人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

言語学的に「気」の研究はなされているのでしょうか? 気が強い、気が弱い、気配、気づき、気がきかない 天気 など日本人は、1日に非常に多くの気という言葉を使います。言語学的に 気 とは何かを研究している論文等で面白いものはないでしょうか? いわゆる気功的な意味での気の研究を質問しているわけではないので、すみませんが、回答は、言語学、国語学についてのでお願いします。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:すみません 国語学 日本人 気づき 気功
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●27ポイント

気 (一語の辞典)

気 (一語の辞典)

  • 作者: 佐藤 喜代治
  • 出版社/メーカー: 三省堂
  • メディア: 単行本

国語学者の佐藤喜代治が「気 一語の辞典」という本を書いています。

◎質問者からの返答

おお、こんな本があるんですね。


2 ● MEI-ZA-YU
●27ポイント

http://www.nichibun.ac.jp/


ここの中段手前あたり ↓

http://www.nichibun.ac.jp/graphicversion/dbase/forum/text/fn203....

>「心のあり方」を表わすHeart Words─その(1)・・「気」の意味・概念

◎質問者からの返答

面白いです。比較文化はもっとありそうですね。


3 ● tak
●26ポイント

http://homepage3.nifty.com/rehab-siob/sotsuken/16/1610ki.pdf

下の三つは内容を読めなかったので自信がないです


http://ci.nii.ac.jp/naid/110000073838/

http://ci.nii.ac.jp/naid/110000567730/

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004739244/

◎質問者からの返答

手話とは。。。。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ