hakudoh
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:ホームページ 一般論 事情 文部省 文部科学省
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● masanobuyo
●27ポイント

以下のサイトに掲載がありましたので,ご覧ください。


句読点はそもそも外国の物です。

日本語には句読点というものはありませんでした。

明治に外国の横書き文章の「,」「.」が入ってきて日本でも使い始めました。

その後縦書きに用に(見栄えの点から)「、」「。」が発明されました。

ですのでそもそも横書きには「、」ではなく「,」です。

横書きにも「、」を使うようになったのは、共同通信が1956年に発行した「記者ハンドブック」で、

横書きでも「、」を使うこと、と決めてからです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q103680

◎質問者からの返答

文部科学省の扱いの変化に関わる回答ではないですね。


2 ● daruism
●27ポイント

表記が変わったというか、統一されていないだけではないでしょうか。

学習指導要領などはカンマが使用されています。

また文部科学省の中でも、文化庁などはカンマを用いているようです。

◎質問者からの返答

確かに、文化庁ではカンマですね。

しかし、文部科学省で17年度あたりを境に、基本的に「、」になっています。

何らかの意図的な動きがあったものと思われますが・・・


3 ● baum3
●26ポイント

仰せの「動き」と関係あるかどうかはわかりませんが、中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会(第11回)議事録・配布資料 によれば、平成16年1月23日の部会で委員の

学習指導要領の表記が「,(カンマ)」であるため,「、(テン)」を用いると教育委員会で直される場合があるが,読点の「,」と「、」について伺いたい。

という発言に対して事務局が

読点については,答申や文部科学省の通知等では,横書きの場合,読点には通常「,」を使用しているが,この表記自体に強制力はない。

と回答していますね。さらに委員の発言として

「,」と「、」については,学習指導要領における表記と一般に使用されている表記が異なっているので,この点について検討してはどうか。

と記録されています。

◎質問者からの返答

最後の委員の発言が、そのごどうなったかが問題ですね。

貴重な資料をありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ