人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“イエ・ルポ 2” #015

THEME:「あなたの好きな叔父さん、お祖母さん、従兄弟たち」を教えて下さい

「街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!」と展開してきた“イエ・ルポ”の続編コーナーです。“イエ・ルポ 2”では、特にマチとイエ、人と家族のドラマやものがたりを語らっていきませんか? 愛するマチ、好きな風景、家族とのエピソード、イエでの思い出…。毎回のテーマに沿って、あなたのイエとマチのルポをご投稿下さいね!
次なる〈イエはてな〉ライブラリーの本の実現を目指して――豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

※モラルのない一行レス等コメントの内容によってはポイント送信を控えさせて頂く場合もございますのであらかじめ御了承下さい。

※コチラのテーマ詳細とルポ例をご覧になってご投稿下さいね!
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080620

プレゼントはコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20071028#Repo2

※今回の「いわし」ご投稿は6月26日(木)正午で終了とさせて頂きます。

1213937394
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:6月26日 theme あなた いね いわし
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 349/349件

▽最新の回答へ

[1]元気になった従兄弟 helltaxi

結構近い場所に住んでることもあって小さい頃から

よく遊んだりしていた従兄弟なのですが

学生時代にいろいろ人間関係がつらかったようで

一時期引き蘢り状態でした。

人と会ったり外に出かけることを嫌がっていたのですが

放っておけずにおいしいラーメン屋があると言って連れ出したり

面白い店があると言って連れ出したりなんだかんだ言って

無理矢理連れ出して行くうちに外に出るのも平気になり

気づくと恋人も見つけて今年の正月にひさしぶりにあったら

結婚の報告をされました。

元気になって幸せな従兄弟を見てうれしい気持ちと知らないうちに

先を越されって気持ちもありますが元気になってくれて

本当によかったと思います。


[2]彼女の家族は名前で呼び合う S2C

なぜか、みんな下の名前で呼び合ってます。

最初は、すごい違和感があったんだけど今では

自分も彼女のお母さんのことを「○△□さん」と

呼ぶようになったけど下の名前で呼ぶだけで

不思議と親近感というか距離が近くなったような

気がするね。


[3]世話がかかるけど可愛い甥っ子 freemann

もうすぐ2歳の甥っ子がいます。言葉はまだ話せませんが、親の言うことは少しなら分かるようになってきたようです。泣き出すとすごく大変で、おしめを替えてあげるのも一苦労だけど、無邪気な笑顔を見るとかわいくてしかたありません。こちらの言葉に反応してくれて期待通りのことをすると、うれしいです。自分も子供が欲しくなる瞬間です。


[4]遠くに住んでる従兄弟たち。 matakiteshikaku

1年に1回か2回しか会えないけれども、何の違和感もなく付き合える。そんな関係です。従兄弟って近いようで近くなくて、遠いようで遠くないそんな関係ですよね。


[5]大好きだった伯父さん helltaxi

去年の初めに初めに癌で亡くなってしまったのですが

家が徒歩10分位の場所がありよく行き来していたのですが

伯父さんはうちの父親の兄なのですが顔は似ているのですが

兄弟と思えないほど性格が逆で不器用なうちの父親と

違って器用な人で何かが壊れるとすぐ飛んできてくれて

直してくれたりしてくれてました。

夏になると伯父さんの家の庭でバーベキューをしたり

一緒に旅行に行ったこともあってとても大好きだった伯父さんです。

亡くなるちょっと前に家に電話があり、その時私は仕事が立て込んでいてものすごく

忙しくて「ちょっと忙しいであとでかけ直します」とちょっと冷たく言ってしまい

結局かけ直すことがないうちに伯父さんは入院してしまいすぐに亡くなってしまいました。

そのことが今でも本当に心残りです。

大好きな人がいつまでもいるのが当然と思ってしまいがちでですが

もっと大切にしないといけないって痛切に実感した出来事でした。


[6]>3 うちは姪っ子ですが本当にかわいいですね helltaxi

1歳の姪っ子がいます。

普段は全然なついてくれませんが何か怖いことがあったり

何かやって欲しいことがあると側にやってきます。

とってもかわいいのですがちょっと将来が心配です。


[7]>4 そうですね fumie15

そんないとこは貴重です。


[8]年上のいとこ fumie15

父も母も4人兄弟の末っ子なのですが、随分年上のいとこにかわいがってもらいました。

遊んでもらったり、お小遣いをもらったり。

今日、そのいとこが子供を連れて泊りがけで遊びに来ます。

恩返しとして子供とお絵かきしたり、電車ごっこで遊ぶ予定です。


[9]>7 近くに住んでるけど helltaxi

最近は、みんな大人になってしまったのでうちの従兄弟も1年に1、2回しか会わないです。

たしかに近いようで近くなく遠いようで遠くないってのは同感です。


[10]気持ちの若い叔母さん sayonarasankaku

父の妹にあたる叔母さんは歳が他の兄弟に比べて若いせいか、

考え方などが私たち世代に近いのです。

とても親しみやすくて楽しくて大好きです。


[11]自慢のおばあちゃん。 dankichik

私の祖母は手芸上手。私が学校で使う小物をよく作ってくれています。(80を過ぎた現在も!)

祖母の作ってくれたペンケースやお弁当箱を毎日使えて、すごく嬉しく思います。


[12]>9 従兄弟 S2C

従兄弟って言うのは親友ではないけど長くつき合ってる友達ってのが一番近いかな。

兄弟ともちょっと違うしなぁ。

でも、歳が近い従兄弟と歳が離れた従兄弟がいるけど歳が近い従兄弟は

友達みたいな感じの付き合いだけど歳が離れた従兄弟とはほとんど交流がないね。

同じ従兄弟でもいろいろあって面白いね。


[13]従兄弟に子供ができました。 dankichik

従兄弟に子供ができ、お正月に会いました。小さな赤ちゃんがいるだけで親戚同士の集まりも雰囲気ががらっと変わります。

この小さな赤ちゃんが大きくなって、私を「おばさん」と呼ぶようになるかと思うと、今から楽しみです。


[14]義理の従兄弟がストゥーム・トゥルーパーを個人輸入 iijiman

義理の従兄弟(20代・独身男性)が、突然「ある買い物をします」と宣言。

てっきり車かカメラか・・・と思っていたら、スターウォーズに出てくる「ストゥーム・トゥルーパー」。

英国直輸入とか。何でも、プラスチックが結構硬くて痛かったりするそうです。

それを着て電車に乗って自動改札とか通ってみてくださいとお願いしてみたのですが、却下されました。

注:↓このブログの人とは別人です。ストゥーム・トゥルーパーって何?という方のために、画像のあるURLを張っておきます。

http://www.dannychoo.com/all/jpn/stormtrooper/

とりあえず、「ストゥーム・トゥルーパー」は、日本国内に最低2セットはあるということになるようです。


[15]>6 おもしろい actro

ウチも甥っ子がいますが、行動とか見てると面白いですね。

なぜか食事してる時に、某レンタカー会社の歌を歌ったりしています。

最近はしゃべる事も少しずつ生意気になって来ていますが、

やっぱりかわいいものですね。


[16]趣味が共通のおじさん w83

私の趣味の一つが柔道を見ることです。そして父の兄弟のなかに、柔道の大会を見に行くのが好きなおじさんがいます。毎年4月29日に日本武道館で全日本柔道選手権(男子)行われるのですが、学生時代はいつもおじさんと見に行きました。いつも遅刻するルーズなおじさんですが、大会が終わったあと、いつも夕食をおごってくれる良いおじさんです。さて今年の夏には五輪があります。盆には帰省するおじさんと盛り上がりそうです


[17]>12 弔事で久しぶりに会ったけど tadatarai

疎遠になった従兄弟たちと、先日弔事で久しぶりに(何十年ぶり?)に会いました。子どものごろのイメージと全然変わっていなくって、親同士はいろいろあったのかもしれませんが、子どもたち同士では全然関係ありません!!


[18]>12 けっこう actro

私は結構会うことが多いです。

歳も近いので、話をするにも特に違和感がないような感じですね。

逆に遠くに住んでいる姉の方が、話をするのにも気を使って

いる様な気がします。


[19]>11 おばあちゃんの料理 helltaxi

うちのおばあちゃんは切り干し大根とお赤飯をよく作ってくれます。

他の料理もおばあちゃんと母親では親子なのに味が違う物が多くて

面白いです。

どっちの味が好きってことはないのですが同じ料理でも作る人によって

結構味が違うものなのだと感じますね。


[20]オートバイ mododemonandato

うちの祖父は70歳を過ぎてから免許をとり、オートバイを買って載り回していました。

結局、運転中に転んで、田んぼにつっこんで足を折り、止めましたがなかな凄いバイタリテイーだと思いました。


[21]>11 昔の人は手芸が上手な人が多いですね w83

無駄にしないよう努力したのでしょうね。もう亡くなりましたが、私の祖母も破れた服をついでくれました。あとお話上手で楽しかったです。


[22]読む本を薦めてくれた伯父さん w83

学生時代、近くに住んでいた伯父さん(また別の人です)は年に1,2回自宅に招いてご馳走してくれました。お互いの近況を話し合ったりしているなかで、伯父さんが読んでいる本でいいと思ったものを、薦めてくれました。押し付けるような感じではなかったため、私も全てではありませんが薦めてくれた本を図書館で探して読みました。いまだに読書をすることにどういうメリットがあるのかいまいち判らない私ですが、きっとおじさんは本を読むことがいいことだと実感することがあったのでしょうね。


[23]叔父さん DickSmith

私の叔父さんは家の近所に住んでて高校の古文の先生をしてました。

私が高校の時やたら古文の成績が悪くてその叔父さんに(本当はいけないんですが違う高校だったし身内ということで)家庭教師をしてもらってました。

そうしたら成績が急上昇で高校の先生にえらい褒められた思い出があります。

しかしその叔父さんは私が小さな子供の頃から「お兄ちゃん」と私に呼ばせていていまだにその癖がぬけず叔父さんの事を「○○お兄ちゃん」と呼びかけてしまいます。


[24]>19 父方のおばあちゃん DickSmith

おばあちゃんの家に行くといつも入ってすぐの火鉢のある部屋で餅を焼いて食べさしてくれました。

それが楽しみでちょっと離れたところだったのですが、よく遊びに行ってました。

亡くなる前の数年はちょっとボケちゃってみんなのことを忘れてしまって悲しかったですね。


[25]>2 私の母が DickSmith

私の子供、つまり母にとって孫ですね、に「おばあちゃん」じゃなくて名前を呼ばせるように言い聞かせてました。

「おばあちゃん」って呼ばれると何か自分のことじゃないみたいに感じるからだそうです。

海外へ行くとみな苗字(ファミリーネーム)ではなく名前(ファーストネーム)で呼び合いますが、親近感がわいていいですよね。それに「○○さんの奥さん」みたいな呼び方もされないのでいいです。


[26]平凡な一庶民の暮らしがすてきな私の伯父 momokuri3

伯父は政治家でした。この「でした」が、今回のお話のミソなのです。

伯父は地元の議員を振り出しにちょっとした地位まで上り詰め、将来は代議士にもと声がかかるくらいまでになっていた人でした。地方議員ですから都道府県が違えば知られていませんが、地元ではちょっとした名士だったのです。

伯父は学生時代から政治をこころざしていたそうです。立法に携わる立場として司法や行政にも精通する手だてとして、また確実な生計の道の確保として、政治家の多くが弁護士や司法書士などの資格を得ているように、伯父も理系の学生でありながら、猛勉強の末、他大学の法学部に再入学。弁護士を目指して学びつつ、様々な政治家のもとでインターンシップを経験するなどして、着実に経験と人脈を築いてきたそうです。

そして若くして地元の議員に立候補。世の中には20代のうちに勇退する国会議員の後釜に指名されて一気に代議士センセイとなる人もいますから、地味な地方議員からとはずいぶん遠回りな道を選んだものですが、伯父は地元のために働く経験がなければ国は動かせないという信念だったそうです。

しかし伯父の描いていた希望と実際の政治の世界は違いすぎたようです。あの世界には地方議員は国会議員の使い走りのような上下関係がありますから、自ら望んで下っ端を買って出たような形になった伯父は、地域の人々のために働くことよりも、「上」の様々な利権のために働かされるはめに陥っていったそうです。伯父は言います。国会を目指さないなら上なんか無視してもよかった、純粋に地元の人たちのために一生懸命になっていれば、同じ選挙なら次も必ず出られるし、出れば通る、でも県議、国会議員と上を目指すなら、上の言いなりにならざるをえないんだと。

その後伯父は自分でも「下」を束ねる立場まで上りましたが、依然として「上」の利権に関わる仕事ばかりを押しつけられ、庶民、とりわけ困難な境遇に置かれている人々が幸せに暮らせる社会を目指して働きたいと願っていた伯父の理想とはかけ離れた毎日となっていったようです。

ある日伯父は、今まで政治の光が当たらなかった人たちの所を精力的に訪れ、様々な相談を受けて、そういう人たちのために尽力するようになりました。周囲はそれをひとつ上の世界に打って出る新たな一歩と受け止めていたようです。しかし伯父にとってのそれは、政界と決別する直前の最後の抵抗だったようです。

そして次の選挙の直前に引退を表明。その時の伯父は、最後の一年だけ政治家としてきちんと働けたと、爽やかに笑っていたそうです。

伯父は今、普通の一庶民として、地域の人々と仲良く楽しく暮らしています。地道に働き、わずかな収入で、小さな家庭を営んでいます。でも毎日がとても幸せそうです。同僚だった議員は、今何人か国会議員のバッチを付けているようです。そういう人に比べたら、伯父は没落した人でしょう。でも自分の信念を貫いて庶民に戻ることを決心した伯父は立派です。ビールを片手に、ぷはー、これのために働いているようなもんだと明るく笑う伯父が、私は大好きです。


[27]>24 ばあちゃんの記憶力 intetu

自分のばあちゃんは100歳に届きそうという年齢ですが、

恐ろしいほど記憶力がよく、昔の話をよくしてくれます。

それで聞いた話を父に確認してみると、どうも事実と違うようなんです。

ちょっと心配になってきました。


[28]>17 たまに会う従兄弟 intetu

従兄弟って親戚のようでどっちかと言ったら他人に近くて、

たまに結婚式とかであっても何を話していいかわからないですよね。


[29]>25 友達の家族も choco-latte

みんな名前で呼び合っていますよ。

友達はおかあさんの事を「○○ちゃん」おばぁちゃんの事を「○○さん」って言ってます。

おかあさんやおばぁちゃんになると名前で呼ばれる事ってなくなりますよね。普段は苗字で呼ばれ、家族にはおかあさんやおばあちゃんって言われるんですもん。


[30]>28 数十年 kin1974

数十年会ってませんね。みんな大きくなったんでしょうね。気になります。


[31]>27 私の祖母 kin1974

私の祖母は93歳、まだまだ元気です。長生きしてほしいですね。


[32]>20 うちの父は70歳で kin1974

70歳になりますが、オートバイを運転しております。まだまだ健在ですね。


[33]>15 姪っ子3歳 甥っ子0歳 kin1974

すっごくかわいいです。毎日会いたくなります。


[34]>8 年上のいとこ kin1974

年上のいとこももうおじさんです。数十年会っていませんのでどうしているんだろうと気になりますね。


[35]>29 いいですね kin1974

名前で呼び合うっていいですね。ものすごく親近感がわきますね。


[36]>5 大好きな叔父さん kin1974

うちも3年前に病気で亡くなりました。ものすごく大好きだったんでいまだに悲しいですね。


[37]海を越えて飛躍する「定年海外協力隊」のおじさん Fuel

このおじさんは親の従兄に当たる人ですが、住んでいる所がわりあい近かったことと、どこか普通の人と違う中年にしては若々しいタイプの人だったことがあって、私は中学生のころから、このおじさんの家にたびたび遊びに行っていました。

おじさんには子供がいなかったので、私が遊びに行くと、とても喜んで迎えてくれました。泊まりに行くと、決まって一晩話し明かします。伯父さんの話は過去の話も未来の夢も本当に面白く、全く世代がかけ離れている私の心をぐいぐい引き付けてくれました。

そんなおじさんが、定年直前に奥様を亡くされました。強い愛情で結ばれていた夫婦だったので、その時のおじさんは、周囲の者が見ていても、いたたまれなくなるくらいでした。

でもおじさんはそこから立ち上がって、また夢を語り始めました。その夢は、なんと海外に出ることだったのです。仕事で高い技術力を持っていたおじさんは、それを海外で生かしてみたいとの希望を持ち始めていました。

ある日おじさんは突然旅に出ました。突然国際電話がかかってきて、やぁ、今僕がどこにいるか当てたら小遣いをやるぞ、ただし現地通貨で、というのがおじさんの第一声でした。

今おじさんは、ある国の水の事業に携わっているそうです。国際貢献だよ、定年海外協力隊と呼んでくれと、第二の青春に突っ走っているようです。かっこいいおじさんです。


[38]無駄に元気なお年寄り intetu

自分のばあちゃんは、帰省するたびに「もうこれで会うのは最後かもしれない」とか

死ぬ死ぬと言ってかれこれ20年くらいになりますが、未だに元気です。

実家からはめったに電話が掛かってきませんが、たまに掛かってくるといよいよ逝ったかとドキっとします。

今ではもう少しで100歳に届きそうなので、「表彰されるから100歳まで生きれば」と言っています。


[39]>37 定年後も夢も持って S2C

頑張っているってかっこいいね。

これからの高齢者社会、こういう人が増えると

いいなって思ったよ。


[40]>36 お世話になった伯父さん intetu

自分もお世話になった伯父さんを亡くしました。

仕事のことでいろいろ面倒を見てくれた伯父さんだったので

無くなったときは泣きました。


[41]>35 ○・・ちゃん! nanairokamen

○小生の田舎では親類に限らず隣近所の人は皆○○ちゃんと下の名前で呼び合っていました。片田舎ですが350年の歴史があります。・・


[42]>34 ウチの actro

親とまったく同じですね。

私もいとこの中で一番年下になるのですが、よく遊んでもらいました、

というかおもちゃにされてました。。。


[43]>33 姉の子 intetu

子供は嫌いだと公言してきたんですが、

姉の子供が産まれたときに可愛くて可愛くて仕方なかったです。

身内の子供っていうのはぜんぜん違うんですね。


[44]○伯父さんの息子さん! nanairokamen

○伯父さんの息子さんに幼少の頃、妹と二人・・

松島見物に連れて行ってもらいモーターボートで島巡りをさせていただきました。・・

その時!昼食に「ざる蕎麦」なるものをご馳走してくれました。

初めて口にするものでしたが・・世の中にこんなに美味しい物があるのか?・・

と思ったものです。いまでもざる蕎麦が大好物です!


[45]稀に見る純愛で嫁さんゲットの従兄 YuzuPON

従兄の彼女を初めて見たのは、私が中学生の時でした。その時従兄は高校生。かわいい彼女を連れていました。家はそんなに近くありませんが、なぜか大きな街に出ると偶然すれ違うことがあり、それからも何度も会うことがありましたが、そのたびに同じ彼女と一緒にいました。ラブラブの二人でした。

そんな従兄が地方の大学に進学することになりました。就職後も東京に戻ることなく地方赴任でしたので、それからはぷっつりと従兄との交流は途絶えていました。

何年もたち、ふと従兄のことを思い出しました。そういえば彼女との付き合いはどうなったのかな、高校卒業と同時に今日まで遠恋なんて考えられないから、きっともう続いていないだろうなと思っていた矢先に、結婚式の案内状が届きました。驚いて従兄の実家に電話してみると、叔母さんが出て、相手は高校生のころから付き合っていたあの彼女だとのこと。ずっと遠恋で愛情を温め合ってやっとゴールインとのことでした。

結婚式では、友人のスピーチで、長すぎた春などといいますがこの二人は離れていても常夏のような熱い遠距離恋愛でした、なんて言われていました。

大学の四年間、そして社会人となってから数年。通算十年近い遠恋です。よくもそんなに一つの心が貫き通せたと思います。これぞ純愛と呼ばずに何と呼ぶべきでしょうか。私もそんな熱い恋をしてみたいと思います。従兄を師匠と呼びたい今日このごろです。


[46]>43 甥っ子 S2C

子供好きって訳じゃなかったんだけどやっぱりかわいいね。

24時間一緒になると大変なんだろうけど、自分の子じゃないと

一緒にいる時間が短い分大変ってこともなくてかわいくて仕方ないね。


[47]>39 海外でボランティアをやっていた従兄弟 intetu

無くなった従兄弟がやっぱり海外でボランティアのようなことをしていました。

日本に戻ってきたときにいろいろ話を聞かせてもらったのですが、数年前に病気で亡くなりました。

そういう志を持った人が早死にするのはすごく悲しかったです。


[48]>41 あだ名 intetu

自分の奥さんの両親は、奥さんのことをあだ名で○○タンと呼ぶんですが、

田舎なので義理の両親に限らず、町の他の人も○○タンとあだ名で呼んでてびっくりしたのを思い出しました。


[49]>16 ラグビーが好きな叔父さん intetu

叔父さんの趣味というか好きなものにラグビーを見ることがあります。

お正月に叔父さんが来たときは一緒にラグビーを熱くなって応援しますよ。


[50]>13 親戚の子供 kin1974

うちも親戚に赤ちゃんができました。親戚の子供は特別かわいいですね。いますぐ会いたいです。


[51]トラウマになったレコード intetu

子供の頃に、親戚の家に行ったときに、年上の従兄弟がレコードを聞かせてくれたんです。

そのレコードというのは、ブルースリーの死亡遊戯だったかのレコードです。

全編、ブルースリーの意味不明な奇声が入ってるものなんですが、映画を見てない自分はただ恐ろしいだけ。

その夜、怖い夢を見てうなされ、次の日熱を出しました。

しばらくして、従兄弟が禁じられた遊びのレコードを買ってくれました。

罪滅ぼしだったのだろうか。


[52]エッチな本 intetu

子供の頃、年上の従兄弟の家に行くのはある楽しみがありました。

そうです、その従兄弟のエッチな本が見れるからです。

その従兄弟は漫画の本をたくさん持っていたので見せてもらってました。

その中には、子供にしては刺激的過ぎる本もたくさんあったのですが、

手塚治虫の火の鳥とか全巻あって、すごく人生経験になりました。


[53]>50 おめでとうございます(^^) tibitora

従兄弟さんに赤ちゃんのご誕生おめでとうございます^^

赤ちゃんがいると大人たちも和みますよね、元気いっぱいに育ってかわいい声で呼んでもらえますよ(^^*


[54]ダンディなおじさま(はぁと) TinkerBell

このおじさまは、父の兄にあたる方なのですが、とにかくかっこいいんです。

容姿もかっこいいですが、振る舞いが一から十まで紳士なんです。

小学生のころ、このおじさまに連れられて街を歩いたことがありました。

まだ7?8歳のころでしたのではっきり記憶がありませんが、

結婚式か何かで泊まりがけで出かけた時だったと思います。

そうしたらこのおじさまは、そんなガキんちょの私を、

まるで大人の女性のように本当にていねいにあつかってくれたんです。

私は大感激してしまいました。

ガキのくせに、いつかこのおじさまにエスコートしてもらえるにふさわしいレディになろうと思ったほどでした。

いまだになっていませんけど(笑)。

おじさまは年齢を重ねるごとに、ダンディでかっこよくなっています。

しかしキザなところがまるでなく、浮気も一切しない奥様一筋のようで、

父はいつも、兄貴はまじめだよなぁ、まじめすぎるよと言っています。

でも堅苦しいところも全然なく、優しい、すてきなおじさまです。


[55]>48 名前で tibitora

名前で呼び合うと親近感が沸きますよね、家でも仕事場でも^^

nanairokamenさんの田舎ではご近所の方たちが下の名前で呼び合っているのですね、あたたかみがあるなあと思います。


[56]>23 いつも勉強を教えてくれた叔父さん gday

私の叔父さんは先生ではありませんでしたが物理や数学に強くてよく宿題を教えてもらってました。

叔父さんが近所にいなかったら私の物理と数学の成績は悲惨なものになってたと思います。

感謝感謝です。

ひるがえって甥っ子姪っ子に何か教えられるような事があるかと思うとあまり無いんですよね。

そう思うと叔父さんはかなりすごいひとなんだと改めて思います。


[57]>53 おめでとうございます! TinkerBell

赤ちゃん、かわいいですよねー。

私も親戚にそれはもうかわいい赤ちゃんがいるのですが、

家が離れているのでなかなか会いに行けません。

夏に遊びに行って、いっぱい赤ちゃんと過ごしたいと思っています。

大きくなったら私のことはぜったい、おねえちゃん、と呼ばせます(笑)。


[58]>46 甥っ子 tibitora

私にも甥っ子がいます^^

いろいろ困ったこともしてくれますがかわいいです☆

あと何年かしたら身長をぬかれるんだろうなとおもいます(笑)


[59]>57 おめでとうございます。 helltaxi

赤ちゃんは成長が早いので次会う時になると

ぐっと成長していて驚かされます。

言葉をしゃべるようになるとまた違った楽しみがありますよね。


[60]>31 おばあちゃん tibitora

私のおばあちゃんは数年前に亡くなってしまったのですが、子供のころよく家に来て相手をしてくれていました^^

みなさんのおばあちゃんには元気で長生きをしてほしいです(*^^*)


[61]>58 姪っ子 gday

姪っ子は海外に住んでいるので会う機会が少なくて、会う度にすごく成長していて毎回びっくりさせられます。

そして会う度に日本語があやふやになっているので会話も難しくなってきました。

英語をもっとがんばらないとなー、と自分に言い聞かせています。


[62]夏休みは従兄弟と家でお泊り tibitora

子供のころ夏休みになると数日間従兄弟がうちに来てお泊りをしたり、反対に従兄弟の家に行ったりしていました^^

家の兄弟と従兄弟とあわせて4人でわいわい遊んだり楽しかったです。

今思えば親たちは片方の家に子供が行っているのでそのときに息抜きをしていたのかなとも思います(笑)


[63]船乗りの叔父さん gday

うちの親は兄弟がやたら多くてその中でもユニークな叔父さんがいました。

私が子供の頃、その叔父さんは船乗りで大型貨物船の通信士をしてました。

暫く見ないなーと思っていたら海外の色々な変なモノをお土産を持ってきてくれて今回はどういう国に行ってそこにはどういう人が居てとか土産話を聞かせてくれました。

今はもう船会社のリストラで船乗りはしてませんが、その時の話が面白くて楽しみにしてました。


[64]>60 うちのおばあちゃん linne

うちのおばあちゃんはもう亡くなっておりますが、その時の思い出でも。

夏休み、私は田舎のおばあちゃんの家に遊びに行きました。

その時、いつもおばちゃんは冷蔵庫にアイスを買っていれておいてくれるのです。

それも私が好きそうなものばかり。

孫が遊びに来るのを知っていて、毎年こうやってアイスを買っていれておいてくれるのです。

そのせいか、私はおばあちゃんの冷蔵庫を開けるのが楽しみで。

今にしてみると、このおばあちゃんのちょっとした優しさ、思いやりに涙が出てくるほど有り難い思いがするのです。


[65]>63 おお! to-ching

羨ましい・・・物知りだし、珍しいものを沢山持ってきたのでしょう、良いですね。


[66]>56 私の叔父も to-ching

教師でしたので、話の途中に突然問題をだされたり・・・。夏休みの宿題のテーマも決めてくれました。なんと「蛾」の標本作り!これには担任も引きました。


[67]>52 そうでした・・・ to-ching

従兄弟から受けた性教育ありましたね?懐かしいです。かなりの影響力あったと思います。


[68]>62 夏休み to-ching

従兄弟4人で行動をともにしてました。夜お化けの話しをして、トイレにいけなくなってしまう事もしばしばあったです。蚊取り線香のにおいも懐かしい・・・。しかし、如何して暑いという記憶がないのか?不思議。


[69]アニキと呼びたい従妹 tough

従妹です。私より年下です。しかし、とにかく頼もしいやつなんです。子供のころ、親の実家に行った時が最初の出会いでした。真っ黒に日焼けした元気な男の子。それが従妹の第一印象でした。田舎育ちの従妹は本当にたくましく、私に色々な自然の中での遊びを教えてくれました。幼かった私は年上のアニキに連れられているようについて回っていました。

次に会ったのは小学校の高学年になった時でした。相変わらず日に焼けた肌の元気な姿でしたが、短かった髪はすっかり長くなって、どう見ても女の子です。最初は誰だかわかりませんでした。でもすぐにまた最初に会った時と同じように打ち解けられました。活発で気持ちがサッパリしていて、女の子だということは認識しましたが、姉貴と呼びたいような存在でした。

その後も定期的に会っていますが、今も従妹は、男らしい頼もしい存在です(笑)。見かけはすっかりかわいいお嬢さんですが、私が何か相談を持ちかけると、頼れるアニキのように本当に親身に受け止めてくれるのです。

でも、従妹はやはり年頃のかわいい女の子です。世間様では妹にしたいタイプで通っているようです。そろそろアニキにしたい存在なんて思っていると、一発殴られるかもしれません。また夏に会います。その時は徹夜で飲もう、な、アニキ(笑)。


[70]>55 私は to-ching

○○チャンと(苗字!)子供達に呼ばれてます。何故なんだろう??


[71]>51 あはは・・・ to-ching

それは面白い経験でしたね、確かにあの曲は何も知らないと恐ろしいかも・・・おどろおどろしいですし。


[72]>64 とんでも無い事 to-ching

お寺に飾ってある花が余りにも綺麗だったので、ちょっと盗んでおばぁちゃんにプレゼント・・・地獄のシバキが待っていました。悪気は無かったのですが・・・


[73]>49 共通の趣味 to-ching

歳が離れていても、一体感がありますね、特にスポーツの場合は。


[74]>38 いるいる to-ching

そんなお年寄り!でも最低20年は生きます・・・経験上


[75]>68 夏休みに従兄弟と kin1974

夏休みは必ずと言っていいほど泊まりに行ってましたね。家の中で騒いで遊んだり、カブトムシを捕りに行ったりしてました。


[76]ぶどう酒を造ってくれた・おばぁチャン to-ching

良く、押入れの下にカメで作っていました、ブドウは爺ちゃんが取ってきたヤマブドウ。焼酎も入れます。私小さい頃から酒類が好きで、毎日飲みに行き、毎日赤い顔をして家に帰ったものです。とんでもない小学生でもあり、また、ばぁちゃんも良くないな?


[77]>22 いい叔父さん kin1974

いい叔父さんですね。本を薦めてくれるのはすばらしいことです。


[78]>76 お酒はお酒でも kyonkyon-8

私のおばあちゃんは甘酒を作ってくれましたよ。

酒かすを溶かすやつじゃなくて、お米を発酵させて作るやつです。

他にも自家製アイスクリームを作ってくれたこともあったっけ。


[79]>75 お盆 kyonkyon-8

お盆の頃は母方の田舎に墓参りをかねて遊びに行きます。

そこには同じ年代の従兄弟がたくさんいるので、子供の頃はすごく楽しみでした。


[80]>74 元気だったじいちゃん kyonkyon-8

亡くなったじいちゃんは死ぬ直前まですごい元気でした。

離れて住んでましたが偏屈で有名だったそうです。

一度も病院に行った事が無いというのが自慢のじいちゃんでしたが、

90過ぎで初めて風邪で病院にかかったんです。

それが知らせだったのかもしれません。

その後一月ほどで亡くなってしまいました。


[81]>72 ぼけてはいないのですが kyonkyon-8

実家のばあちゃんは、ぼけてはいないのですが、

たまに帰ると、ちょっとだけおかしなことをします。

お茶を煎れてくれるのですが、湯飲みになみなみ一杯注ぐんです。

普通せいぜい3分の2くらいで、湯飲みにお茶は普通そんなにいれる物じゃないんですが、

おばあちゃんにしてみればなみなみ注ぐことが持て成しだと思ってるらしいんです。


[82]>67 従兄弟のお姉ちゃんに kyonkyon-8

最初の性教育は従兄弟ってけっこうありそうですね。

私は姉妹がいなかったので、従兄弟のお姉ちゃんに

いろいろ聞いたことがありましたよ。


[83]>81 おばあちゃん語 helltaxi

うちのおばあちゃんもぼけていないのですが

炭酸のジュースは全部ファンタと言いますし

ファーストフードは、全部マックって言います。

一緒に出かけてケンタッキーフライドチキンの

前を通りかかった時にケンタッキーを指差して

「マック買って帰るか?」と大きな声で言って

恥ずかしかったことがあります。


[84]>30 ほとんど会いません kyonkyon-8

私も含め最近の人って親戚づきあいが面倒って人が多いみたいですね。

お葬式や結婚式ぐらいしか顔を合わせない親戚がほとんどです。

たまに会うと近況を報告して終わりみたいな感じになっちゃう。


[85]年賀状で近況を知る kyonkyon-8

親戚や従兄弟って特に何も無ければ連絡を取らないので、

年賀状を見て初めて「子供が産まれたんだ」とか「住所が変わったんだ」とか知ることが多いです。

そういうこともあって、年賀状だけは親戚や従兄弟に出すことにしてるんですよ。


[86]寡黙な祖父のムスッとした顔に愛が見えた日 Catnip

祖父は勤勉実直を絵に書いたような人ですが、それだけに冗談も言わず笑いもしないような人でした。いつもムスッとした顔で口をキリリとへの字に結び、せっかく夏休みでやって来た孫が後ろから声をかけても、ああと一言発して振り返るだけで、またプイッと正面を向いてしまうような人でした。ですから、子供の私にとって、祖父はとても苦手な存在でした。苦手というより、どう接していいかわからない恐い人、というのが正直な印象でした。

しかしある年の夏休み、祖父や伯父たちの家に泊まっていた私は、ちょっと出かけた時に、折悪しく交通事故にあってしまったのです。もちろん事故なんて軽い接触程度で、泣くこともなかったくらいの軽微なものでしたが、普段交通事故などない田舎町ではそれでも大事件らしく、それこそ駐在のお巡りさんが来る前に付近の消防団員が制服姿で駆け付けてくるほどの大騒ぎになってしまいました。

念のためと連れて行かれた病院で診察を受けていると、伯母と祖父がやってきました。両親はちょうど少し離れた親戚に挨拶回りに行っていて不在だったのです。

診察が終わって、祖父と伯母は医師から説明を受けていたようです。ドアが開いて祖父が出てくると、目が真っ赤でした。いつものへの字口をさらにギュッと固く結んで、私の頭に手を乗せてくれました。一言も言葉は発しませんでしたが、手の平の温かさから、どんなに私のことを心配してくれたかが痛いほどに伝わってきました。私も一気に涙が吹き出してきて、祖父にしがみついて泣いてしまいました。祖父は、父と同じ匂いがしました。

それからも、相変わらず祖父は寡黙な人でしたが、むっつり顔の下に大きな温かい愛があることを知ってからは、大好きなおじいちゃんになりました。


[87]>80 うちの親戚のばあちゃんも・・・。 taknt

まだ元気なようなで 何よりです。

いつまでも元気でいて欲しいと思いますが、

人は いつか死にますからねぇ。

せめて あと ン十年ぐらいは 元気で長生きして欲しいものです。


[88]>47 老後は海外へ taknt

海外だと わりと安く生活できたりするようで、

老後に海外に移住する人が多いようです。

そんな中で ボランティアで海外に行くのもいいですよね。

ただ、それも体が 元気ならば です。

若い頃から健康に気をつけていればですよね。


[89]いつも野球してくれるおじさん nakata-ryo

気の向いたときだけですが丁寧に教えてくれて友達と遊ぶときに役に立ちました。

今では体力的に一緒にすることは難しくなってますが大切な思い出です


[90]向上心のあるおばさん nakki1342

親戚のおばさんが好きです

最近、英語を再び学び始め、英会話学校にも

通い始め、その他に小さいけれど畑で

色々野菜を作ってる人なんですけど

Gパンも似合うし、ステキな人です


[91]>79 親戚の家といえば taknt

お泊りですよねぇ。

私も たまに 泊まったことがあります。

なんとなく自分の家と雰囲気が違う思い出がありますねぇ。


[92]>91 夏休み futanbo

田舎から離れて住んでいた我が家。夏休みしか、従兄弟に会えなかったけど、血のつながりのせいか、すごく仲良くて、楽しくて、みんな大好きでした。大人になってから全然交流ないのが残念です。


[93]>91 夏休みですね。 nakki1342

小学生の頃、親戚の家に

お泊りをしたことはありましたね

夏休みですが

ある年の夏休み、泊まった日には

大事件がおきて親戚の家で

ずっとTVを見てたのを覚えています。


[94]ナイーブなおじさん futanbo

父の弟だったおじさん。父が死ぬより先に若くで亡くなったんですが、すごくナイーブなおじさんでした。おじいちゃんのお葬式で、おじいちゃんが焼かれる前の最後のお別れのとき、兄弟の中で一人だけ号泣して、人目をはばからず、棺おけにすがりついて、「おとうちゃん!」って叫んでる姿が忘れられません。きずつきやすくて、早く天国に行ってしまいました。大好きなおじさんです。


[95]>1 よかったですね futanbo

従兄弟さんもきっと、あなたに感謝してると思います。兄弟でもなく、友達でもない、従兄弟って微妙な距離感ですね。


[96]>93 夏休み wacm

夏休み

最初と最後の3日以外は、ずっと祖父母の家にいました。

泳ぎに行ったり、扇風機に当たりながらアイスを食べた感覚が忘れられません。


[97]>83 おばあちゃん wacm

70を超えても、地元で仕事をする祖母。

仕事してないと生き甲斐がないそうだ。

元気を与えるべき孫が、反対に元気をもらってます。


[98]おおらかなおばさん futanbo

母の妹に、3000万の借金の保証人にだんなさんがなって、借りた人が逃げて、その借金を背負ってる人がいます。(しかも逃げた場所とか知ってるんです)、借金を全額肩代わりして、家も売って、退職金も全部使って、まだ足りなくて。でも、全然深刻な顔をしないで人生を楽しんで生きています。お金を貸してる兄弟たちはおばさんののんきぶりをよく愚痴ってますが、私はそのおばさんを尊敬してます。私だったら絶対耐えられないなって思います。だんなさまも、お人よしすぎるんだけど、偉いなあって思います。


[99]イトコのお兄ちゃん CandyPot

私は一人っ子ですが、実の兄のように慕えるイトコがいます。一つのお菓子を二人で分けて食べ合ったり、私がやってしまった失敗をかばってかわりに叱られてくれたり、子供のころから本当に優しいお兄ちゃんでした。

今はほとんど会える機会はなくなってしまいましたが、それでも何かあると、一晩中でも電話に付き合ったりしてくれます。無料通話で夜明かしができるようにと、わざわざ私のために、使っているプロバイダまで変えてくれたほどなんですよ。え、Skypeとかでもいいだろうって?実は私は悲しくなるとお布団にもぐって丸くなってしまうクセがあるので、そういう時は携帯かコードレスの子機でないと通話できないんです。

小さなころは一緒にお風呂にも入ったし、一つのお布団で一緒に寝たこともありました。世界で唯一、私の全てを知っているのがお兄ちゃんです(きゃぁ)。そんなお兄ちゃんも、そろそろ結婚が決まるらしいです。ふぇーん、そうなったら一晩泣いてやる。もちろんその時の電話の相手もお兄ちゃんです。


[100]お迎え sidewalk01

幼稚園、小学校とバス通学だったのですが、祖母が毎日毎日小学校中学年くらいまでバス停に迎えに来てくれてました。何百回と家までの道を一緒に歩いた記憶は今でもしっかり残ってます。


[101]帰省すると大量のご飯 sidewalk01

実家の祖母は生前、帰省するとかならず大量の食事を作って「まだ、足りんのんじゃない?」と相当量出してきました。まるで高校の時の要領で。祖母なりの愛だなと思いました。


[102]中学生のいとこ sidewalk01

学校の人間関係で目下悩み中。昔の自分を見るようで、頼ってきたら支えてあげようと思ってます。


[103]>70 あだ名 futanbo

昔からの幼馴染が、お年寄りになって、昔のあだ名で呼び合うのって素敵ですよね。あこがれます。「おばあちゃん」というあだなの友達がいるのですが、年をとったら、ややこしいなあ。呼んだら、お年寄りみんながふりむいちゃう。


[104]>97 無償の愛 sidewalk01

を祖母に感じました


[105]お盆と正月 sidewalk01

に一気に親類と会うので、面白い反面、疲れちゃいます。飲み会には付き合いで入ってます(汗)


[106]スポーツを支えてくれるおじさん達 sidewalk01

小学校のスポーツではおじさんたちに支えられて練習試合や、日々の活動が出来てました。いつかは自分も関わりたいなと思います。


[107]>84 出来るだけ避けたい・・。 nakki1342

私も親戚づきあいが面倒くさい

そう思ってしまいますね

1年に2回会うんですけどね、

(正月とお盆)

話をしにくい人がほとんどで・・

訪問するのもおっくうなんですよね

もちろん

親戚すべてが話をしにくい人だけとは

もちろんいいませんが


[108]>87 すごい人たちはいます sidewalk01

まけてられないですね。


[109]果物農家のおじさん sidewalk01

がいるおかげで、ブドウやナシには困らないです。ありがたやー。


[110]叔母さんは強い sidewalk01

親戚の叔母さんはバイタリティがあって、今でも活発に動いてます。いやー女は強いと感じさせられます。


[111]>54 そんな親類がほしいです。 sidewalk01

皆生活観であふれてるので、羨ましいような、うちには似合わないような。


[112]>95 元気になられてよかったですね tibitora

らーめん屋さんや面白いお店、helltaxiさんの心遣いに従兄弟さんも嬉しかったと思います^^

そして従兄弟さんのご結婚おめでとうございます(^^*


[113]>109 それはよい eiyan

それは羨ましいですね!

普通はなかなか貰えないもの。

それが貰えるのは感謝感激ですね!


[114]>110 そうですね! eiyan

女性は男性に比べて長生きします。

それは体力がそうなってますね。

女性は強しは実感ですね。


[115]>106 ボランテア eiyan

おじさんたちの優しさが伝わってくる様です。

そういう活動を見て若者は育つと自分も将来そうなりたいと思うのですね。

素敵なおじさんたちですね。


[116]>105 親戚 eiyan

親戚は何かと会いますね。

昔はすぐ会合や飲み会でしたが、最近は飲酒運転が厳しくなったのでそうもないですね。

やはり親戚は大切にしたいものですね。


[117]弟の子供 sayonarasankaku

弟の子供は小学生と1歳。

うちの子供はもう大きくなってしまっただけに、

見てるだけで可愛いです。

うちに泊まりに来てくれないかな。


[118]>102 いとこ eiyan

兄弟いとこは兄弟がいないものにとっては羨ましいものです。

喧嘩も出来ないし、相談相手もいない。

一人寂しい境遇は寂しいものです。

友達もいいですね。


[119]>117 おじさん eiyan

兄弟のいる人は贅沢な悩みになりますね。

子供から見ればお年玉の楽しみ。

そんな風に思ってくれるおじ様は羨ましいですね。


[120]>101 ご馳走 eiyan

思い出すと親戚に行くと決まってお料理が出ました。

今はそのお料理を出す人は逝なくなり、お料理は出ないです。

そんな想い出が蘇ります。


[121]>100 送り迎え eiyan

今は怪しい人が横行するので通りに人が立つ様になりましたね。

おばあちゃんが迎えに来るのは嬉しいもの。

そんな想い出があるのは幸せですね。


[122]>99 羨ましい eiyan

よく映画でありますね。

映画のドラマみたいで羨ましい限りです。

そんな素敵な人がいるなら大切にしてね。


[123]>98 素晴らしい eiyan

そんな苦境に遭ってものんきですね。

そんな素晴らしいおばさんも本当は困っているのでは。

でもどんな苦境も乗り越えられるのですね。


[124]>122 わたしにも juic

事情で1年ほど一緒に住んでたので、よく遊んでもらいました。


[125]ちょっとした心遣い。 nakki1342

もう7年前に亡くなってしまった祖母ですが

私たちが祖母の家から自宅へ帰るとき

お土産とかを持たせてくれたんですが

それを入れる袋には、必ずお守りのように

そっとビニールひもを軽く結んだものを

入れてくれました

(魔よけのようなものとして)

今でも親戚のおばさんがそれをすると

亡くなった祖母を思いますね


[126]>112 よかったですね neoryokucya

きっと言葉に出さなくても感謝していることでしょう。

おいしい食べ物は人を幸せにしますよね。


[127]>59 おめでとうございます。 GoToMariaClub

親戚に新しい仲間が増えて幸せ倍増ですね。

今から成長が楽しみですね。


[128]>120 歓迎の料理 toukadatteba

実家や親戚の家に久しぶりに帰ると、ありましたねぇ。

もうなかなか帰っていませんが、懐かしい。


[129]みんな仲がいい。 ttz

特にけんかもせず、たまに会ってはワイワイ。それで十分。


[130]話が上手。 ttz

盛り上げ役のおじさんていると思いますが、まさにそれ。みんなで集まったときに笑わせてくれる係り。いるといないでは大違いなんです。


[131]唯一の兄弟。 ttz

2人兄弟です。最後に本当に頼れるのは兄弟だけなのかな。いろんな場面で保証人になってもらったり。他人には頼めないし、頼まれても引き受けないし。


[132]>104 何でもできる祖母 some1

家事一般の炊事洗濯掃除は当然として、

縫い物、風呂は薪での釜焚き、布団の打ち直しなど、

万事をこなされていたそうです。

分業が進むほど人間は様々なスキルを失うものだなとも思いました。

とはいえ、今ではソーラーの湯沸し機を使ったり自動化されているもので、ゆったりと暮らして頂いております。


[133]やたら雄弁で、でもどこかが抜けている楽しい叔父さん TomCat

とにかく理想を雄弁に語るのが好きな叔父さんがいます。私もそういうのは結構好きな方なので、時々お招きを受けては、夜を徹して語り合ったりします。しかしこの叔父さん、どこか抜けた所があって、そこがまた面白いんです。たとえば冬にお招きをいただいた時はこんな感じでした。

叔父「・・・・で、だな、俺はこの『何々らしく』という決めつけがいかんと思うんだな」

「ふむふむ」

叔父「たとえば男は男らしく、女は女らしく、子供は子供らしくという、こういう限定された人間像しか求めようとしない社会では、進歩というものがないわけだ」

「あ、それは分かりますね」

叔父「だろ、よし、それじゃ今夜は絶対に『らしく』という言葉は使わないようにしようじゃないか、今この場から『らしく』を追放だ」

「わかりました、それでは今夜『らしく』と言ったら一回百円の罰金ってことで」

叔父「よし、それでいこう、で、続きだ、この国をより素晴らしくしていくためにはだな・・・・あ、あれ?あれれ?」

「・・・・」

叔父「この国をより・・・・すば・・・・すば・・・・ら・・・・し・・・・く・・・・あ゙ー!!」

・・・・・・叔父さん自爆・・・・・・

叔父「うは、うはははは、ま、ハンペン食え、大根もよく煮えてるぞ」

「あは、あはは、冬はおでんに限りますよね」

叔父「だろ、このゆで卵も味が染みてうまいこと、うまいこと。あ、すまん、そこの芥子くれる?」

「はいはい・・・・と・・・・あ・・・・」

叔父「え?え?」

「カ・・・・ラシく・・・・」

叔父「ぐ、ぐあぁぁぁっ」

・・・・・・叔父さん撃沈・・・・・・

と、こんな感じですw

でも、「理想とは理に叶った想いであり、それは実現可能な目標である。実現不能な空論は理想とは呼ばない、空想と呼ぶのだ」と強弁してはばからない若々しい叔父が、私は大好きです。


[134]>128 実家の料理 wacm

久々に帰省すると、両親が歓迎してくれる。

故郷の味を味わうことができて幸せ。


[135]>92 夏休み tibitora

私も大人になってから従兄弟たちと交流があんまりないです。大人になったら夏休みのない人もいてみんなで集まる機会も少なくなってしまいますよね。またいつかわいわいと集まって遊んでみたいです(^^)


[136]>129 仲良し tibitora

みんな仲がいいのが一番ですよね^^たまに会ってワイワイ・・・いいなあと思います。

従兄弟全員で集まってわいわいとしてみたいです。でも休みが合わないと無理ですが(^^;


[137]>134 実家ごはん tibitora

私も実家に行った時はごはんをたくさん出してもらえます。

多すぎるので甥っ子の好きなおかずがあると甥っ子に少し食べてもらったりしています(笑)エビフライとか^^


[138]>103 うちもあだ名で呼んでます helltaxi

思春期に親を呼ぶのが照れくさくなってあだ名で

呼ぶようになって以来、今もあだ名で呼んでます。


[139]>133 若若しい雄弁さ siyal

楽しい会話と雰囲気を作れる年輩の方は若い者に好かれますね。


[140]>77 おじさん siyal

穏やかないいおじさんですね。本は自分との対話でしょうか。


[141]とにかく優しいウチの嫁。 ttz

ここには素直に書き込める。。


[142]>45 純愛 siyal

いとこの純愛、長い付き合いで結婚する縁もあるんですね。


[143]>132 祖母 siyal

祖母は何でもできますね。梅干しから、大工から、せん定から庭仕事。


[144]>138 いいかもです。 ttz

あと何年先には我が家にもそういう文化を根付かせてみようかな?。


[145]>143 おばあちゃんの知恵袋。 ttz

みたいなものですかね、まさに。もうとうの昔に亡くなってしまいましたが。いろいろ教わりました。


[146]西の魔女が死んだのおばあさん koukame

あのおばあさんが大好きです。ジャムを作り、ラベンダーを育て、孫と心でぶつかり育てています。

熱い湯を庭に撒いたり、ハーブティを作ったり。魅力的な女性だと思います。


[147]>135 従妹 koukame

子供のころ良く肝試しをしたり虫を捕りに行ったりしました。又連絡したくなりますね。


[148]自分が子供だった頃にかわいがってくれた伯母さんが。 ttz

今はおばあちゃんになっています。今度は逆にこっちが伯母さん孝行しなきゃって、過去のお礼を込めて。


[149]>82 身内ではタブーだったかも。 ttz

兄弟親戚とそういう話したり聞かされたりしたこと、ないかもです。堅い家族なのかな?


[150]>147 お泊り会。 ttz

夜遅くまで走り回ってました。人の家で。迷惑だったろうな?。自分が大人になって子供を見ると、よーく分かります。。


[151]>137 田舎なし 実家近くて 帰省なし。 ttz

みんな近郊に住んでいて、田舎っていうものがありません。羨ましいな。帰省っていう感覚を得たこと無いです。


[152]>151 いっぱい actro

まさしく今年のゴールデンウィークはそんな感じでした。

もう食べきれないんじゃないかと言うくらい大量でしたね。

でも、大勢でワイワイ食べるのは美味しく感じられます。


[153]>151 田舎 futanbo

田舎の方って、なんでもたくさんくれたり(野菜とか)、料理のおもてなしもすごいですよね。でも、特にかわいいお孫さんが来るのがすごく嬉しかったんでしょうね。おばあさん。愛されてますね。


[154]>145 手料理 actro

最近はあまりしなくなったのですが、以前はよく祖母の手料理

を食べていました。その中でもやはりいなり寿司は絶品で

たくさん食べてましたね。


[155]>145 手作り futanbo

おばあちゃんの手作りの物を喜んで使ってくれるお孫さん。いいですね。最近の子だと、「こんなんいらん」とか言っちゃう子もいそうな気がして。私は叔母さんが、よくマフラーとか、妹とおそろいのを作ってくれたのを覚えてます。やっぱり手作りの贈り物は記憶に残りますね。


[156]>150 花火 actro

小さい頃ですがお盆に親戚の家に行くと、必ずプチ花火大会をしていました。

大量に花火を買ってきて、叔父、従兄弟など大勢でするのがすごく楽しみでした。


[157]>113 うちも futanbo

島根の果物農家のおばさんから、梨が毎年送られてきて、おいしかったです。今はやめちゃったので、残念です。


[158]>61 妹の子 futanbo

四つ年下の妹の子(姪)が今一才半です。最近妹の小さい頃にすごく似てきて可愛いです。妹はまあまあ年がはなれてたので、すごく可愛くて母より私の方が妹を見てたので、なんか懐かしい感じです。


[159]>140 おじさん futanbo

知的なおじさんですね。本を読むことは確かにいいことです。でも、たぶんおじさん自身がすごい本好きなんでしょうね。本には好みがあるから、おじさんの好むものと、W83さんが好きなものが一致してるとすごくいいと思います。でも、もし読書があまり楽しくないなら、伯父さんには悪いけど、毛色の違う本も読んでみてください。


[160]>159 読書は財産になる Lady_Cinnamon

そんな気がします。といっても私も読書量が多いわけでもなく、読んでいる本のジャンルなど偏っているので偉そうなことは言えないのですが。

ただ大人になって読書の大切さを痛感したことは事実です。何と言うか、頭の中の「引き出し」の少なさに愕然とした事があるのです。

本だけが知識につながるわけではありませんが、経験不足を補う人生の指南書も多数あります。

食わず嫌いな私ですが、本を勧めて貰うと、なんとなく読んでみたくなる・・・とりあえず、出会いというか、きっかけにはなると思うんですよね。

W83さんの伯父さん、特に深い意味を込めているわけではないのでしょうが、本を話題に話が出来る、これは良いよと勧めてくれるというのは、W83さんを少なからず大切に思ってくれてる方なんだろうなと思いました(^^)


[161]>127 ありがとうございます。 dankichik

たくさんの方に祝福していただけて嬉しいです。

こんなに小さな赤ちゃんをだっこしたのは初めてで感激しました。柔らかくて、落としちゃダメだと思うと緊張なんですけどね。。次に会う時には大きく、重くなってるんだろうなー。


[162]>124 かわいいエピソード Lady_Cinnamon

お兄ちゃんとの素敵でかわいいエピソードが沢山詰まっているんですね(^^> 私は従兄弟たちの中でも1番上なので、そういうお兄ちゃんが欲しかったです(いいなぁ?憧)

>そんなお兄ちゃんも、そろそろ結婚が決まるらしいです。

>ふぇーん、そうなったら一晩泣いてやる。

>もちろんその時の電話の相手もお兄ちゃんです。

うふふ。笑っちゃいけない事だけど、ちょっといじらしくてかわいらしくて、笑みがこぼれてしまいました(^^)

きっとどんなに時が経っても、CandyPotさんの涙をぬぐってくれるお兄ちゃんでいてくれますよ☆


[163]>158 気をつけたい。 nakki1342

弟に1歳の男の子がいますが

ホント、かわいいですね

私もあまり子供は好きではないけれど

自分に近い関係だと違うんだなと

思います

でもかわいがりたいけれど

周りから”ひかれないような”程度を

心がけたいなと

親戚のおばさんが

彼女の妹の子供を溺愛してるのを見て

気持は分かるのですが

少し嫌気持になってしまうので


[164]>88 すばらしい koukame

夢を持った前向きな方がいらっしゃるのですね。


[165]>163 かわいい koukame

子供が好きになりました。姉弟に似ているところが又かわいいですよね。


[166]>139 理想 koukame

理想を持っている人は若いですよね、おいくつでも。

また、話を聞いてもらえるおいっ子が居て幸福者ですね。


[167]>162 すっごーい hanatomi

そんな映画みたいなお兄ちゃん居るんですね。

いいなー。

まじで思います。いいなー。(笑)


[168]>154 梅干し、団子、などなど xnissy

おばあちゃんの梅干しは絶品です。あのおいしさを知ってしまうと売っている梅干しでは満足できません。おばあちゃんが元気な今のうちに作り方を教えてもらおうと思っています。

あと、端午の節句には「かからん団子」、お盆にはあんこが入っていてけせん(肉桂)の葉で包んだ団子を作ってくれるのですが、これもおいしいんですよね。離れたところに住んでいるのですが、毎年送ってくれていました。今年も送ってくれたのですが、市販品でした。さびしいですね……


[169]>166 あぁ、このまま Lady_Cinnamon

マンガにしたいほど楽しいエピソードですね(^▽^) こんな遊び心(いや、きっとマジメに「らしく」を抜きたいんですよね)のある叔父さん楽しいなぁ♪ 叔父さんと語りあかせるという身近な関係もいいですね。男どうしの友情ならぬ愛情(?)っていうのかな(^^)


[170]>142 素敵だなぁ? Lady_Cinnamon

確かにこれは・・・悲しいかな、昨今ではまれな純愛話ですね(・▽・)

いや?素敵すぎですよ?♪

もしも詳しく聞いたなら・・・ドラマのような展開で結婚になったのかしら・・・、あるいはほのぼのとした映画のような展開で結婚になったのかしら・・・。

とにもかくにも、考えれば考えるほど、いとこさんのお話は素敵という言葉に尽きます(*>▽<*)

きっとこういう縁(えにし)は、生涯の伴侶と呼べる間柄なんじゃないでしょうか・・・(羨)


[171]名前が同じ、伯母さんと叔母さん Lady_Cinnamon

うちの父と母はお見合い結婚だったのですが、紹介してくれたのが親族のつながりという事もあり、大きな集まり事となると、父方の親戚と母方の親戚が同席する場面があります。

そんな親戚一同、大集合というときに大変なのが、名前の呼び方です。

一応、私や親戚はおじさん・おばさん達を、名前で○○おばさんとか○○さんと呼んでいます。

そして困ったことに、父方の伯母さん(父の兄の奥さん)と、母方の叔母さん(母の妹)の名前が同じなのです。漢字こそ違えど呼び名は同じですから、大量の親戚の中から一方のおばさんを探すのが大変。

父方の親戚話で伯母さんを探すことになると、『○○伯母さん、いらっしゃる?』とかけ回るわけですが、そういう時に限って母方の○○叔母さんの方が反応して『私ならここよ?!』となるんですね。そして、マーフィーの法則よろしく、その逆のもしかり。

大きな集まりというのは滅多にない事ではありますが、そういう大事の時ほど、2人セットで待機していて欲しいわ・・・と思う、イトコ最年長・代表役の私がいたりするのです。


[172]>157 何かをやっているから さらに好きというのは ありますよね。 taknt

おこぼれを いただけるというメリットは いいですよねぇ。

ま、親戚を増やせばいいのかもしれませんが。


[173]>65 そういえば DickSmith

子供の頃やたら色々な珍しいお土産を持ってきてくれてた叔父さんがいたのですがどういう仕事をしてたのかなぁ。

ちょっと大きくなった頃にはすでに他界していて疎遠になってしまったので良く分からないんです。

謎な叔父さんでした。


[174]>32 うちの父は DickSmith

アルツで70になる前に他界してしまいました。

元気な家族はなによりですよね。


[175]>71 叔父の一人が DickSmith

えらくレコード収集に凝っていて叔父さんの家に行くたびにこのレコードは云々の話を良く聞かされました。

クラシックがメインだったので話を聞いているのが結構辛かったです。


[176]>172 うちはそういう親戚がいないのでうらやましいなぁ DickSmith

そういう親戚を持っている近所の人から時々おすそ分けを頂きますが結構立派なものを沢山くれるのでうらやましい反面どうやってお返ししようかと悩むこともあります。


[177]>164 カッコいいなぁ?(・▽・) Lady_Cinnamon

Fuelさんのおじさんの生き方、とてもカッコいいです。そしてユーモアがある所も素敵!!『定年海外協力隊と呼んでくれ』だなんて、センスいいなぁと感じます。それ以上に奥さまを無くされた後でも、奮起して夢を実現させているパワフルなおじさんが、とっても素晴らし人だと感じました(*・▽・*)


[178]>176 うちもそうでした asukab

田舎だと夏は野菜、果物を買わずにすむので、今から思うと恵まれていたなあと思います。もらい過ぎて、腐ってしまうしまうこともたびたび。豊作過ぎると捨てなければならない事情があり、農業は大変だといつも思っていました。


[179]>168 祖父母との暮らし asukab

大切な思い出だなあと思います。お年よりは若い人が自分のしたことで喜ぶのがすごくうれしいみたいなので、大感激してあげたいです。わざとでなく、心から感激するわけですから。なんて言っているうちに、自分が高齢者の仲間入りするのもそう遠くはないのでしょう。


[180]>86 人を思うということ asukab

おじいさまのお人柄が伝わるエピソードですね。目が真っ赤になっていたというところ、胸が熱くなりました。人を思いやるとはこういうことなのでしょう。表層では見せない深い愛情が、じんと染みてきました。


[181]>121 すばらしい思い出 asukab

おばあさまと歩いた道には、思い出がいっぱいですね。何百回といっしょに歩いた時間は、宝物だと思います。豊かな人生の糧になりますね。


[182]>171 名前 asukab

子どもにしてみると、名前の混同はよくありますね。うちの場合、父が8人兄弟で、うち妹姉が計4人。おばさんたちの名前はすべて「○○子」だったので、小さな頃は似たような顔立ちもあり、誰が誰なのだかちっともわからずにいました。


[183]>181 ものすごく優しいですね。 hanatomi

それってものすごく優しいですね。毎日毎日迎えに来てくれたんだ!

とっても幸せな思い出ですね。


[184]言ったとおりに呼んでくれるおばさん nakki1342

自分は、一旦親しくなった人には

さんづけで自分のことを呼び捨てで呼んで欲しいのですが

おばさんは、最初○○(本名)さんと私のことを

呼んでいたのですが

私がそうおばさんに言ったあとしばらくして

私が求めるように呼んでくれるようになりました

敬称略で呼んでくれるようになって

ホント嬉しかったですよ

(関係が近くなった気がしたので)

もちろん、自分はおばさんの事を呼び捨てでは呼んでいませんよ

○○○さんと名前の後にさん付けをして呼んでいます


[185]>178 みかん atomatom

和歌山の叔母さんから毎年みかんを送ってもらっています。1箱食べ切るのはなかなか難しくて、近所や職場におすそ分けをしています。


[186]>174 一生の趣味 atomatom

一生の趣味がバイクとはなんともかっこいいです。話は少し横にそれますが、うちの父、かなりの高齢ですけど車の運転をするんですね。で、オートマティックは慣れてないのでかえって危ないといまだにマニュアル車に乗っています。


[187]>160 いい叔父になりたい atomatom

甥っ子、姪っ子によい本を薦めてあげられる、よい叔父になりたいと思いました。叔父くらいの距離の人に薦められると抵抗がなくって、ちょうどよい感じになるんだろうと想像します。


[188]>115 ゴミを拾う叔父さんたち atomatom

駅近くのタバコの吸殻や、空き缶、ゴミなんかをボランティアで清掃してくれているおじさんたちがいます。早朝から。あれには頭が下がります。スポーツの指導も好きでボランティアで支えてくれている人たちが多いんでしょうね。


[189]>126 ありゃりゃ。 atomatom

先に結婚されちゃいましたか。でも、それはめでたく笑えることなので、勘弁してあげてくださいね。とても平和でよいお話です。いとこさん、きっとあなたへの感謝の気持ちを他の人にも分けてあげられる人になっていらっしゃるでしょう。


[190]>149 従兄弟とは家が離れてたから DickSmith

あまりそういう経験がなかったですね。

もっぱらその手の情報は友達の兄貴とかからでした。

でもそういう従兄弟がいたらよかっただろうなと思います。


[191]>165 孫が出来るまでは DickSmith

姪っ子とかが可愛いんでしょうね。

自分の子供と違ってちょっと離れた所から見るので妙な安心感があるし。


[192]>187 自信を持って自分の本棚を姪や甥に見せたいものですね DickSmith

あまり大した本が本棚には入っていないし。

それでなくてもちゃんと整理されてないし。

私はいい叔父にはなれそうにありません。


[193]叔父さん叔母さんがやたら多い。 Spaceshuttle

昔はどこも兄弟の数が多かったのでうちも・・・(父はその一番上) だから盆暮れには我が家に多数の叔父さん叔母さんとその配偶者と従兄弟が来ました。にぎやかを通り越して喧しいくらいです。でもお正月のお年玉もいっぱい貰えました・・・ (^_^)v


[194]農家になった叔父さん。 Spaceshuttle

定年を期に「農家」になった叔父さんがいます。つてをたどり荒れていた1h程の果樹園を取得、作業用の小屋を建て替えて新品同様で人が住める様にしました。昔からやりたかったそうです。いまでは「一週間の内十日は野良仕事をやっている。」そうです。ちょっと素敵かも・・・?


[195]いとこの苗字 hanatomi

私は大好きな従妹が居て、夏休みにはいつも一緒に一日中遊んでいたのですが従妹は名字が同じだから余計嬉しくないですか?

^^


[196]>190 性教育 atomatom

するほうもされる方も恥ずかしいですもんね。叔父さんくらいの関係の人に教えてもらうのがちょうどいいかもしれませんね。今時だとエロ本というよりもネットの情報でしょうね。ここまではギリギリオッケー、ここからはもうダメという線をきっちり教えてあげたいものです。


[197]>119 お年玉ねえ。 atomatom

甥っ子、姪っ子にあげるお年玉は額も小さくていいんですけど、親にあげるお年玉が、これが、もうキツイ(笑) 年末年始はお金使いますねえ。あはは。


[198]>89 キャッチボール kin1974

キャッチボールとかしてくれるおじさんはいいですね。昔はよくやりました。うちは甥っ子がいるので(まだ0歳)大きくなったらキャッチボールします。


[199]あったことがない叔父さん Kumappus

母方の叔父さん(母の兄)で、第二次大戦中に潜水艦に乗っていてそのまま撃沈されたというひとがいました。フィリピン方面だったかなあ。

うちの親戚は大きめな人はいないんですが、そのひとだけは例外で175センチぐらいあって力も強く、両腕に妹たちをぶら下げてぐるぐる回して遊んでくれたそうです。しかしよく潜水艦に乗れたなあ(戦車乗りよりはサイズ制限が緩かったのか?)

話を聞く度に一度会ってみたかったなあ、と思ったものです。

今日は沖縄の慰霊の日です。何か第二次大戦関係のトピックが出ると思い出す「あったことのない叔父さん」です。


[200]>197 姉の子供 kin1974

姪っ子3歳、甥っ子0歳。すっごくかわいいです。成長が楽しみですね。


[201]>199 戦争反対 mododemonandato

戦争で家族や親戚の絆も、破壊されてしまうのは、とても悲しい事です。

戦争はこれからも、絶対にしてはいけませんね。


[202]>195 自分は名字が違ったので sidewalk01

その感覚が味わえなかったです。うーん、なんかよさそう。


[203]>173 カッコイイー sidewalk01

そんな活動範囲の広いおじさんがいたら夢が広がりますね!


[204]>146 日々きちんと生活することが魔法 sidewalk01

ってすばらしいと思いました。


[205]>85 知り合いの無事や変化を知るときって sidewalk01

つながっているという絆や、なんともいえない安心感を感じます。


[206]>14 親戚のうちにあるものって凄い物に見えますよね。 sidewalk01

しかもトゥーム・トゥルーパーって(笑)


[207]>198 サッカーでパス sidewalk01

をしてくれるおじさんがいました。良く付き合ってもらいました。


[208]>202 いとこの名字 kin1974

子供のころ、一緒に遊んでたいとこの名字を気にしたことがありませんでした。今になってあの子の名字はなんだったんだろうと・・・


[209]>196 性教育 sidewalk01

いやー、親戚くらいの距離感が良いかもしれないですね。


[210]>201 戦争反対 kin1974

うちの親戚ではそういった話は聞いたことがありませんね。私も戦争反対。家族や親戚の絆は大事にしたいです。


[211]>141 言ってあげるといいですよ! sidewalk01

大切にしてあげてください。


[212]>189 よかったですね kin1974

本当によかったですね。元気で健康であるのが一番大事ですね。


[213]>200 甥っ子、姪っ子 sidewalk01

まだいないですけど、いたらかわいんだろうな。頑張れ姉、弟!


[214]>188 少年野球のおじさんたち kin1974

少年たちに一生懸命野球を教えるおじさんたち(監督、コーチ)に感謝してます。


[215]>180 いい話です! sidewalk01

喋らないと伝わらないことも多いですけど、相手の気持ちがわかる時は暖かい気持ちになりますね。


[216]>185 うちもそういう親戚がいない kin1974

うらやましいですね。果物や米なんか送ってくれたらうれしいだろうなぁ。


[217]>107 海外ゆえ…… asukab

帰国しても、同じ町内に住んでいる親戚以外、合わないですね。みんなどうしているのか、風の便りに聞くだけです。お正月とお盆は、飛行機代が値上がり、高嶺の花。よって、ますます合わなくなってしまいます。


[218]お米を送ってくれる従妹 mododemonandato

母方の従妹が農家に嫁ぎました。

毎年、お中元やお歳暮の季節になると、律儀にお米を10キロ送ってきてくれます。

お米はとても美味しく、頂いております。


[219]イラスト描くのがうまいいとこのお姉さん nakki1342

自分と同じ誕生日の年の近い

いとこのお姉さんがいます

お互いがまだ子供の頃

イラストが描くのがうまいお姉さんの事を

憧れてみていました

自分もイラストを描くのが好きだったから

今は、お互い大人になって

昔よりは、正直話づらくなった所も

正直あるのだけど他のいとこよりは

今でも

話がしやすいな?と思っています


[220]おじちゃんのこと asukab

子どもの頃から「おじちゃん」と呼んでいたのは、母方祖母の弟。つまりわたしにとっては大叔父に当たります。長兄が戦死のため、お寺の後継ぎだったのにもかかわらず、キリスト教(英国国教会系=聖公会)の司祭になり、生涯を信仰と幼稚園運営を通しての幼児教育に捧げました。

教会聖職者として生きる選択は若い頃、結核を病んだことに発します。登山中に膝を怪我して、そこから結核菌が入り片足を切断。療養生活を送った聖公会立の結核療養所で信仰に目覚め、聖職者の道を選んだのです。うちは祖父も父もこの療養所にお世話になっていて、当時亡国病と呼ばれた病気を患った本人たち、家族の気持ちを思うと、さまざまな思いが駆け巡ります。

おじちゃんは片足ですから、義足をつけていました。その取り外しが子どものわたしには魔法のように思え、いつも目を丸くして見入ってしまいました。おじちゃんも義足を外す時、「ほーら、見ててごらん」などとユーモアいっぱいに話しかけてくるのです。

ずっと独身でしたが、中年の頃に結婚。姉である祖母は「いい人に出会えて、本当によかった」と大感激したそうです。両親はすでに他界していましたから、姉としても親の役割が果たせたと思えたのでしょう。お料理の上手なおばちゃんもいつもニコニコ顔のすてきな人です。私利私欲がなく、いつも相手を思いやり、暖かく話しかけてくれるおじちゃん老夫婦を思うと、自分もこう生きたいと思わずにはいられません。

おじちゃんは現在、わたしの田舎町に戻り、退職聖職者として、ときどき日曜日の礼拝を司っているようです。聖人のような大叔父老夫婦が、同じ町内でわたしの家族を見守ってくれているかと思うと安心でき、感謝の気持ちでいっぱいになります。


[221]>210 戦争の傷 asukab

祖母の兄が戦死です。とても優秀な人だったようで、祖母は話をするたびに涙ぐんでいました。戦争の傷跡は深いです。米国在なので――当地には海軍、空軍基地があることもあり――、戦争が身近に感じられます。知っている人の家族が兵役に志願したと聞くと、胸が締め付けられます。


[222]>214 地域貢献 asukab

スポーツで青少年育成に貢献する人々の姿、さわやかですよね。スポーツに対する情熱で共感し合い、指導する姿勢は、とても理想的だと思います。米国はこの草の根のスポーツ熱が熱くて、感心しています。


[223]>212 コミュニケーション asukab

無理やりにでも外の空気をいっしょに吸いに行ったこと。この外界とのコミュニケーションが、元気の源になっていったのですね。ずっと誘い続けたhelltaxiさんの働きに、従兄弟さんも感謝でしょう。触れ合い続けることの大切さを感じました。よかったですね。


[224]>203 海外の話 asukab

うちは祖父が船長をしていたので、やはり同様に海外の話が楽しかったです。今でも写真を見ると、マルセイユ、ロンドン、ベルギー・オランダの運河の辺り、カイロ、カルカッタ、ボンベイ、メルボルン、シドニー、サンフランシスコ、シアトルetc.……などといろいろ見れて面白い。テレビの発達で海外情報が手に取るようにわかる時代が来て、「すごい時代になった」としみじみ語っていた姿が印象に残っています。


[225]>194 自給自足 asukab

自給自足の生活、豊かですね。農業が一番、人間の姿の見える働きだと思います。


[226]>177 定年海外協力隊 asukab

海外で新しい一歩を踏み出されたFuelさんのおじさんに敬意を表します。死別の悲しみを次へのスタートのバネにされ、新天地で活躍されている姿、本当にすてき。かっこいいです。


[227]>78 おばあちゃんの味 asukab

手作りの味に愛情がこもっていて、いいですね。わたしも祖母の味が大好きでした。みつ豆とところてんが好きで、よくいっしょに食べました。ところてんは、酸っぱかった。


[228]>192 読書家 asukab

家族に読書家がいると、影響を受けますね。すばらしい体験ではなかったでしょうか。自分の場合、多読ができず、非常に偏った読書しかしませんけれど、それでも年下の人たちに読書を通して何かを伝えたいなあと思っています。とりあえず、自分の子どもたちへ……なのですけれど、なかなかうまくいきません……。


[229]>167 本当に映画の1シーン asukab

読ませていただき、本当に映画を見ているようでした。小説だったら、川上弘美さんとかの雰囲気? お兄ちゃんの結婚式に、かわいい笑顔を見せてあげてください。


[230]>204 ターシャ・チューダー asukab

一昨日逝去された、ターシャ・チューダーの生き方を思い出しました。彼女の生き方も、魔法がかっているように見えました。


[231]>26 信念 asukab

地元民を思い信念を貫かれた伯父さんの姿、美しいですね。純粋に人を思い働こうとしても、まっすぐに進めない壁に突き当たる事実――。政界と決別された今こそ、正しい決断をされた伯父さんが一番輝いているのでしょう。


[232]>225 自給自足 kin1974

自給自足生活はほんとに尊敬します。わたしには無理でしょうね。農家になった叔父さんにはがんばってほしいですね。


[233]>211 うらやましいですな kin1974

うちの嫁は暴力的なんです。ですから他人の家庭がうらやましいです。


[234]>233 伝えるときっと喜ばれます staples54

そんなことを言われたら身の回りのことをがんばっちゃいますね!


[235]>152 実家に帰ると kin1974

同じく大量の料理が用意されてますね。母親も久しぶりに子が帰ってくるとはりきるんでしょうね。


[236]>193 それは良いです to-ching

親戚が多いと本当にお年玉がたまります!よく、集金に行きました。


[237]>234 優しいお嫁さん! to-ching

良いですね?私も子供が早く結婚して嫁を連れて来て欲しい・・・


[238]>227 餃子を作ってくれた・おバァちゃん・・・父方 to-ching

当時としては大変珍しいものでしたよ!手作りです、忘れられないです。


[239]格好の良い大叔父・父方 to-ching

とにかく洒落ていました、正月は和服を着て、お年玉を集金しに行くと「おぉっ!来たな!!」と袂から、袋を出します、当時1000円くれる家は少なく大変ありがたかったです。タバコはショートホープ、私も大学生の頃真似して吸っていました。顔も外人みたいでした。


[240]佐賀のおばあちゃん staples54

祖母の妹にあたる方が佐賀に住んでいて、両親が”佐賀のおばあちゃん”と呼んでいたので私達兄弟も倣ってそう呼んでいました。


とても穏やかで優しく、お会いするのを楽しみにしていました。祖母が早くに他界していたため、本当のおばあちゃんのように思ったりしていました。


兄弟3人とも小学校に上がるときにランドセルと文具をプレゼントしていただきました。


私はキキララの筆箱が大変気に入っており、手にとって眺めていたり

イエに帰ってくると消しゴムで鉛筆の墨など汚れを落とすのが日課でした。


自分の結婚式に出席してもらいたかったのですが体調上の都合で招待状を出せず・・・。結婚式が滞りなく終了し、訃報が飛び込んできた時にはとても悲しみました。でも、ずっと見守ってくれていたような気がします。


おばあちゃん、たくさんの思い出をありがとう。これからも見守ってくれたら嬉しいです。


[241]>224to-ching

外国のチョコとかキャンディーの袋なんか見るとドキっとしたものです。


[242]>240 やはり to-ching

「がばい」ですか?良いおばぁチャンだったのですね


[243]戦争に行かなかった祖父・母方 to-ching

病気でも無いのになぜか赤紙こず!理科系でもなく、圧力を掛けられる家柄でもなく・・・不思議です。


[244]農家の義理の父・母 to-ching

嫁の両親です!農家を営んでいました、お米は100%コシヒカリ!そして旬な物を送ってくれます。しかし、もう二人とも病気かち・・・。長生きして欲しいですよ。また、行ってあげたり、招待しなくちゃと思ってます。


[245]>235 実家に帰省で帰って to-ching

もう何十年通っているお店の「焼きそば」を三人前(大盛り)平らげたこともありました、ふるさとのお店の味も良いですよ。


[246]>232 これから to-ching

この様な方が増えるでしょうね・・・良いことと思います


[247]>237 うちの奥さん atomatom

世間的にはもうおばちゃんといわれるような年齢になりましたけど、いえいえ、キュートな人ですよ。


[248]>221 祖父が2人とも atomatom

戦争に行っています。父方の祖父は足に傷を負って帰ってきました。母方の祖父からも戦争の話は聞いたことがありません。思い出したくもない記憶しかないのだと思います。二度と戦争を起こさないように、世界から戦争がなくなりますように。


[249]>123 借金のある叔父さん atomatom

うちの叔父さんは保証人になったのか自分でこしらえた借金なのか不明ですけど、かなりの額を借りておいでのようです。まあ、自力で今のところなんとかなっているようですが、微妙に気を遣います。


[250]>248 戦争には反対です tibitora

kin1974さんと同じで私の親戚ではそのような話は聞いたことがありませんけれど、戦争は反対です。

戦争はこれからもしてはいけないと思います。武器などを持ち出すことなく話し合いで解決をしてほしいです。


[251]>247 伝えてあげてください tibitora

きっと喜んでもらえますよ^^

大切にしてあげてくださいね。


[252]>246 自給自足 tibitora

私は家庭のベランダ菜園とかしかしたことがないのですが、作物を作るのはいろいろと大変だと思います。

自給自足の生活はあこがれます^^


[253]>243 赤紙 tibitora

赤紙が来ずに・・・不思議ですね。

体育系ではなかったとかでしょうか・・・?私も基準とかはわからないのですが不思議です。


[254]>236 お年玉集金(笑) tibitora

親戚が多いとお年玉のときとか嬉しいですね。私にはあんまりいなかったのですが、甥っ子にはもっと少ないです(^^;

兄弟が少なくなってきているから叔父さん叔母さんも少なくなってきているんですね。


[255]>230 ターシャ・チューダーさん tibitora

ターシャ・チューダーさん、逝去されたのを新聞で知りました。私もターシャさんの生き方も本当に魔法がかかっているように見えました。テレビ番組で見たお庭がすごく印象的でした。


[256]>218 お米 tibitora

従妹さんの作られたお米、mododemonandatoさんのご家族にも食べてもらう事を考えられながらも育てているのだろうなと思います。

とてもおいしいお米、従妹さんの気持ちもこもっていると思います^^


[257]>208 苗字 tibitora

私の従妹の苗字はみんな違っていました。

一緒の苗字のいとこがいたらどんな感じなんだろうなと思います^^

楽しそうかなと、思います☆


[258]>252 楽しくて忙しい w83

のでストレスはそんなにたまらないでしょうね。むしろ生きがいを感じているのでしょう。

私は過疎地域に住んでいる身、時々第二の人生を農業で生きようと、Iターンしてくる人がいます。年配の方はそれほど心配はないのですが、例えば農地を貸しても、ちゃんと手入れもせず、ほとんど音信不通になってしまう人がいて、トラブルになることもあります。

しかしあなたの伯父さんは1週間に10日も働く人なので、そのような心配は無用でしょう。これからは草がよく伸び、暑くなってくる季節、体調を崩さないよう、祈っています


[259]>253mododemonandato

何か重大な国家機密にかかわっていたとか、もしくはたんに記入漏れで忘れられていたとか。

謎の不召集兵と言えましょう。

推理小説にでも出てきそうな話です。


[260]>250 知らないだけかもしれませんが・・ nakki1342

私の親戚では、戦争により亡くなった・・

その話は聞いたことがありません

(もしかしたらあるのかもしれない)

それから体験談も聞いたことがありません

(私の祖父母世代は確実に戦時下を

経験しています)

思い出したくない事だからかもしれませんが

慰霊の日を迎えた沖縄の地に住んでいますが

大事な人を戦争で失う世の中にならない事を

守りたいものです


[261]>258 農業は楽しい wacm

と親戚に会うたびに言われます。

みかんやキーウィなどを栽培してます。

季節ごとに送ってくれて、とてもおいしいです。

そんなときに、思わずうれしくなってしまいます。


[262]>257 遠い従兄弟 atomatom

うわ、遠くに住んでいる従兄弟ですけど、苗字はおろか、名前も愛称しか思い出せません。てっちゃんとか、ひろちゃんとか。ま、それで十分こと足りるんですけども。


[263]>242 がばいばあちゃん atomatom

やっぱり佐賀のおばあちゃんといえば「がばい」かどうか気になりますよねえ。いや、おばあちゃんでなくって若い人でも佐賀出身と聞けば、がばいかどうか聞きたくなりますよ。


[264]>175 昔は atomatom

ぼくがこどものころなんかはまだレンタル屋がなかったですから、レコードは自分で買うか人に借りるかしかなかったわけです。自分より年上の従兄弟は当然に自分よりもお小遣いが潤沢で、レコードを貸してもらったこともあったなあ。あれはフォークのLPだったなあ。


[265]>111 品格 asukab

加齢のたび、人間の品格とか上品さはどこから生まれるのだろう……と考えるようになりました。なかなか自分が理想に追いつかないことがあり、ジレンマ。ダンディで素敵なおじさまの秘密が知りたくなりました。女性だったら、エレガントで上品というところでしょうか。年齢を重ねるごとに、人間が現れますね。ここが熟年の魅力かな。


[266]>244 農家継承 asukab

父の実家では、長兄の息子夫婦が後を継いでくれました。よかった。お米や野菜、果物をいつもたくさんいただいて、田舎のうちではいつも感謝しています。これから日本の農業は、どうなるのでしょう。生活の根幹だと思います。


[267]>10 いいですね lovelykuma

おばさんと呼んではいるけれど、

気持ちが若くまるで友人のように接することができるおばさんって


[268]>40 本当に lovelykuma

いつ亡くなるかなんて想像もしてないので

そのとき冷たくしたことが後々こうかいすることになってしまいますね

けれど、その気持ちは通じていますよ。


[269]>42 楽しそうですね lovelykuma

年上のいとこがいるって、

いいなぁ。本当にいろいろ面倒を見てもらえそうで


[270]>90 すごいですね lovelykuma

いつまでも向上心がある人って

みていても魅力的だなぁって思います


[271]>94 優しい人 lovelykuma

なのですね。

いつまでも、子供のように純粋な心をもったような人の印象を受けました


[272]>108 そうなんです lovelykuma

病院にかかったことのない人が突然病気になり

入院したかと思ったら

そのままなくなるという話をいくつか聞いています

それでもずっと健康だったから幸せなのでしょうかね。


[273]>125 ビニール紐 lovelykuma

ですか?^^;

なんか、想像がつかないのですが、珍しいお守りですね。

そういったものをお守りにするというのははじめて聞きました。


[274]>268 子供の頃は gday

叔父さんが何人もいたのにふと気が付くと亡くなった叔父の数の方が多くて悲しくなります。

そしてふと自分が子供の時の叔父さんの年になっていることに気が付いてまた愕然とします。


[275]>130 いますね lovelykuma

盛り上げるのがうまい人

親戚があつまったらその人が中心になって話題づくりをしてくれますね


[276]>131 そうですね lovelykuma

最終的には兄弟が残るので

兄弟の大事さが段々わかってきますね


[277]>262 従兄弟といっても gday

母方の従兄弟は全員苗字が違うし、父方でもおばの方の従兄弟も苗字が違うので親しく付き合っている従兄弟の中で同じ苗字ってほとんどいません。

もっとも愛称さえ知っていればOKなので気になったことはありませんね。


[278]>136 たまに lovelykuma

小さいときはしょっちゅう遊んでいましたが

大人になると合う機会も減ってきますね

それでもたまにあって遊んだりしています


[279]>275 うちは gday

おじおばが沢山いて法事の時は大騒ぎになっていたのですが、何となく男は男で、女は女で分かれて盛り上がっていました。いとこ同士は関係なく騒いでましたけど。


[280]>144 いいですね lovelykuma

あだなで呼ぶ家って。

名前で呼んでいるのもかなり親密さが感じられますが、外でははずかしいですね


[281]>148 かわいがってもらった lovelykuma

その恩を返すときですね

私も、今あちこちで恩返しをしていますよ


[282]>251 言葉か態度にして出した方がいいですね gday

言わなくても分かるとお互い思っていてもそれが具体的な行動で分かるとすごく嬉しいものですからね。

でも、急にそういうことをすると変に詮索されたりして、というのはあるかもしれませんね。


[283]>156 いいですね lovelykuma

花火大会

楽しそう

大勢でやると、すっごく盛り上がりますよね

私も親戚があつまったら、いとこたちとよく花火をしていましたよ?


[284]>161 かわいいですねぇ? lovelykuma

あかちゃんって見てるだけで幸せになれますよね。

今のうちですよ(笑)

すぐに大きくなりますから^^


[285]>66 商売人のおじ gday

商売人のおじがいて、会うとよく商売上のあれこれについて教えてくれてました。

そして、「こんなこと学校で習わないだろ?」と自慢げに笑ってました。

面白い叔父でした。


[286]>170 すごい! lovelykuma

こんな純愛があるんですね。

まるでドラマのようです

素敵です。一生涯幸せな家庭になりそうな予感。


[287]>219 達筆のおば gday

叔父ではなく叔母ですがとても達筆な叔母がいました。

いつも年賀状は全て手書きで私が子供の頃は私の中では「読めない字を書く叔母さん」でした。


[288]>179 祖父母 lovelykuma

健康なうちに、とよくあいにいっていますが

そのたびに、年をとったなぁと、思ってしまいます

いつまでも私を子供のようにかわいがってくれるので大好きです


[289]>182 わかりにくい^^; lovelykuma

呼び方が同じって、絶対混乱しますよね(笑)

私もおじさんおばさんがたくさんいたので、小さいときは殆ど区別がつきませんでした(笑)


[290]>183 優しいですね lovelykuma

お迎えにきてくれるって、いい思い出ですよね。

その光景が目に浮かびます


[291]>184 呼び捨て lovelykuma

親戚といえど、なかなか出来ないですよね

私もそうです

けれど、相手が親しみをもって呼び捨てで読んでくれるのって嬉しいですよね


[292]>186 お年寄り lovelykuma

バイクは正直怖いです

以前、突っ込まれたことがあるので

ある程度の年齢になると自粛してほしいなぁと思います


[293]>239 和服 eiyan

昔は和服今は洋服。

昔は着物を着て洒落た格好で出かけたものですが、今は洋服が主流ですね。

だから、時には和服を着た人を見ると垢抜けていますね。

今は和服が新たなおしゃれかな?


[294]>44 年上 eiyan

叔父さんや息子さんに連れて行って貰える喜びは忘れないですね。

どんなものでも美味しい。

蕎麦が一生の宝物食になったのではないですか?


[295]>69 アニキ eiyan

アニキと呼べる存在がいるのは大きいですね。

どんな人でもイザという時に頼れる人が存在するのは宝物に等しいですね。

男女に関係なくアニキという関係の師従がいる事は幸せですね。

大切に。


[296]尊敬する両親 k-kotori

私の両親が人の悪口を言っているのを聞いたことがいまだかつて一度もありません。

祖父や祖母も同様です。

見習わなければといつも思っていますよ。

わたしはたまーにですが、友人に愚痴を言ったりするもので・・・


[297]>296 立派な両親 eiyan

自慢出来るご両親ですね。

なかなか出来ない事。

でも努力すればあなたも出来ますよ。


[298]>220 苦労人生 eiyan

人それぞれの人生がありますね。

苦労は買ってでもせよというけれど、苦労より楽をしたい人生。

その苦労は人の為になるなら苦労の甲斐がある。

苦労苦汁の人生をおくっても心思いやりの心があれば人生は輝く。

人から感謝される人生をおくりたいものですね。


[299]>291 呼び捨て eiyan

名前を呼び捨てにするのは親しみを持てる。

でも特に女の子は呼び捨てにされると喜ぶ人と、逆に嫌われる人とがいる。

だから、相手によりけりなんですね。


[300]>287 年賀状 eiyan

自筆での手書きは心のこもったものですね。

最近は年賀状も印刷が主流。

メールで済ませてしまう。

でも自筆の年賀状は心温まるものがある。

達筆は勿論良いのですが、読めない砕けた字も愛嬌があって特徴を現すある種の達筆なのですね。


[301]>276 兄弟 eiyan

昔は兄弟は他人の始まりといわれました。

今でも兄弟は仲の良い兄弟と喧嘩別れした兄弟がいますね。

だから、仲の良い兄弟は羨ましい限りです。

兄弟がいないものからすれば本当に羨ましい。

一人っ子は兄弟喧嘩したくても出来ない。

兄弟って本当に大切にしたいですね。


[302]>281 孝行 eiyan

可愛がってくれた想いでは忘れないものです。

その思い出を辿る様に恩返しの意味を込めて孝行して下さい。

きっと新たな展開の思い出が生まれるはずですね。


[303]>279 お酒を飲む atomatom

親戚が集まったらたいていお酒を飲むことになります。誰かの結婚式、法事、お通夜、お葬式。そういうときに話のうまい叔父さんなんかがいてくれると助かりますね。


[304]>114 そっか、長生きか。 atomatom

女性のほうが長生きなんですね。なんか芸能人とかでも女性のほうが息が長いような気もします。女性、強し。


[305]>273 珍しい eiyan

その様なお守り様なものは他にもありますね。

米粒を入れたり、ニンニクを入れたり。

いわゆる悪魔払いかな?

おまじないの意味もあると思いますよ。


[306]自分にとっては prime7

基本的に趣味などの好き嫌いがどうのというレベルではありません。自分に通じたパーツを持ち、暑い寒いなどの大原則のレベルで、共通の感覚を持つおじさん連中が好きです。「あっ自分と同じだ」と思う瞬間に親近感と好感がわきます。


[307]>169 あははは tough

本当に楽しい叔父様ですね。そしてとても若々しい気に溢れたエネルギッシュな叔父様です。とてもうらやましく思ったのは、叔父と甥という垣根が全く感じらないところです。きっと共に理想を語り合う仲間として認められているのでしょう。男同士の語らいができる関係、すばらしいです。


[308]>215 いいお話です tough

お歳を召した方の中には、本当に寡黙な方がいらっしゃいますね。硬派な人は、皆そうだったのだろうと思います。その硬派なお祖父様が目を真っ赤にされて…。お孫さんであるCatnipさんのことをどれほどに愛していらっしゃるかがよくわかります。お祖父様にしがみついたらお父様と同じ香りがしたというところにもじんときました。


[309]>223 本当によかったですね tough

こういうのは、よほどに心が通い合って信頼できる存在になっていないと、どうにも手の出しようがないと思うんです。一度引き籠もってしまったら、その扉を開けられる人は、本当に限られた人しかいないと思います。その従兄弟さんにとって、helltaxiさんが唯一本当に心の許せる、そして信頼できる人だったのでしょうね。もしかすると血のつながった従兄弟だったからできたことかもしれません。身内って、ありがたいですね。


[310]>226 本当にかっこいいです tough

今、このおじさまのご活躍を一番喜んでいらっしゃるのは、きっと天国の奥様だろうと思います。きっと若かりしころそのままの希望に満ちたお姿を、本当に喜んで見守っていらっしゃると思います。おじさまもそれを感じつつ国際貢献に励まれているのではないでしょうか。このおじさまは日本の誇りですね。頑張っていただきたいと思います。


[311]>229 従兄妹という特別な関係 tough

兄妹のような近さでありながら兄妹ではない。ちょっと異性を感じてもおかしくない間柄。いとこって、そんな特別な関係なのかもしれませんね。いいなぁ、そういういとこ関係、うらやましいです。

お兄ちゃん、ご結婚ですか。今度はぜひCandyPotさんがすてきな彼氏を獲得して、そのお兄ちゃんにヤキモチを妬かせてあげてください。応援しますぞ!


[312]>231 いつかきっとこういう人が社会を動かす時代がやってきます tough

一度読んで、もったいないことをしたなぁと思いました。でも今、もう一度読み直してみて、この伯父様の強い信念を感じました。日本は国民主権の国です。本当の国の主役は政治家でも官僚でもないはずです。いつかきっと伯父様のような方がこの国を動かす時代がやってきます。そうでなければおかしいです。伯父様はそれを信じて、未来の国の主人公の側に身を投じたのでしょう。私もこの伯父様の胸に秘める理想をしっかり受け取っていきたいと思いました。


[313]>260 私の親戚にも tough

さすがに世代が離れているので少し続柄は遠くなりますが、やはり戦死者がいます。兵士として前線でなくなった人もいますし、空襲の犠牲になった人もいます。田舎の本家に行くと、そういう人の写真が飾られています。あの部隊に配属されなければ帰ってこられたかもしれないのにとか、ずっと田舎にいて都会に出なければ空襲にあうことなどなかったろうに、などという言葉を何度も聞きました。戦争を経験された人たちの胸には、今でも無念の思いが残っています。

戦争だけは、ぜったいに繰り返してはいけません。最近やたら好戦的な政治家が多いようですが、戦争が起きても特権的な扱いで安全な所にいられるような人たちにどうして国の安全が語れるでしょうか。世界から一切の戦争がなくなることを祈りたいです。


[314]>265 こういう年の加え方を見習いたいですね tough

年を加えるごとにどんどんダンディでかっこよくなっていくなんて、理想的なおじさまですね。きっと年月を重ねるごとに人間的な深まりが増して、それが滲み出てくるのではないかと思います。そしていつも「今」のご自分を、生き方も容姿も全て含めて大好きでいられるような、自信を持った生き方をされているのではないでしょうか。私もそんな年の重ね方を目指したいなぁと思います。


[315]>286 常夏のような熱い遠恋! tough

すごいですね。長い時間の中には、それはたくさんの出来事があったと思います。それを乗り越えてきた二人の気持ちは本当の本物ですね。きっと幸せなご家庭を築かれることでしょう。この従兄さんにも、ぜひイエはてなにおいでいただきたい、そしてどんなすばらしい家庭を築かれているのかを教えていただきたいです。私もこの従兄さんを師匠とお呼びしたいです。


[316]>289 うちにも同じ名前のおばさんがいます tough

家庭内では住んでいる場所で、葛飾のおばさんとか板橋のおばさんなどと呼ぶからいいのですが、親戚一同集まると名前で呼ぶことになりますから、ややこしいんですよね。おまけに他県の親戚から見れば葛飾も板橋も東京ですから、東京の○○さんなどと言われたら、もうどっちやらわけわかりません。さらに親戚は顔も似ているので、子供のころは本当に混乱していました。


[317]>298 すばらしい人生ですね tough

私は無宗教ですが、こうしたお話には本当に胸が打たれる思いがします。登山中の怪我から重い病を得たことから察するに、それまではとても活動的な方だったのでしょうね。それが一転して命にも関わる病になり、そして当時はおそらく厳重に隔離されるような生活を長く送られたと…。そのお苦しみは想像にあまりあるものがあります。でもその中で神と人々の両方に光を見いだし、神と人々の両方に献身していく道を選ばれたのだろうと思います。そして多年にわたり本当にたくさんの功績を積み重ねてこられたのですね。なんと輝かしいすばらしい人生でしょう。いつまでもお元気で、人々の光となっていただきたいと思います。感動しました。


[318]キックボクシング atomatom

うちのおばあちゃん、もう亡くなりましたけどキックボクシングが好きで好きで。テレビ放映がある日は朝から楽しみにしていました。いざ放映が始まるとテレビの前に陣取り、キセルでタバコをスパスパ。粋なお方でした。風呂にもよく入れてもらったなあ。いわしのおかげでいろんなことを思い出します。


[319]いとこが家出した。 atomatom

もう20年近く昔の話ですけど、いとこが家出しました。

当時彼は中学生。家出といっても本格的で実に1年半ほども帰ってこなかったのです。

街で年齢を偽って住み込みで働いていて。

叔父叔母の心配したことと言ったら。怪しげな占い師にまで行き先を探してもらったほどでした。

結果、一回りも二回りも大人になり、そして心も成長させて帰ってきたいとこ。やさしい男になっています。


[320]>319 1年半も tibitora

いとこさん、本格的な家出をされたんですね・・・中学生で1年半も。

親御さんはほんとにすごく心配されたと思います、無事に帰ってきて安心されたと思います。

住み込みで働いて成長して帰ってきたいとこさん、でも差し出し住所はなくてもいいので手紙くらいは親御さんに送ってあげてくれていればいいなと思いました。


[321]>283 大勢ででプチ花火大会 tibitora

花火大会楽しそうです。

やんちゃな男の子のいとこは花火を持たせたら振り回したりもしていましたが、みんなやけどとかはしたことがなかったです。

大勢で花火はたのしいですよね☆


[322]>318 キセルでタバコのおばあちゃん tibitora

atomatomさんのおばあちゃんはキックボクシングがお好きだったのですね(^^)

テレビの前に陣取り、キセルでタバコをスパスパ・・・。

私はタバコは好きではないのですがキセルはなんだかかっこいいと思ってしまいます。

ほんとに、いわしを見ているといろいろ思い出しますよね^^


[323]>303 うちではお祖母さん chi_maki

うちでは、お祖母さんが話し上手なムードメーカーです。

顔はしわくちゃになってしまっているのですが、

声が若く、本当に話し上手です。

いつまでも元気で居てほしいものです。


[324]>245 田舎の歓迎ご飯 chi_maki

田舎のお祖父さんお祖母さんのところに行くと、

必ず、山盛りのお刺身の盛り合わせを、お魚屋さんに注文します。

あと、瓶のオレンジジュースを、ケースで。。。

私が子供の頃に好きだと言った(らしい)ものを、

いまだに、行くと必ず用意してくれています。

オレンジジュースというあたり、いつまでも孫は孫なんだなと思いますが、

あたたかい気持ちになれますね。


[325]>323 ストーリーテラー toukadatteba

私の祖父は、親戚の子どもたちがあつまると、いつも昔話をしてくれました。

すごい楽しかった・・・。今で言うストーリーテラーだったんでしょうね。

いろんな話を聞きました。(なかには、私たち親戚の子どもが実名で出てくるオリジナル物語も結構あったりして!)

懐かしいな?。

その祖父ももう2年も前になくなり、私はもう20越えたいい大人。

寂しいような。


[326]>310 わかるような気もします。 atomatom

おにくく自分に一発、ムチを入れようというその気持ち、わかるような気持ちがいたします。

人間、やっぱり、自分のしていることに誇りを持てるようでなきゃダメなんですよね。


[327]>306 一族とでもいうべきか atomatom

ムコはムコで、嫁は嫁で、お互いの境遇というか、つまりは愚痴をこぼしあえる、そんな関係、いいですよね。うちはおかげ様で、ムコ同士、仲がいいんですよ。


[328]>271 悲しい思い出 atomatom

この、いわしってさ、悲しい思い出とかもアリなんですよね。

ぼくには幸いにして、それほど悲しい思い出、多くないんですけど、悲しい思い出が多くて困っている人、ちょっとずつチャンス見つけて小出しにしはったらいいと思います。 きっと、いくらか楽になると思われますもん。


[329]>207 野球 actro

私は、従兄弟がよくキャッチボールの相手をしてくれました。

従兄弟は高校球児だったこともあって、すごくうまかったですね。

今は、遠くに住んでいる為もう何年も会っていません。


[330]>325actro

私の叔父にも話し上手はいますね。

その叔父は元営業マンという事もあって、初対面の人でも

すごく自然に話をしてますね。

やはりこういう人が一人でもいると色んな場で和む物です。


[331]>330 叔母さんたち futanbo

母方は、女兄弟がたくさんいてみんなが集まると超にぎやかとゆうかかしましいです・・・。まあ、仲がよくて楽しいですけどね。母は長女だけど、天然なんでいじられまくっています。


[332]>329 うらやましいです futanbo

私は、野球大好きで男に生まれてたら絶対野球部に入りたかったんですが、家族や親戚に野球な人は一人もいなくて、何で~って思います。こんなにメジャーなスポーツなのに・・。でも、ソフト部だったとき父がときどき相手してくれましたかね。それは嬉しかったです。


[333]>322 かっこいい futanbo

キックボクシングにタバコ・・。かっこいいおばあちゃんですね。なんか昔のおばあちゃんって結構タバコすってる人多かったような気がします。今より。


[334]>326 おじさん futanbo

かっちょいいおじさんですね。でも、奥さん亡くなった悲しみは持ち続けてるんだろうなあ・・。なんか天国の奥さんに向けても頑張ってる気がしました。


[335]>316 あだな呼び futanbo

同じ名前・・面白いですね。私にはくにおおじさんとくにこおばさんがいます。あだな呼びで「たいたいのおっちゃん」って呼んでたおじさんがいます。でも今由来がはっきりわからないんですよね。たいたいはお魚のことなんですが。釣りが上手だっかのかなあ?本人兄弟みんな若死にしちゃったからわからない。


[336]>333 天国でスパスパされてるかな Lady_Cinnamon

キックボクシングにキセルで煙草をスパスパ。とても気の若い元気なおばあちゃんだったのですね(^^)

亡くなられたとは寂しい気持ちもしますが、こうやって思いだし、また元気で粋なおばあちゃん話を語り継ぐことで、天国のおばあちゃんもキセルでスパスパしながら楽しまれているかもしれませんよ(^0^y─━ =3


[337]>313 語り継ぎたい歴史と逸話 Lady_Cinnamon

Kumappusさんの伯父さん、妹たちを肩でグルグルして遊んでくれるという素敵な伯父さんだったのですね。戦争で亡くなられたというのは、親族の方にとって辛い思い出でもあると思います。

先日が「沖縄慰霊の日」とは気付きませんでした。Kumappusさんの文章から、伯父さんへの思いが伝わってくるようで、読んでいてちょっと涙が出てきました。

他にも終戦記念日や原爆記念日など戦争に関わる日がありますね。私個人の感覚ですが、原爆に対して「記念日」という語呂はどうなのか・・・と疑問に思う時があります。「終戦の日」とか「原爆忌/平和記念日/原爆死没者慰霊」といった言葉で浸透して欲しいと個人的に思っています。

私の亡き祖父も、Kumappusさんの伯父さんのように南洋海上で船ごと沈められたと聞きました。ただ運良く祖父は生きのび、終戦後は農業を営んでいました。武勇伝も話してくれましたが、やはり亡くなった仲間の話の時の表情は、言葉では表せないような姿でした。


[338]>314 男に生まれていたら Lady_Cinnamon

そんなダンディーなおじさんになりたい・・・と思わされる素敵なおじさんですね。小さい女の子をエスコートだなんて、なんて気遣いの行き届いた人なんでしょう!

歳を重ねるにつれて、その品格が失われずますますダンディーになっていくとは、見習いたいお姿です(女性版の素敵な歳の取り方・・・心がけようと思いました)。


[339]>312 信念を持って生きる Lady_Cinnamon

momokuri3の伯父さんの生き方を読み、改めて自分のこれからを考える機会になりました。地元(地域・地方)のため、苦労している人のため、多くの事に貢献したいという信念があって努力して登っていった政治の世界。でも政治の世界には今も昔も柵の多い世界だと思います・・・。

ちょっと例え話としてはズレるかもしれませんが、経済の動き(電子商取引)として、BtoBからBtoCへスライドしていますよね。私はCtoC、つまり個人と個人の取引、というか”個人と個人での繋がり”に拡大派生していく時代がすぐ来るんじゃないかと考えています。

力のある政治家の存在も必要かもしれません。でもこれからは、人頼みだけでなく自分たち個人でも何かしらの形で発信していく・・・そういう時代に向かっていると思っています。

地方の個人が声を上げることで、全国の大勢の個人に地元を知ってもらう機会を増やしていく。地元人同士や遠方の人とのネットワーク・絆を深めていくことで、より地方活性化の道幅も拡大すると思うのです。

このイエはてなに集う全国・国外の人々のネットワーク・絆が、良い例「お手本」だと感じています。そして今の私にとっての趣味・ライフワークに、地元散策があり、まずは自分の住んでいる地域とはどんな所なのか、どんな未来が開けるのか・・・日々考える今日この頃です。

話しが随分とズレ込んでしまったので、ここまでで切り上げますが、信念を持って生きる素晴らしさを、改めて学ばせてもらいました。ありがとうございます。


[340]>308 言葉はいらない愛もある Lady_Cinnamon

肉親というのは、強い絆がどこかにあるものだと信じています。最近は肉親同士での事件も報道され、そんな話を聞くと、心のどこかしらで家族・肉親という関係の希薄さも感じる気分にすらなることがあります。

寡黙な人。世間ではあまり良いイメージではありませんね。でもCatnipさんのおじいさんのように、言葉にせずとも心の中では強い情を持ってらっしゃる人もいらっしゃるのですよね。悪いことは起きない方がいいものですが、事故がきっかけでおじいさんの熱き思いが垣間見れたのは、本当に良かった事だと感じました。


[341]>293 お洒落(^^) Lady_Cinnamon

顔は外人さんのようでショートポープを吸い、正月は和服でお年玉。いやぁ、想像すると確かに洒落た御仁のイメージです(^^)何より正月にちゃんと和装姿で、子供たちを待ちに待ったかのように迎えてくれる姿が素敵ですね。う?ん、そんな風に歳をとってみたいなぁ(あ、私女だった!でも、ダンディーなおじさんにもなってみたいなぁ・・・空想・・・)

大叔父さんということは、to-chingさんの祖父母の弟さんにあたる方ですかね。続柄の名称も色々ありますから、よく聞く単語を使っていても、あれ?誰の兄弟?なんて話題も広がったりしますね。


[342]>272 元気なことは無駄じゃないけれど(^^;> Lady_Cinnamon

長生きしてくれることを、私からも祈っています。いや、表彰も嬉しいでしょうが、子供や孫たちの顔をいつまでも見守ってほしい・・・と私は思うから。

帰省するたびに「もうこれで会うのは最後かもしれない」とか

死ぬ死ぬと言ってかれこれ20年くらいになりますが、未だに元気です。

小説とかの設定で、笑いのシーンにこういう場面がありますが、実際におられるというのが、なんだかちょっと(不謹慎ですが)笑ってしまいました。

100歳どころか、120周年にあたる大還暦まで元気でいて欲しいな。


[343]>284 おめでごうございます(^^) Lady_Cinnamon

イエはてなのいわしでは、よくおめでたいニュースが入ってくるので、ほのぼのと喜ばしい気分になります(^^>

dankichikさんのハトコ(またいとことも言うのかな)にあたるお子さんになるのかな。ちょくちょく遊びに行って、お互い楽しい時間を過ごせると良いですね♪

うちの母の一番下の弟(叔父さん)に子供ができたとき、私も同じように嬉しかったです。ちょっと笑えたのが、20歳以上年が離れた従姉弟になるっていう事です。

よくよく考えると、父方の親戚で伯父さん・伯母さんだと思っていた人が、カナリ年は離れているけど実は従兄妹にあたるんだよねって話になったのです。

そうすると・・・、この生まれたての従兄弟にも、将来「伯母さん」と間違われちゃうかも?なんて、親族間の話題になりました。


[344]>267 おばさん・おじさんでも Lady_Cinnamon

叔母さん・叔父さんにあたる人でも、歳が近かったりすると、特に大人になってから話題も共通することが多くて楽しいですね。

逆に従兄弟なのにすごい歳の差があって、ず?っと伯父さん・伯母さんだと思っていた親族がいます・・・(^^;> 子供の頃は話す機会もないし話題も釣り合わない間柄だったけれど、大人になってみて大人の会話が楽しめるようになり、なんだか嬉しくもある今日この頃です。


[345]>73 共通の趣味・話題 Lady_Cinnamon

そうそう、共通の話題があると、親族間の会話も弾みますよね。趣味が同じとなればその話題の楽しさもひとしおでしょうね(^^)

私は子供の頃は従弟妹との会話が多かったですが、大人になってからは叔父さん・叔母さんたちとの会話にも交われるようになりました。まだまだ半人前だけど、大人の会話をしていて楽しめた日は、凄くうれしい気分になりました。もちろん、若者の集い(?)従弟妹同士の深夜会議も、お正月などは楽しいひと時です。


[346]>317 心打たれる話ですね Lady_Cinnamon

大病をすると、人生や生き方について考える機会にもなりますが、asukabさんのおじちゃんの生き方からもまた学ばされることがあると感じました。

義足といえど生活で辛いコトも沢山のありだったと想像します。障害(あまり使いたくはない言葉ですが)を持つと、どうも独身生活を選びがちですが、よい人との出会いに恵まれ、心の安らげる日々を送られていらっしゃるようで、読んでいて嬉しい気持ちにもなりました。

私利私欲がなく、いつも相手を思いやり、暖かく話しかけてくれるおじちゃん老夫婦・・・なかなかそういう心境になるというのも難しいことだと思うのですが、私にとっても憧れの生き方の一つです。


[347]>266 そうですね(^^) Lady_Cinnamon

お日様を浴びながら働く農家の方でも、やはり高齢になっていかれると、病気の一つや二つ・・・出てきてしまうものかもしれません。病気になると心細くもなりますので、電話やお手紙などでもいいと思います。ちょくちょく連絡を取り合えたら、喜ばれるんじゃないかな(^^>

私の母方の祖母のイエが農家を営んでいて、うちにもお米を送ってくれたりします。いつもありがたいと思いながら、地元の産物をこちらからも送っています。ちょっと距離があり、なかなか気軽に会いに行けないのですが、長生きしてほしい・・・という思いは通ずるものがありますね。


[348]>305 素敵な心遣い Lady_Cinnamon

そのビニール紐にどんな思いが込められているかは、想像の域を出ませんが、きっと大切に思う人への素敵な心遣いの表れなんだろうなと思いました。

おばあさんが亡くなった後にも、おばさんが続けられているとのこと。大切な人への心遣いが伝承されているのだなと、心温まる話だと感じました。


[349]>294 子供の頃の思い出 Lady_Cinnamon

たかがざる蕎麦、されどざる蕎麦、といったところでしょうか(^^>

確かに子供の頃にあのざるに乗ったお蕎麦は、見ていて憧れますよね。大人にとってはそんなに値段の張る食べ物ではないものの、子供向けではないという感じで頼んでもらえなかった記憶があります。なんというか、通人・粋な人が食べるもの、というイメージですかね。

そんなざる蕎麦を子供にもご馳走してくれた伯父さんの息子さん(従兄弟にあたるのかな)、歳に関係なく平等に楽しみを分けてくれるというか、子供心をつかんでらっしゃったのかな。nanairokamenさんにとっていい思い出を今でも残してくれている、素敵な方ですね(^^)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ