人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

経営工学の魅力や面白さについて、若年者にもわかるように教えてください。

●質問者: witt
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:工学 経営 面白
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tera-p
●60ポイント

経営工学とは,一言で言ってしまえば「最も得する判断をするにはどうしたらよいか?」を追及するための学問です.

と言いきってしまえば,まずは少なくともキャッチフレーズ的には興味を惹けるかな,と思います.ただ,こう書いてしまうと濡れ手に粟な「おトクな話」的なイメージを持ってしまうかもしれませんが,実際のところは「最も得する」というより「最も損をしない」判断をするための学問,というほうが正確かもしれません.経営工学をまじめに勉強して,実生活にその考え方を適用できれば,「おトクな話」の嘘に騙されることはありません.:-)

経営工学を構成する分野としては,ゲーム理論,金融工学,意思決定論,統計学,人間工学などがあります.どの分野も学問として魅力的で奥も深いのですが,さらに他と比べて,

などが特徴として挙げられます.特に一般人が様々な金融デリバティブ商品に触れる機会が増えた昨今,金融工学の基礎知識は生活の知恵としてもぜひ持っておきたいものです.

ただし,「工学」と名が付いている分野ではありますが,具体的な「ものづくり」をするための学問ではない(「ものづくり」をするための仕組みを作るための学問ではある)ので,そちらのほうに興味が強い場合は,あまり魅力的に思えないかもしれません.

ちょっと質問の背景や,どういう人に対して魅力や面白さを仕えたいかなどがわからないので,漠然とした回答になってしまったところがありますが,経営工学がどんな「面白いところ」をもった学問かを私なりに伝えようとすると,こんな感じでしょうか.

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございました。たいへん興味深く読ませてもらいました。

背景としては、情報工学を専攻する大学生が経営工学にどうしたら興味を

持ってもらえるか、といったことが挙げられます。

>ただし,「工学」と名が付いている分野ではありますが,

>具体的な「ものづくり」をするための学問ではない

>(「ものづくり」をするための仕組みを作るための学問ではある)ので,

>そちらのほうに興味が強い場合は,あまり魅力的に思えないかもしれません.

ご指摘のとおり、ここが経営工学の弱点だと思います。

これをどう克服するかが課題かな、と考えています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ