人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

社内のActive Directoryのドメイン管理者が信用できません

私の会社のAD管理者は、もともと、飲み会の席で
「○×の部署の奴らは、夕方になるとデリヘルのサイトばかり見ている」
といった具合の「管理者ネタ」を開陳するなど、人格的に難のある方でした。

私は彼と職務的に関わりが薄い事もあり、注意する事も無く放っておいたのですが、最近、彼の所属する部署と私の部署の関係が悪化したタイミングで、不審な事がいくつか重なってしまいました。
確たる証拠はありませんが、いまや彼は管理者権限を悪用し、私や同僚のメールの履歴等を不正に収集しているのではと疑っています。杞憂であればそれに越した事はありませんが、安心できるだけの材料(ログ等)もまた十分に得られてないのが現状です。

そこで質問です
(1) 悪意を持ったAD管理者がドメイン内のPCから情報収集を考えた時に取れる行動にはどのような物があるでしょうか
・リモートデスクトップ、管理共有などはすぐに思いつきますが、それ以外にもあれば
・LAN上での盗聴など、ADに直接関係無い事項は除外して下さい
(2) (1)のような行為が「確かに行われた」事実をログに残すためにはどのような手段があるでしょうか

●質問者: flowergift
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:Active Directory AD LAN pc ○×
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● memo77
●100ポイント ベストアンサー

1.PCで行った操作はすべて知ることができます。

キーロガーを動作させることもできますし、画面を定期的にキャプチャすることも、ローカルのファイルを見ることもできます。

メールボックスをコピーすることも、閲覧したサイトのキャッシュを取得することも可能です。


2.あなたがAD管理者でない限り、AD管理者を相手になにかをすることはできません。基本は

・会社として管理規定を決める。

・複数の担当者を配置し、相互監視するルールをつくる。

・日常的な管理者アカウントによるログオンは禁止し、必要なときのみ管理者アカウントでログインし、ログを取る。

・管理者アカウントを使用した際の操作は記録できるものは記録し、できないものは他者の目視の下で作業する。

といった感じです。



まあ、相手を疑ったり責めたりしても組織としていい結果は出ないので、「社会的に内部統制やコンプライアンスの遵守が求められている」ので、会社全体でその取り組みを進めながら、部分として「情報セキュリティポリシーの策定とそれにともなう管理者権限の抑制を行う」のが基本です。


ただ、おそらく管理既定を決めたり複数体制を作ることのできない会社なのではないでしょうか?

短絡的でそこそこ効果のある手段は複数担当にすることです。

それにしても、今後それでよいというわけではないので、目線を遠くにおいて組み立てることを進めます。


なにはともあれ、管理者として姿勢の基本は

「何かあったときに、すべて管理者ができたら、管理者のせいだと言われてしまう。自分の身を守るために、管理者としてやることはすべて監視してください。」

とういものなんですけどね。


あまりオススメはしませんが、何かにつけ偉い人に「管理者は全部見られるでしょ?○○さんがやったんですよ」と言って、相手に「それが物理的にできないこと」を証明する必要があるように追い込むという手もあります。ただ、経営者は「ITはよくわからん。管理者は仕方ないんじゃないか」と諦めてることも多いかな。

制御することは可能なんですが、それにも一定の技術がいるんですよね。

お金があるならベンダーさんに入ってもらう手もあります。


http://www31.atwiki.jp/memo77/

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

ご提案いただいた、情報セキュリティ対策の一部として、管理者アカウントが適切に運用されるよう仕組み作りを行う、という話については、筋が通っており大変良いと思いました。参考にさせていただきます。ありがとうございます。

なお、情報セキュリティ規定は内部規定として存在するものの、諸般の事情により十分に機能していない、というのが実情です。これを良い機会ととらえて改善のための提案をしていきたいと考えています。

また、長期的な対策は上記のように進めるとして、とりあえず現在、何が起こっているか確かめたいという事もあり、私の手元の環境では以下のようにしました。

1. Windowsファイアウォールとは別のパケットフィルタリングソフトを導入し、自ホストへのTCP接続要求を(RDPを除いて)全て遮断。アウトバウンド方向の通信も、必要なもののみ残して他は遮断。

・Windowsファイアウォールと別のソフトを導入したのは、アウトバウンド方向の通信に対しても制限を行いたかったため。

・ドメインコントローラとの通信は入出力とも遮断 (これは一時的な措置です)

ログオンスクリプトの実行履歴や、適用されるポリシのログを取得する方法が不明だったため、やむなくこのようにしました。

2. リモートデスクトップの接続要求のみをCygwinのinetd(+tcpd)で受けるようにし、接続ログを採取。

3. リモートレジストリのサービス、管理共有を停止。

また、tasklist.exeの出力結果などを他のコンピュータとざっと比較したところ、一応、怪しいプロセスは居ないように見えました。といってももともとドメイン管理者の管理下にあったPCであるという事を考慮すると、標準コマンドが置き換わっていたり、カーネルモードrootkitが入っていたりするとお手上げですので、ほんの気休めですが……。ひとまずこれで様子を見ようかと思っています。(一応、RootkitRevealerを用いた簡単な確認程度は行いました)


2 ● keroronX
●60ポイント

何ができるかということについては、管理共有とリモートデスクトップができれば「何でもできます」


具体的には、リモートデスクトップでドメイン管理者権限でログインできれば、スパイウェア系の監視ソフトのインストールすら可能ですので、キーロガーや画面キャプチャまで含めてPCの全動作を記録できると考えてよいと思います。(オンラインバンクのパスワードとかすら取り出せるということです)


また管理共有だけでも、メールデータとかはすべてローカルから奪えますので、保管しているメールデータはすべて「見られる」と考えて間違いないと思います。上記のリモートデスクトップと併せれば、スナップショット系のバックアップソフトをインストールすることで、メールを消したとしても全て復元できるので、保管・削除の有無すら関係なくなります。


会社側の考え方としては、会社のPCはあくまでも業務だけに使うことを大前提にしていると思いますので、上記のような手段を使って情報収集をしても(これらツールを使うことについて会社の許可を得ていれば)、それは「不正に収集」とはみなされない可能性が高いです。



また「行われた」事実のログですが、少なくともリモートデスクトップでログインすれば「イベント」としてwindows標準のログに残すことが可能ですが、そのための設定変更は少なくともローカルの管理者権限がないと実行できません。


もし会社のポリシーで各ユーザにローカルの管理者権限が与えられているのであれば、ローカルセキュリティポリシーから監査内容について、「ローカルポリシー」?「監査ポリシー」?「ログオンイベントの監査」の「成功・失敗」を有効にすれば、イベントビューアからどのようにログインされているのかを見ることができるようになります。


また同じ場所にある「オブジェクトアクセスの監査」も有効にすれば、誰がどのファイル・フォルダを閲覧したのかもログに取ることができます。


上記のログについては、ひょっとしたらドメインのグループポリシーで有効にされているかもしれませんので、一度イベントビューアの「セキュリティ」を見てみることをお勧めします。(ただし特にオブジェクトアクセスの監査を行っている場合は、ログが膨大で見辛いです。)

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

情報収集の正当性についてですが、管理や情報漏洩対策などの適切な目的のために正しく運用されているのであれば、情報収集をされても問題無いと考えています。今回は、私の見当違いであることを祈っています。

ローカルセキュリティポリシの確認項目についてご教授いただきありがとうございました。

ログオンイベントの成功・失敗の確認は行えるようになりました。また、「オブジェクトアクセスの監査」はすでに成功・失敗とも有効となっており、チェックボックスがグレーアウトしており無効にできない状態になっていました。一応、イベンロビューアの「セキュリティ」で、それらしき監査ログが生成されているのは確認できました。

他にも確認するべき項目があれば、ご教授いただければ幸いです。


3 ● redwing1
●10ポイント

とれる対応は暗号化することくらいですね。メールとか、見られてはまずい書類とかを暗号化しておいておくのです。といってもportで監視されているとどうしょうもないですが、のぞきみている程度ならこれでOKでしょう。

法的には私物ではなく、業務なので、見ること自体を禁止することはできないと思います。それを業務ではなく、私的に使っていることが問題なので、経営陣に被害をとどけるしかないでしょう。届けられないような被害なら、あなたが悪いのです。

◎質問者からの返答

ひょっとすると誤解されておられるかもしれませんが、今回の質問は「会社のコンピュータを私的利用していたら管理者に見られて言いふらされて困っている」という類の話ではありません。もしそのような話なら論外だと私も考えていますので、最初から質問しません。

今回の質問は「Windowsのドメイン管理者が自由に使える(ADに関連する)バックドアはどんな種類があるか(RDP、管理共有以外に)」、「それらのバックドアの使用状況をローカルコンピュータ上でログに取る方法にはどのようなものがあるか」という趣旨です。他の事項は関係ありませんので、よろしくお願いいたします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ